2017年5月 3日 (水)

「彼女の生理で困った」動画広告が炎上→削除 なんだこりゃ!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000052-it_nlab-sci

この記事を見て愕然。

何十年前の意識だ?

日本の国の男女差別に対する意識の低さを露呈してるね。

ずいぶん世の中が変わってきたとは言え、まだまだ男女の問題に対する意識は昔の部分のままがある。

性犯罪が増えることで「性」が閉鎖的な方向に向かっていることもあって、男性に対する「女性の性」の教育は、ほとんど行われないまま来ているし、動物的な「性」は教えても、それによって生じる「気持ち」の部分はかなりおろそかにされているように思う。

もっと「性」に対する意識を根本的に変える必要があるだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

ありゃ?

雨が上がったら寒くなるんじゃなかったのかな?
今、銀行まで行っただけなのに汗かいちゃった(@@;)

続きを読む "ありゃ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

我が家のピラカンサ

20151211_17_55_32

20151211_17_57_06

20151211_17_56_35

10日ほど前にスマホで撮った我が家のピラカンサ。

植えた覚えはないのですが、どこからか種が運ばれてきたんですかねえ…

小鳥はあまり好んで食べない実らしいのに…

きれいなんですけど、棘が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

田嶋幸三君のFIFA理事就任を祝う会

高校の同級生、田嶋幸三君の国際サッカー連盟(FIFA)理事への就任を祝う会が16日、浦和ロイヤルパインズホテルで開かれました。

彼の活躍はテレビのニュース等でしばしば見ていましたので、こちらは久しく会っていないなどという感覚はありませんでしたが、実際は高校卒業以来ですから40年ぶりの再会です。
サッカー部OB会の主催でしたので、年代ごとのサッカー部のメンバーがほとんど。
そういう中で、私はサッカー部ではない(音楽部です。田嶋君とは同じ音楽選択生、しかも選択授業で一緒に「食物」の授業を取って調理実習をやったり、田嶋君が運動部の代表、私が文化部の代表で、部活動の予算配分を話し合ったり、今考えると部活動以外ではけっこう接点がある1人でした)けれど、同級生として参加しましたので、私たち同級生のテーブルだけは女性が多いという、会場全体ではちょっと異質なテーブルになっていました。
私は高校の同窓会にも出たことはありませんので、ほとんどのメンバーが40年ぶり。 なのに、会った瞬間から違和感がない。
「おい、大澤!(私の旧姓)久しぶり!おまえ腹出たなあ!」
そんな会話から始まって、特に高校時代の思い出を語るわけでもなく、普通に会話が出来る。
特別親しかった間柄というわけでもないけれど、同級生ってこういうもんだよなあ…
主役の田嶋君が、全員が拍手で迎える中、後ろの扉から入ってきて、センターのスペースを通って舞台の方へ向かっていきます。
照れくさそうに右や左にペコペコ頭を下げながらの入場です。
テレビで見ている田嶋君は、いつも偉そうなコメントを話すイメージですが、入場してきた田嶋君は高校時代にタイムスリップした田嶋君で、サッカーをやっているときとはまるで別人のシャイで照れ屋の田嶋君そのものでした。
もちろん、みんな「田嶋君」「田嶋さん」なんて呼んではいますけれど、内心は「おい、田嶋、おまえすげえなあ!」みたいな感覚。
人間て、不思議ですねえ。
こういうときは、今の自分ではなく、一緒に過ごした当時の自分に戻ってしまうんです。

Th__20151017_19_07_04

Th__20151017_19_07_50

Th__20151017_19_08_26

人格形成には、大人になるまでの生育歴が大きく影響します。 いくつになっても、子どものころに逆戻りしてしまう同級生との再会は、子どものころの体験が人生に大きな影響を与えることを物語っていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

プロゴルファー翔!

