2015年6月 6日 (土)

巨人の吉川選手の超ファインプレイについて

最近、ホームページとメールアドレスをそれぞれ8つずつ管理しているので、どうしても個人のブログの更新がおろそかになっちゃいます(^^ゞ
でも今日は、たまたま見ていたウェブサイトで、巨人の吉川選手の話を見たので、久しぶりに更新する気になりました。

野球のテレビ放送もめっきり減ったので、どんな選手が活躍しているのか、ニュースのスポーツコーナーで見るくらいなので、吉川選手の存在はあまり知りませんでした。
6月4日のスポーツコーナーで取り上げられていたのは、オリックスとの交流戦9回表1死満塁で、三塁線を襲ったT―岡田選手の痛烈な打球をダイビングキャッチするとすぐさま三塁を踏み、一塁へ送球。
併殺で試合終了の場面。
9回裏の攻撃は残っていたにしても、この打球が抜けていれば、1対0で巨人リードが少なくとも1対2にはなっていたことでしょう。

ニュースの画面を見ていただけでも、「おーっ!」と思わず声を出してしまいました。
それくらいのプレイでした。

さっき、ネットを見ていたら「G・原監督の備え!阿部→片岡死球で内野手・吉川を緊急捕手準備」の記事に目がとまりました。
吉川選手という名になんとなく記憶があったからです。
改めて検索してみると、先日のファインプレイの記事が出てきました。

なるほど!
こんなところにファインプレイの伏線があったんだ!

カウンセリングのような仕事をしていると、いつも心の問題は気になります。
スポーツの世界では、技術が大事。とはいえ、それに心(メンタル)が伴って初めて結果がついてくるものです。
吉川選手、中日で戦力外通告を受けたとのことですが、このメンタルの強さは、きっと結果につながります。

吉川選手の活躍を期待しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

大関翔 国体出場なるか?!

昨夜、翔ははけっこう早い時間に帰ってきました。

最近多少は真面目にゴルフに打ち込んでいるらしく、

顔はかなり日焼けしています。

夕飯を食べている(といっても午後10時過ぎだったでしょうか)と、

リビングに顔を出し、

また「お金!」ということを想像して身構えると、

「またトップタイだった!」

「?」

何のことやら、まったくわかっていない私と妻。

「何の大会だよ?」

「国体の選考会」

へーっ、今日は国体の選考会だったんだあ?!

まったく興味がない私と妻。

「それで国体に出ることになったのか?」

「2日だよ。今日は1日目」

へーっ、国体の選考会って2日間やるんだあ?!

まったく無頓着な私と妻。

たぶんそのうち「お金!」ってなるぞ!

「それでどうなると国体出られるんだよ?」

「4人だったかな?」

翔の答えも何となくあやふや。

「2人レギュラー、2人補欠?」

「1人補欠かな? 4人でやって3人のスコアかな?」

まったくわかっていない翔。

でも、どうやら4位までに入れば出られるらしい。

「それでさぁ…」

ほら来た!

「今日4万もらえるかなあ?」

これは数日前に言われていたような気がするんですが、

私が銀行からおろしてくるのを忘れたので、

妻の財布から。

「それでさぁ、来週も4日間泊まりで出かけるから、また同じくらいか、もう少しかかるんだけど…」

「…」

「それとその次の週と、その次の週もそれくらい…」

「はっ?」

どうやら、少しは強くなったらしく、大会に行く距離が長くなったようで、

とにかくお金がかかるかかる…。

もう蓄えも底をついたし…。

早く遼君のようになってくれない(永遠にならない可能性が限りなく100%に近いけれど)と我が家の家計がもたない…

今朝、起きるともう翔の姿はありませんでした。

今日が国体選考会の2日目。

そのうち、結果報告のメールが来るんじゃないかな…。

早く来れば、出場決定。

なかなか来なければ、また大崩で出場無し。

昨日「またトップタイ」といっていたところを考えると、

どうやら本人も「また勝てなかった」と報告をする予定のようでしたが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

日本の野球のレベルはあんなもんだよね

やっぱり野球は勝てなかったですね。

上位3チームには1勝もできずに完敗。

優勝した韓国はもちろんのこと、キューバ、アメリカとも力の差は歴然でした。

WBCでイチローが韓国の野球をバカにしたような発言をしていたけれど、とんでもないことですね。

やはり韓国は強い。

国際試合になると、パワーが大事だということを痛感します。

日本の選手がバッターボックスに入ったときの、なんとなく弱々しい雰囲気は、相手投手に威圧感を与えるなんて全く思えないし、ピッチャーの投げる直球にもスピードもなければ、力もない。

