2011年4月26日 (火)

保育ルームのご案内!

今日は保育ルームのご紹介です。

2月に南浦和にオープンしたばかりの「朋GARDEN」

ここは園長が社会保険労務士というちょっと変わった保育ルームです。

7:30~18:30の保育があったり、6時間の保育があったり、一時預かりがあったり、

土日も可です。

セミナーなんかもやってます。

先日お邪魔してきました。

女性の就労を支援しようという労務関係にはプロの石山園長の意気込みが伝わってきたので、ご紹介することにしました。

保育園や幼稚園というととかく教育ということに重点を置きがち。

教育をどう捉えるかにもよりますが、本来保育園の役割は教育ということにあるわけではないように思います。

近年の流れからして教育にウェイトが置かれることも理解できますが…。

私の知り合いに公立の保育園にお子さんを預けている人がいるんですけど、

保育園への入園が決まった途端、保育園の指示に四苦八苦したと言っていました。

まず、子どもに持たせるもの(手提げ袋とか布団カバーとか)を全部手作りで作らされ、

保育園入園後は慣らし保育で2週間は早帰りするかも…という前提で、預けてほしいと言われた、というのです。

子どもの立場になって考えたとき、母親の愛情を充分に感じられて、子どもに負担をかけない最善の方法ということでの方針だと思いますが、

これって、ちょっとおかしいですね。

公立の保育園に入園するためには、先に仕事をしていなくてはならない。

にもかかわらず、慣らし保育のために10日も2週間も会社を休めるわけがない。

よほど大手で人材に余裕のある会社でない限り、そういう人はあまり雇いたくない。

労使関係から言えば、当然そういうことを認められる関係がいいわけですけれど、

休めたとしても、実際に休む女性にとっては、とても負担になります。

しかも働きながら子育てをしている中で、子どもに持たせる様々なものを手作りするというのは時間的にも肉体的にもかなり厳しい。

保育園側からすれば、「親の愛情が感じられるように」という配慮なんでしょうけれど、

普段子どもと接する時間が少ないんだから、

逆にそんなことに時間をかける分、子どもに直接かけてやりたいと思っている人も多いはずです。

園の意識として、保育園に子どもを預けて働いている親は、子どもへの愛情が少ない親という意識があるのかもしれませんね。

だから愛情のかか方を教えてやろう、と。

もちろんそういう人がいないわけではないでしょうけれど、

保育園に預けなければならない状況を不憫に思って、

園に預けている時間以外は精一杯子どもに愛情を注ごうと思っている親御さんも少なくないと思います。

公立の保育園の中には、未だに「預かってやってる」という意識のところがあるんでしょうか。

もちろん、預けて働いた分、お金をもらっているわけですけれど、

その分、働いていない人よりも社会に貢献しているという部分もあると思うんですが…。

園にかなり不満を持っている人もいるんでしょうが、

それをクレームとして園にはっきり言える人は、

なかなか入れない現状からすると、まずいないでしょうね。

園の対応によって、肩身の狭い思いをする親御さんがいないといいですね。

お子さんに負担がかかっていることは誰よりもわかっていますもんね。

朋ガーデンは、その辺のお母さんの気持ちを充分にわかってくれると思います。

お母さんの味方っていうことは、結局お子さんの味方っていうことなんですよね。

場所は、南浦和駅西口から徒歩で3分ほどのところです。

東側は公園で、環境もとってもいいです。

女性の目線で、保育をしてくれますので、

ぜひ、ホームページを覗いてみてください。

保育ルーム 朋GARDEN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

雨でがっかりの日曜日…

今年は9月に大型連休が入るため、5月に運動会をやる小学校が多いよう。

孫の通う小学校も今日が運動会だったんですが、残念ながら雨。

火曜日に延期になりました。

子どもっていうのは、遠足や運動会のような大きなイベントを期待に胸をふくらませながら待つものです。

去年は、自分の身体の半分もあるような大きなてるてる坊主を作って運動会の日を待ちました。

それが功を奏したのか、明け方まで降っていた雨も上がり、15分遅れでなんとか運動会をやれたのですが、今年は残念ながら延期。

今朝、出かけた後の部屋を見たら、てるてる坊主を作ったらしいティッシュの残骸がたくさんあったので、今年もどこかに大きなてるてる坊主がぶら下げてあるのかもしれません。

今年は、てるてる坊主の威力も効かなかったようですね。

6月2日の火曜日に延期ということだそうです。

子どもの行動っておもしろいもので、ベランダから庭を眺めて、雨を確認したにもかかわらず、1分もしないうちに、

「もう止んだかもしれない」

と玄関から外を見に行く。

大人の感覚では、あり得ない行動ですが、子どもの心の中の期待がどれだけ大きいかということなんですよね。

昨夜は宿題が出ていました。

どうやら今日の雨を予想して、宿題を出したのかなあと思えるような対応です。

運動会の日の前くらい、しっかりと子どもの心に「期待」をふくらませてやった方が、情緒の豊かな優しい人間になると思うのですが…

どう考えても子どもの心を大事にしない教育のやり方だなあとがっかりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

