2016年5月28日 (土)

現職大統領が広島へ!

オバマ大統領が広島に来た。
残念ながら謝罪はなかった。予定通り?
とはいえ、5分程度と言っていた17分以上になった。パフォーマンスで終わることなく、核兵器廃絶に向けての第1歩になってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

ポリオ撲滅まであと少し!

Servernp

現在、ロータリークラブに入っているんですが、昨日はその中心的な活動の一つ「ロータリー財団」のセミナーでした。
今、ロータリークラブはポリオ撲滅を目指しています。
そのための募金活動を活発に行っているところですが、国際ロータリーとともにポリオ撲滅に取り組んでいるのがWHO、UNICEFであり、ビル&メリンダ・ゲイツ財団です。

ポリオ撲滅についての取り組みはロータリージャパン「いまこそポリオ撲滅のとき」をご覧ください。

 

昨日は、パワーポイントでビルゲイツからのメッセージが紹介されました。
「日本は平和的な手段で開発を進めてきた世界のリーダーとしての際立った歴史を持つ国家です。国際社会はこれからも日本を信頼できる開発援助のパートナーとして信頼し続けることでしょう。日本がさらに成果を重ねればその評価はますます高まるに違いありません。」

国際社会の中での、日本の立ち位置が明確に示されたメッセージでした。国際社会が日本という国を信頼してくれていることがこのメッセージからも大変よく伝わってきます。
NGOの皆さんもよくおっしゃっていることですが、日本だから信頼され、安心して国際貢献が出来るんだそうです。これからも、ポリオ撲滅のための日本からの支援は不可欠です。

ポリオ撲滅はロータリーの悲願です。

2015年度の野生株ポリオ症例数は、世界で常在国の3カ国のみで、
パキスタン 25
アフガニスタン 4
ナイジェリア 0
です。

ポリオ撲滅まであと少し。
どこかでロータリークラブで募金活動をしていましたら、ぜひご寄付をお願いいたします。
ロータリージャパンや各地のロータリークラブへ直接お届けいただいても結構です。

※ロータリークラブ
政治的団体に思われがちですが政治的団体ではなく、世界平和を目指す奉仕団体で、企業経営者を中心とした団体です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷静でとてもわかりやすい分析なので…

あれは安倍政権によるクーデターだった/石川健治氏(東京大学法学部教授)

 

あの日、日本でクーデターが起きていた。そんなことを言われても、ほとんどの人が「何をバカな」と取り合わないかもしれない。しかし、残念ながら紛れもなくあれはクーデターだった。そして、それは現在も進行中である。

続きは、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150718-00010001-videonewsv-pol

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

動き出した憲法学者

安保法制を合憲と考える学者が多数いるなんて、普通に考えたら言えないですよね。

憲法9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この条文を読んで、安保法制が合憲って言えることが不思議でなりません。
私に言わせると政治家は普通の感覚を持ち合わせていない人が多いので、平気で合憲なんて言えるんだと思います。
自国の利益をだけを追求した先には戦争が待っているわけで、現在の世界のそういった流れの中で日本国憲法の理念は特異ではあるけれども、だからこそ貴重な憲法なわけで、それを大切にする日本であってほしいし、世界であってほしいですね。

さすがに安保法制の内容がここまで来ると、憲法を研究している皆さんも黙っていられないようですね。
憲法の研究者を全く馬鹿にしているような政府の答弁ですのものね。
菅官房長官が長尾一紘氏の名前を出したのにはがっかりしました。
短い期間でしたが、長尾氏のゼミに出ていたことがあって、当時かなり強い調子で戦争に反対していましたので、9条のことで合憲を主張する憲法学者として名前を挙げられたことは、私にとってはショックでした。

憲法学者の皆さんが動き出したことで、もう少しまともな安全保障論議になるといいですね。
マイナンバーの問題も頓挫しそうですし、そろそろ自民党の中からもいろいろな意見が出てくるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