ダルビッシュの調子が本調子なら、やや相手になったかなという感じはするけれど、あとはどうなんでしょう。

これだけ負けても、「ストライクゾーンが…」なんて言っているマスコミがあることにはビックリです。

どこのチームだって、そんなの同じだよ。

巨人の李 承ヨプが、日本の選手より国際試合にたくさん出場してて、ストライクゾーンに慣れてるとでも言うのかねえ…。

慣れてないことが原因なら、日本選手でもっとも慣れている上原を先発で使ったっていいわけだし。

パワーがないのがわかっているんだったら、もっと機動力を生かしたり、緻密な野球をやったりすればいいのに。

もちろん、そんなことで簡単に勝てるとは思えないけれど、ちょっと自分たちの力を過信していたんじゃないの。

「金メダルしかない」なんて言っていた星野監督の言葉は何だったの?

あまりにも世界の力を知らなすぎ。

確かに大リーグでイチローはヒットを打ってはいるけれど、そのちまちましたプレーぶりにアメリカでの評価はいまいち。

松井秀喜もケガはあるとはいえ、アメリカのバッターに比べれば見劣りはするし、日本ではそれなりの勝ち星を挙げる井川があのざま。

別に日本の野球をけなすつもりはないけれど、しっかり現実を見つめて、アメリカに追いつき追い越すことばかりに夢中になるのではなくて、もっと日本の野球を楽しむことも大切なんじゃないかと思いました。

400mリレーは、トラック競技男子で初のメダルを取りました。女子を含めてもトラック競技では80年ぶりとか。(朝原さん、おめでとう!)

だけどアメリカやイギリスより速いなんて、誰も思ってないよね。

でも勝負は勝負。メダルはメダル。

4年間地味地味に、バトンの練習をしてきたことが報われた結果です。

これが日本のお家芸(?)なんだよね。

まじめにこつこつ。

その努力が大切なんだよね。

その努力が感動なんだよね。

日本人がボルトに勝てるなんてことはありえな~い!

いつもはオリンピックってもっと感動するんだけど、今回のオリンピックは日本の奢り(というよりマスコミ報道のひどさかもしれないけれど)というか、体たらくにあまり感動できませんでしたね。

北島選手の涙やソフトボールの上野選手の力投には感動したけどね。

そうそう、50キロ競歩の山崎選手ももっと見たかった。

残念ながらメダルには届かなかったけれど、8位入賞はすごい!

あの大阪陸上の誤誘導を乗り越えて、本当によかったと思います。

マラソン優勝のケニアのワンジル。

ケニア人だけど、仙台育英高校からトヨタ自動車だったかな?

身体だけはケニア人だけど、育成は日本。すっかり日本の選手ですね。

インタビューに日本語で応えていたのが印象的でした。

そんな日本の国際舞台への関わり方もいいんじゃないかな。

シンクロの井村さんもそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

北京オリンピック

女子のマラソンが終わりました。

野口みずきは肉離れを起こしちゃうし、土佐礼子は外反母趾。

どうも日本選手の調整はうまくいってなかったみたいですね。

間違いなくメダルを取りそうな報道にはあきれるばかり。

テレビを見ていると、「××金メダルへ!」なんていうテロップが出てるから、金メダルが取れそうなの?と思って見てみると、「へっ! まだ予選じゃん!」。

もうちょっと正しい報道を心がけて欲しいよね。

まあ、勝ってほしいと思うけど、今日の女子マラソンだって、有森裕子の解説を聞いていたら、何のことはない土佐礼子は外反母趾が痛くて、痛み止めを飲んでの出場とか。

そんな状態で42.195㎞を走りきれるわけないじゃん!

あの根性の土佐礼子が泣きながらリタイアする姿は、あまりにも痛々しくてかわいそうでした。

テレビの音声からは「ごめんなさい!」って言っていたように聞こえたけど、野口みずきの欠場で、相当の重圧がかかっていたんでしょうね。

スタートする前からわかっているんだから、テレビの報道でも、

「痛み止めを飲んでの出場ですが、ついていけるでしょうか」

くらいのコメントにしてあげればいいのに。

土佐礼子の頑張りは、みんな充分知ってるんだから。

野球と室伏はほんとに金メダル取れるんかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

ハンドボール

久しぶりにハンドボールの試合を見ました。

ニュースでだけどね。

アジアの笛問題で一躍脚光を浴びることになったハンドボール。

昔はもっとテレビ放送があったような気がするんだけど、最近のスポーツ番組は、サッカー、フィギアスケート、ゴルフ、マラソン、水泳、バレーボールといったあたりに集中しちゃってて、それに当てはまらないスポーツは、ほとんど見ることが出来ないっていうのは、寂しいですね。

もっともケーブルテレビの普及で、アナログ放送に限らなければ放送自体は増えているんでしょうけどね。

昔、ハンドボールでよく見かけたチームは、「大崎電気」とか「湧永製薬」だったかな?