公園の環境

ちょっと久しぶりになっちゃいました。

昨日、孫と一緒に近くの公園に行きました。

一昨日、新しい自転車を買った孫が自転車に乗りたいというので、思う存分乗れるように、自転車に乗れる近くの公園に行ったというわけ。

この公園ができたときから気になっていたんだけれど、公園の上は東京外郭環状線(通称「外環」)。

できる前には、我が家付近では「それほどの渋滞はない」なんていう見通しだったものの、できてみればとんでもない。

ほぼ毎日渋滞情報に出てくる始末。

今、まさに問題の渦中にある道路行政の見通しの甘さっていうやつですね。

公害問題の見通しの甘さも、深刻ですよね。

その外環の下が公園なんです。

反対運動を押さえ込むために、公園にするという約束をして、地域の人たちを巻き込んで、公園のプランを立てたんですね。

そうなると、地域の人たちはみんな夢中になっていろいろなプランを出して、いい公園をと思うわけですが、どんなにいいものを作っても、所詮外環の下。

外環を走ってみるとわかるんですが、排気ガスがすごいんです。

天気によっては、防音壁の内側は排気ガスで真っ黒なのがわかります。

ついこの前まで、1台オープンカーを持っていて、外環をオープンカーで走ったことがありますが、ちょっと走っただけで、鼻の中が真っ黒になっちゃう。

防音壁は、音を防ぐためのもので、上は開いているから、当然その排気ガスは壁を越えて、周りに散っていきます。

私の花粉症は、10数年前に発症しましたが、おそらく外環と無関係じゃないんじゃないかな…。ぴったり時期が重なってますからね。

昨日行った公園は、そんな外環の真下なんです。

小さな運動公園になっていて、公園の周りがランニング用のコースになっています。

北京オリンピックで問題になっているように、空気の悪いところのランニングなんてどんなもんなんでしょう。

「日は当たらない、空気は悪い」、そんな公園、子どもはきませんよね。

公園の本来の目的から考えて、誰が見ても「こりゃ、ないだろ!」って感じ。

道路反対と引き替えに手に入れた公園なんて、やっぱり公園の役割を果たしませんよね。

孫は、15分ほど遊びましたが、「早く帰ろっ!」。

ああ、もっと子どもも喜ぶ公園はないんですかね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

揺らぐ食の安全

中国の餃子事件はなかなか解決しませんね。

とうとう生協の店舗内の消毒まで出てきてしまって。

「えーっ、食べ物を扱うコープの店内の消毒に有毒殺虫剤を使ってたの!」

とても信じられないことです。

私は、以前から中国産の野菜は買わないようにしてきたけれど、冷凍食品となると注意してもすべて排除するのは難しくて、なるべく冷凍食品を買わないようにするくらいしか方法はありませんね。

とは言え、外食をすれば食べちゃうわけだし、国内店舗で殺虫剤を使っていたとなるとこれはもうどうしようもありませんね。

今回の餃子の件でもっとも問題だと思うのは、COOPブランドだということ。

私ももちろんコープの組合員だし、私の周りのお母さんたちも、少しでも安全な食品を子どもに与えようと、コープの共同購入をしていました。

鶏肉の産地偽装から始まり、ミートホープの件、そして今回の餃子の件、コープブランドで起こったということは残念なことです。

「安全」を売りにしているのにもかかわらず、果たしてその確認がどこまでできているのか。

しっかりとした安全確認は、誰が責任を持って行っているのかか。

今回の餃子の件が、事件として解決できたとしても、コープの信頼が完全に崩壊したことは、間違いありません。

安全を謳い文句にしているコープの冷凍食品が、国内と比べてかなりずさんな安全管理の下で作られていたという事実が、多くの人にとって驚きだったと思います。

あの天洋食品の映像を見たら、コープの担当者は現場を見たのかなあという疑問を抱きます。

信頼していたコープまでが、利益優先だったのか…。

もう一度、「生活協同組合」の原点に立ち返って、考え直す必要があるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

赤ちゃんポストの影響大?

埼玉県越谷市南越谷の独協医大越谷病院に生後2日の男児が捨てられていたそうです。

南越谷は、カルチャーセンターの教室があり、よく知っているところ。

もちろん捨てられていた獨協医大越谷病院もよく知っています。

知っているところに、子どもが捨てられたと聞くと、なんだかショックも倍増です。

「乳児は身長34センチ、体重1000グラムで、生後2日ほどの未熟児。灰色のトレーナーとおくるみを着て、青いバスタオルに包まれていた。おくるみの中に「平成20年1月24日 11:10分に生れ、名前が愛助くん(おとこの子) どうかこの子をよろしくお願い致します」と書かれた手書きのメモが入っていた。」(時事通信)とか。

どんな事情があったのかはわからないけれど、子どもを捨てるなんて…。

県警越谷署が保護責任者遺棄容疑で捜査中だそうですが、例の赤ちゃんポストの影響もかなりあるんじゃないでしょうか。

やはり赤ちゃんポストのようなものが出来ると、「赤ちゃんを捨てる」ということに対する罪悪感が減りますよね。

徐々に心配していたことが現実になってきた気がします。

早くお母さんが出てきてくれるといいですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月18日 (金)

生後2週間の赤ちゃんが殺される!