昨日から騒いでいたんですけど、昨年プロテストに受かった翔が、今日はマンデートーナメントに出場しました。
本人もレギュラーツアー出場は、そう簡単ではないと思っていたらしく、
半分冗談のように
「レギュラーツアーに出られることになっちゃったりして…」みたいな言い方をしていましたが、
つい先ほど、電話があり、12人通過の12番目で、木曜日からのレギュラーツアーに出場することになったとのこと。
「アマチュアの高校生が3アンダーなのにパーだった」とちょっと恥ずかしそうに言っていましたが、とりあえずツアーデビュー。
土曜日に残れるか…
テレビに映るところまではいかなくても、せめて土曜日まで残ってほしいですね!

PGAサイト「大関翔プロフィール」はこちら

やっと最後に滑り込み(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

フジ産経調査「安保必要7割」は嘘!

「安保法制必要が7割」はインチキだった! 産経、フジテレビの世論調査が今度は質問改ざんで回答を誘導

産経新聞とフジテレビのお得意なやつだけれど、これはひどい!

産経新聞は常に偏向批判を展開している新聞社だけれど、いつも思うことながら、産経新聞とフジテレビの偏向は半端じゃない。

産経新聞の「報道ステーションの偏向報道」を見てかわからないけれど、松本人志氏から「デモをやっている人たちは偏向報道に踊らされてる」みたいな発言があったらしいけれど、報道機関のほとんどが、政権側に寄った報道姿勢なんだから、そのことを理解すれば「偏向」がどちらなのかは、明白なんだけどね。

最近のNHKなんて、まるで中国と北朝鮮の国営放送のようだし。

今回のデモの盛り上がりは、そういうことがわかってきた人たちが着実に増えてきたっていうことなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

昨日から始まった類類の舞台「半狂乱」、これから行ってきます!

昨日から始まった類類 ~ LuiLui ~(及川奈央さんと劇団SETの久下恵美さん)の舞台「半狂乱」。

息子「大関真」の演出ということで、これから行ってきます!

類類 ~LuiLui~オフィシャルサイトは → こちら

類類 ~LuiLui~Twitterは → こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「挨拶と女性のスカートは…」

20150906_12_31_53_2

ロータリークラブに加入して6年目。1年おきに行われている「日韓・韓日親善会議」に初めて参加しました。

20150906_12_32_18_2

今年、親善会議に参加したのは、7月から自分の加入しているクラブ(浦和ダイヤモンドロータリークラブ)の会長をやらせてもらっていることと会議の中に京大総長の山極寿一氏の講演が組まれていたからです。

山極氏は、人類学者で、霊長類とりわけゴリラの生態研究の第一人者で、私の経営している浦和カウンセリング研究所でもしばしば講座の資料として山極氏の本や文章を利用させていただいています。

直接、お話を伺ったことがなかったので、またとない機会と思い、親善会議に参加することにしました。
最近のぎくしゃくとした日韓関係の中で、ロータリーの世界は全くの別世界。
日韓関係を深める上で、ロータリークラブの果たしている大きさに大変感動しながら参加していたのですが、一つロータリークラブらしくないことがありました。
ロータリー全体としては未だに女性の入会を快く思っていないクラブもあるくらい保守的な部分があるので、どのくらいの人たちが不快に思ったかはわかりませんが、ゲストとして呼ばれた野球評論家の張本勲氏が挨拶をした際、「挨拶と女性のスカートは短い方がいい」と挨拶を締めくくったのには、私は非常に不快な思いをしました。
会場からも、失笑?が漏れていました。
「あきれた」笑いか、賛同の笑いかは、判断できませんが…
私は正直「えっ?」と耳を疑いたくなるような気持ちでした。
最近、サンデーモーニングでの張本氏の発言を巡っては、批判が絶えません(サッカーのカズ選手に対する発言や野球の川崎宗則選手への発言など)が、この一言を聞いて、批判されるのも無理はないなあと思いました。
張本氏は、在日韓国人で、私が子どもの頃大活躍した大記録をいくつも持っている屈指の野球選手です。国内の野球選手ではただ一人3,000本安打を達成し野球殿堂入りしている著名な方だけに、残念でなりません。
韓国からも、多くの女性の方が参加していたんですけどね。
日韓親善大会は、これ以外とても心を動かされる素晴らしい会でした。
来年は、ソウルでロータリーの国際大会が開催されます。
気圧が下がると目が回ってしまう私は、飛行機に乗れませんが、船でも比較的楽に行くことが出来る外国として、来年は韓国に行ってみようかなあと、少し心が動いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