裏には何かが…

望月義夫環境相と有村治子女性活躍担当相。
政治的に「××党支持」というわけではないけれど、こういう大臣の皆さんは、お辞めになった方がいいんじゃないかな。
次から次へ不正があったことを発表することで、「不正は当たり前のことでたいした問題じゃない」という印象を植え付けようとしているのが見え見え。
テレビのコメンテーターは、「国会はくだらない問題を議論していないで、重要法案を審理しろ」と不正などたいした問題ではないと不正を働いている大臣の肩を持つことで、政権を支えようとする始末。
「法を守らない政治家が法を作って、法を守らない政治家がその法を使って国を動かす」、そんなことが許されていいはずがありません。
道徳教育に力を入れようとしている内閣ですから、将来を担う子どもたちに手本を示すためにも、法を守れない大臣は辞めるべきでしょう。

10円単位の記載ミスならともかく、数百万円、数千万円ともなれば、故意に操作をしているのは当然なんだから、議員辞職やむを得ないと思いますが…

「守らないのが普通」あるいは「守れない法律が問題」などという世論形成を狙うのだけはやめてもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

やっぱり首相はパフォーマンスだけ?

菅さんの昨日の避難所訪問はひどかったですね。

見るに堪えませんでした。

ここまでくると、政府の無策をなじられるのは仕方のないことだとは思います。

でも昨日の菅さんのパフォーマンスに対して

「もう帰っちゃうんですか?」

と怒鳴られたのは、政府の無策とは別な問題で、

あの場で菅さんが避難している方々にどう対応するかの問題だったんだろうと思います。

最近、菅さんの「人格」ということに対する批判が野党だけでなく民主党内からもちらほら聞かれるようになりました。

私は、かねてから私の周りの人たちに、原発問題も含めこれだけの大災害の時に首相が菅さんだったのが最大の問題だと言ってきたんですけれど、

なんだか当たっちゃってたみたいで悲しくなります。

私も以前は様々な市民運動に関わってきましたけれど、

市民運動みたいなものっていうのは、誰もがカリスマって認めるような人がいない限り、

議論ばかりしていてなかなか前に進まないんですよね。

それがただの市民運動ならば、意見の違う人たちと議論をして、なかなか前に進まなかったとしても、それはそれなりに意義のないことではないと思うんです。

でも、それが政府となると、いろいろな組織を作って議論ばかりしていても、

前に進まないと何の意味もなさないし、

もたもたしてれば、ますます被害が広がることにもなりかねません。

やっぱり野党で文句を言っているだけの人だったんでしょうかねえ…。

私も文句を言っているのが好きなのでちょっと親近感はあるんですけどねえ…。

原発の被災状況を見に行ったときから、全然やることが変わってないですねえ。

ほんとに震災直後に原発を見に行ったのが正しかったと思ってるんでしょうか?

貝割れを食べたことがあると思ったら、

今度はキュウリ。

そんなことは誰でもできますよねえ。

パフォーマンスだけではねえ…。

それでは総理大臣は務まりません。

もう少し官僚を上手に使ってもらわないと…。

私たちは何のために税金を払って、優秀な官僚を雇っているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

中井国家公安委員長の問題はいったい何!

中井国家公安委員長が女性に鍵を貸与していたっていう問題は、問題があるようなないような…。

「1998年に妻とは死別」というようなのでね不倫とかいうわけではないから、

その点において問題ないといえば、確かに問題なし。

国会議員だったり、閣僚だったりしたら恋をしちゃいけないっていうわけではないもんね。

ただ会見のいいわけがよくないねえ。

週刊新潮を見ていないので、何とも言えないけど「路上キス」を撮られたとか、銀座のホステスさん(?)ということのようなのに「掃除のおばさんのかわり」はないよねえ。

ちょっとびっくりのいいわけ。

しかもSPを帰して、映画っていうのもねえ…。

閣僚としての自覚にかけるって言われても仕方ないんじゃないかなあ。

あとでゆっくりニュース見てみよっ!

今晩は、一つ楽しみができちゃった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

名古屋市長の年収800万円は妥当?