生後2週間足らずの幼い命が奪われるという事件が起こりました。

しかもほんの数万円のお祝いを持って逃げたとか。

どうしてこんな事件が起こってしまうのでしょう…。

たったそれだけのお金を手に入れるために、そこまでやってしまう感覚が、とても悲しいです。

もちろんお金の高ではありません。命の大切さを理解していない犯人の人格。

そういう人の存在そのものに憤りを感じます。

赤ちゃんの苦しみ、お母さんの悲しみを考えると、とてもやりきれない気持ちになります。

2度とこのような事件が起こりませんように…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水)

DVD「素敵なお産をありがとう」本日発売開始!

長らくお待たせいたしましたが、本日、DVD「素敵なお産をありがとう」の発送を開始いたしました!

ご予約いただいた方には、大変ご迷惑をおかけいたしました。

本日、Expack500にて発送いたしますので、一部地域を除き、明日にはお届けできる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

テレ朝「1億3000万人で見守る出産の瞬間スペシャル」

テレ朝の「1億3000万人で見守る出産の瞬間スペシャル 壮絶&感動の密着取材今夜!大切な命が誕生 ...」は、「家族立ち会い出産映像の元祖」としては、かなり期待はずれでした。

出産の場面がメインかと思ったら、出産の瞬間が映し出されるわけでもない。

それでは、家族の絆がテーマかというと、どの夫婦をとってもそれほどとは思えない。

わが家の場合もそうですが、あまりにも特殊な関係の夫婦を取り上げ過ぎていて、それをあたかも一般の出産のように扱ったタイトルは、いかがなものでしょうか。

「1億3000万人で見守る出産の瞬間」というのも、タイトル負け。

番組を見終わったときに、「見守る」という感覚になった人は少ないのでは?

それと気になったのは、あまりにも出産を辛いものとして描きすぎていると感じました。

「少子化」ということを念頭に、出産の感動を伝えたかったんだろうと思いますが、局のカメラが入るということで、出産の持つ本来の緊張感が失われてしまっていうるし、妊婦の苦しみようが、感動を越えて見苦しくさえ思える映像でした。

あれでは、「産みたくない」と思った人が多いのでは…。

もちろん、妊婦に責任があるわけではないのだろうけれど、「なぜ局のカメラを入れる必要があったのか、もしかしてお金?」と感じてしまうような、出産になってしまっていたのは、残念でした。

カメラマンと出産を迎えた家族との間の距離も問題だったのかな?

カメラマンの感動の質が、どこか遠いところにあったように感じました。

おそらくシナリオを書いた人が、出産の感動を共有できなかったんでしょうね。

とても残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 7日 (日)

出産ビデオ

う~ん、やっぱりテレビの限界かなあ…。

出産っていうから生まれてくるところがちゃんと映像として流れるのかと思ったら、全然違うのでちょっと拍子抜けしちゃった。

15年前、妻の出産を無修正で流したTBSに感謝です。

結局、他局も追随して、NHKを除いた全局が扱ってくれたわけですが、日テレだけはモザイクを入れてしまって、大問題になっちゃいました。

あれから15年、やはりテレビで出産の映像を修正無しに流すことは、まだ難しいんですね。

今、流れている映像は、妊婦が苦しそうですね。

翔(かける)を取り上げてくれた三森孔子助産師(故人)は、ラマーズ法を日本に広めたことで有名ですが、今見ている出産は、助産師の介助があまりうまくないですね。

ちょっと妊婦を苦しませ過ぎ。

いきませるのが早すぎですよね。もう少し、いきみを逃がしてあげれば、もっと楽に産めるのに…。

DVD「素敵なお産をありがとう」 (\2,940 税込)ご購入ご希望の方は、

info@ed-cou.com 

または、

TEL 048-814-0750 (株)ライフクリエイト まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産のテレビ

今日は、出産の瞬間の番組があるというので、楽しみにしていました。

今、見てます。

うちのとどうかぶってるかなあと、見ているんですけど、やっぱりちょっと違うみたい。

家族が出産をどう迎えるか、そういうところが違うかな?

やっぱり、局が撮ってる映像ですね。

スタジオに呼んでくれればよかったのになあ…。

年の差のことではよく取材にくるのに、こういうときはこないんだから。

番組が終わったら、もっとちゃんとコメント書きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)