報道機関にもこんな風に考える人がいるんだねえ…

産経新聞「これが民主主義だ」http://www.sankei.com/politics/news/150717/plt1507170003-n1.html 「最後は多数決で決めるのが民主主義だ。」それはその通り。だから、憲法改正は国会議員の3分の2以上の賛成で発議して、国民投票にかけることになってるのに、立憲主義を無視した主張にはびっくり。 これでも報道機関と言えるんだろうか? 軍事力だけの議論になってるところも、私の感覚では前近代的。 ほんとに、アメリカが中国に攻撃されると思ってる? あり得ないでしょ?! そんなことしたら、中国なくなるよ。 国際社会における日本の役割をもっと多方面から見るべきだし、もっと知恵を絞った外交、安保を考えるべきだと思う。 軍事力だけに頼った安全保障などあり得ないんだから。 テロとの戦いが、それを物語ってると思う。 「外敵の暴力から身を守り合う仲間のコミュニティー」という発想が敵を作り、かえって危険にさらすことがあることも考えるべきだし、外敵とは何かからきっちり議論する必要がある。 AIIBの状況を見ても、中国を仮想敵国と見なすことがそう簡単にできないことはわかっているのに、このタイミングで憲法を破ってまで軍事力だけに頼った外交政策をとるのは、とても愚かなことに見える。 戦後70年で築いてきた国際社会において築いてきた日本に対する信頼を捨てて、アメリカの属国と見なされる政策をとるんですかねえ… いろいろ紆余曲折があるとは思うけれど、「アメリカが言ったから」という呪縛から抜け出して、日本独自の外交を考えるいい機会じゃないかと思うんですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

選挙が終わって…

テレビの報道を見ていると、自民党の圧勝のようなイメージの報道が多いけど、ほんとにそうなのかなあ?
改選前の自民党が293、改選後は290
この数字を見る限り、圧勝ではないよね。
公明党は、31→35 これも圧勝ではないけれど、
選挙前から言われていたように、公明党としては自民党が議席を伸ばして公明党が議席を減らすと連立を組むに当たって、公明党の存在意義がなくなってしまうので最悪のシナリオだったから、
結果を見る限り、公明党にとっては願ってもない結果?
今更過半数ではなく、3分の2だろうから、公明党の存在意義は増した感じだし。
維新の党もかなり減らすようなことが予想されていたけれど、
終わってみれば、42→41でほぼ現状維持。
次世代の党と元は一緒と考えれば、次世代の党が19→2なので、合わせると61→43なので、減ったとも言えるのかな?
みんなの党が(前回18議席)がなくなっちゃったことは大きいね。
渡辺さんも落選しちゃったし。
結局、そのあたりの議席が、共産党(8→21)と民主党(62→73)に流れただけでしょ。
与野党の勢力は、改選前と変わらずで、共産党の一人勝ちって様相ですよね。
もっとも共産党が増えたとは言え、21議席で、自民党が気にしなきゃならないほどの数じゃないから、なにも変わらないってことだよね。
この結果を見る限り、安倍政権の政策が信任を得たようなことじゃなくて、投票率にも表れているように、「どうせ変わらないから勝手にやって」みたいなのが、国民のスタンスのような気がします。
大勝ちのあとは、議席を相当数減らすっていうのが総選挙の常だから、その点においては自民党の圧勝とも言えるかもしれないけれど、
要は、2年前の総選挙の時から今回の総選挙までで、民意はあまり動いてなくて、アベノミクスどうのこうのっていっても、国民は結論を出してないってことでしょ。
民主党に対する失望がそのまま残っていて、第三の勢力とやらが勝手に自滅して、受け皿として機能しなくなって、ただそれだけでしたね。
何のための選挙だったんだろっ?
一番大きく変わりそうなのは、民主党の体制なのかな?
人気のない海江田さんがいなくなったことでどうかわるか…。
誰をトップにするかでまたバタバタして、自滅しなければいいけど。

ところでなにも変わらなかったこの選挙に、どれだけの税金が使われたんだ?
800億?
ん~~~~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