名古屋市の河村たかし市長が、今日支払われるはずだった4月分と5月分の給与の受け取りを拒否したとか。

4月分が3日分で20万4045円、5月分が149万6340円。

計170万385円だそうです。

市長選の公約で、市長の給与を年800万円にすることを掲げていたので、6月議会に改正条例案を提出するまでの暫定措置ということだろうと思いますが、果たして正しい行為でしょうか。

市長の給与が800万円というのにも、ちょっと違和感があります。

今ももちろんですが、選挙当時は今よりさらに公務員の給与の問題に敏感な時期だったように思います。

そんな中で、当選のための単なるスタンドプレイに思えてなりません。

もちろん、市民にとって高い市長の給与には、抵抗があるのは当然として、それでも名古屋市長ともなれば、相当な激務。

その激務に対する正当な評価というのは、とても大切なことで、市長の仕事に対して、正当な評価がなされなければ、その影響は少なくありません。

ごくごく普通に考えて、市長の給与が800万円だったら、末端の窓口業務をやっている公務員の給与はいくらになるんですか?

仕事量や責任から考えたら、どんなに多めに考えても200~300万円くらい?

それでも高いくらいじゃないかなあ???

そういうことでいいんですか!

それは、民間も含め、最終的に人の労働価値を低めることにもつながります。

少し違った考え方をすれば、800万円の働きしかしない市長でいいんですか?という見方だってできます。

人間らしい社会というのは、人の価値というものを正当に評価する社会だと思うのですが、違いますかねえ。

「自分はこれでいいから」なんていうスタンドプレイをするのではなく、正当な給与をもらってしっかり市民生活を守ることだと思います。

次の市長はどうするんですかねえ?

もし、元の金額に戻したらひどい市長になるんでしょうか。

なんかどこか違う気がします。

ちなみに、高校のごく普通の教員だった妻の年収だって、退職時には約1,100万円でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

市議会議員年金が破綻の危機だと…

あんなに合併合併と騒いでいたのに、少子高齢化の年金危機とまったく同じように、少議高齢化で、市議会議員年金も危機とか。

「高齢化」というのは、若くても議員を辞めちゃう人もいるので、正確ではないかもしれませんね。

それにしても、合併によって年金受給者が増える、議員定数が減る、そんな単純なことがわからなかったんですかねえ。

すでに公費負担を増やしているそうですけど、さらに増える可能性もあるとか。

行政改革は必要とは思いますが、もっときっちりとしたビジョンを描かないと…。

合併によりどれほどの商店がシャッターを下ろし、地域の経済活動が衰退したか…。

いろいろなところで、話をしているんですが、大切なのは地域のコミュニティ。

それをないがしろにすると、大きなしっぺ返しを食いますよ。

今回の経済危機だって、マネーマネーで労働が持っている本来の価値を軽んじた結果だと思います。

人間が生きる上で大切なものを大切にしないと…。

どことなく小泉内閣以来、そういうものが失われているような感じがします。

麻生さんはどうにもならない首相だけれど、どことなく人間くさくて、最初はすごく嫌いだったんですけど、ちょっとイメージが変わってきて、首相としてはダメだけれど、人間としてみたらちょっとかわいいところがあるんじゃないかと。

とは言え、早急な経済対策をまとめて、早く実行してほしいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

結局パフォーマンスだけの並の政治家

昨日は、小泉さんが政界を引退するというニュースで持ちきりでした。

引き際の良さを褒めていた人もいたけれど、問題は次男が後継者だというところですね。

小泉純一郎氏も確か3世議員だと思いましたが、また世襲?

改革派というのはいったい何だったんでしょうか。

自民党がもっとも改革しなければいけないのは、2世、3世議員が多いこと。

わざわざ連れ歩ってまで、次男を後継にしたいとは、あきれたもんです。

国民目線の改革ということが、本当にはわかっていなかったということですよね。

郵政の民営化よりは、議員の世襲の方がよほど大きな問題のように思うのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)