2009年6月26日 (金)

まだやってるんでしょうか? 「内閣府認証カウンセラー」

ここのところ、、カウンセラー資格ブームなのか、キーワードに「内閣府認証カウンセラー」という言葉を入れて、私のブログにきてくれる人がまた増えているように感じます。

以前にも述べましたけど、「内閣府認証カウンセラー」なんていうものはありません。

内閣府が認証しているのは、「特定非営利活動法人(NPO法人)」の法人の認定です。

しかも、特別な不備がなければ、必ず認証されます。

事務所が1つの都道府県内にある場合は「県」の認証、2つ以上の都道府県にまたがる場合は「内閣府」の認証です。

ただそれだけのことです。

こんなに検索ワードに「内閣府認証カウンセラー」なるものが多いということは、ずいぶんとそういう宣伝がされているということですよね。

明らかに、事実を誤認させるための宣伝と思われます。

考えようですが、逆に「内閣府認証」なんていうことを前面に出しているところほど、「怪しい」ということでしょうね。

あえて、それを狙っているなんて、カウンセラーを養成しているところとは思えない愚行です。

もし、カウンセラーの資格を目指し、どこかスクールをお探しでしたら、「内閣府認証」が前面に出ているところは、信用できないところだと思って、別なところを探した方がいいと思いますよ。

ほとんど詐欺に近い行為です!

気をつけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

少しは教育界にメスが入るか…

大分県の教員採用試験を巡っての事件で、やっと教育界の閉鎖性が注目されるようになりました。

今朝のテレビに出演した石原伸晃国会議員が、(日本のもたれ合いの風土や試験についての不正について)「一番ないのが警察と教育なんですけどね」と発言したのにはあきれたし、ビックリもしました。

将来総理の座をねらおうかという有力な国会議員がこんなこと言っているようじゃ、日本も終わりだぁ!

このブログはもちろん、様々な連載でも常々述べてきましたけれど、末端の現場とそれを監督する行政機関が同じ線上で人事異動をしているわけだから、管理監督なんてできるわけがないし、そんな中に公正なんていうものが存在するわけがない。

採用試験の一次が情報公開で公になったとしても、二次の面接まで進んだ場合、誰がどのような基準で選考し、公平性が保たれるかは微妙な問題。

長年教員をやっている人はみな、校長の子どもが採用試験を受ければみんな受かると思ってるんじゃないのかな?

試験だけがオープンになってもダメで、教育行政のすべてがオープンにならないと、いろいろな面で不正(というよりは、社会の感覚との乖離と言った方がいいかな)はただせないのだろうと思います。

とは言え、杉並区の和田中学校のように、何でもかんでも保護者の希望を取り入れて、塾講師による補習を増やせばいいというのでは、「公教育」という存在自体が脅かされる。

一見、どの子にも教育の機会を平等に与えているように見えて、実は公教育の方向性を大きく歪めて、教育の機会均等が失われかねない。

誰のための、何のための教育かということをよく考えて、行政、教員は、襟を正すべき!

教育に携わるものは、社会のモラルを教えているにもかかわらず、自分たちの感覚が、社会のモラルから大きく逸脱しているという現実を、しっかりと見つめてもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

「内閣府認証」って何?

これって問題じゃないですか?

うちの会社は、「浦和カウンセリング研究所」を経営していますが、研究所のカウンセラー養成講座を修了することで、「NPO法人 日本カウンセラー連盟」認定のカウンセラー資格試験の受験資格が得られます。

カウンセラー資格というのは、未だ国家資格化されていないので、様々な民間機関が資格を与えているわけです。

よくニュースなどに登場する「臨床心理士」も民間資格。

難易度は、うちでお取りいただいている「日本カウンセラー連盟」認定の資格より難しい(試験自体が難しいというよりは、現在大学院卒という縛りができてしまったので)ですが、「民間資格」という点では、日本カウンセラー連盟の認定カウンセラーと何ら変わるところはありません。

ところが最近、それをいいことに、自分のところのカウンセラー資格があたかも国家資格であるように表示しているところが目立ってきました。

ビックリしたことに「内閣府認証 ××カウンセラー」とか「内閣府認証 ××心理士」のような表記をしているところがあったり、そういう表記をしている個人がいたり…。

はっ? って感じですよね。

「内閣府認証」なのは、その「××カウンセラー」とか「××心理士」という資格じゃなくて、その資格を出している組織の、しかも「特定非営利活動法人」(NPO法人)であるということだけに対する認証です。

「日本カウンセラー連盟」の場合は、事務所が埼玉県にしかありませんから、認証機関は「埼玉県」。

これが2県(都、府、道の場合もあります)にあれば、認証機関は内閣府。

それだけの違いなのに、いかにも「国」の認定した資格のような振る舞いは、どう考えてもまずいですよね。

限りなく詐欺に近いです。

どうもそれを指導しているスクールもあるみたいですね。

そんなところにだまされないように、要注意です。

そんなことをやっているようでは、教えている内容だって、押してしかるべしですね。

もっとしっかり、行政が指導するべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)