ハンドボールっていうのは、サッカーとバスケットを組み合わせたような競技で、スピード感があって見ていておもしろいですよね。

私の通っていた中学校には、グランドの隅の方にハンドボールのゴールがありました。

体育の時間にちょっとだけやった記憶があります。

高校は、サッカーの強い学校だったので、ハンドボールは陰に隠れていたけれど、確か私が2年生だった時に全国制覇をしていて、同じ組にハンドボールの中心選手だったT君がいたり、球技大会の競技にもハンドボールがあったりしたので、全然なじみがないわけではないんだよね。

私も球技大会で、ハンドボールの試合をやったことがあるので、テレビで流れる映像を懐かしく見ました。

息子が見て、その激しさにビックリしていました。

それにしても、わかっていることとは言え、スポーツにお金や政治が絡んでいるのは、気分が良くないですね。

とは言え、お金や政治の絡まないスポーツなんていうのはないわけで、きれい事ばかり言ってはいられないわけですが。

少なくともジャッジだけは構成に願いたいものですね。

ジャッジの偏っているゲームは、どんな種目にしても興ざめですから。

これを機会にハンドボールの試合が正常化して、真に楽しめるスポーツになるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

宮里藍絶不調

宮里藍が絶不調。米国女子ツアー公式戦(国内女子ツアー第33戦)の「ミズノクラシック」初日は、なんと出場78人中74位とか。

こんな宮里は見たことがない。

トップはローラ・デービスで7アンダー、賞金女王を争っている上田桃子は2アンダー10位タイ、横峯さくらは、イーブンパー27位タイ。

宮里の東北高校時代の後輩、有村智恵と原江里菜はそれぞれ6アンダー2位タイと5アンダー4位。

報道によると、ここのところの宮里のドライバーは左右にぶれているらしい。

うちの息子もプロゴルファー志望。現在日大の2年に在学中だが、これがなかなか芽が出ない。

昨年は県アマ(埼玉)予選で石川遼君と同じ組だったと言い、今年はなんとか予選では一位通過したものの、決勝では遼君が優勝、うちの息子は20何位かだった。

私がゴルフをやらないので、コースを回る回数が他の子と比べて極端に少ないことも一因だとは思うが、ゴルフはメンタルなスポーツ。

宮里くらい技術が優れていると思う選手でも、一度調子を崩すとなかなか立ち直るのが難しい。

わが家では、宮里のスランプを、力を出し切れずに終わった全英女子オープンのインタビューから予想していた。

言葉をはっきり覚えているわけではないが、

「あまりいい結果は残せなかったけれど、この一週間お父さんとお母さんと過ごせたので、とってもよかった」

という内容のインタビューだった。

「宮里は、さくらとは違うと思って期待してたのに、あんなこと言っているようじゃ、終わったね。きっとスランプになるよ」

宮里のインタビューから、それまでのアスリートとしての力強さが消え、ただのお嬢さんになってしまっていた。

横峯さくらも一時、父義郎氏に甘えているようなそぶりが気になったことがあったが、やはりその頃の成績は振るわなかった。

横峯さくらの場合、義郎氏が参議院選挙に出、その後の不倫騒動で崩れてしまうのかと思えば、まったく逆で、父親とは距離を置いたのか、それなりの好調を維持している。

親子関係をそれなりに消化し、独り立ちしないことには、なかなかいい成績は残せない。

宮里も早くしっかりと自立し、強い宮里に戻ってほしい。

(プロ選手の敬称略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

やっと…

一番下の翔(かける)が、一昨日の埼玉県アマチュアゴルフ選手権の予選をトップタイで通過しました!

小学校4年でゴルフを始めて、本人は一応プロを目指しているようですが、精神的に弱いところがあって、なかなか結果を出せずにいましたが、予選とはいえ、とりあえずトップ。

「勝ちきる」ということに慣れていない翔にとっては、いい経験になったと思います。

私は、まったくゴルフをやらないので、「親にやらされている子」に比べると極端にラウンド経験が少ないので、無理もないとは思います。

が、それにしても、精神的に弱すぎる!

私が育ったころの浦和というのは、サッカーの全盛時代。現在は先輩、同級生、後輩がサッカー協会で活躍中。

協会の話題、全日本の試合などを見ていると、必ずと言っていいほどテレビ画面の中に知ってる顔を見ます。

そういう時代に育っていると、「勝つ」ということの意味というか、「勝ち方」というか、そういうものをどこか身体の中で感じることができます。

どうも翔には、そういうものがない。

「おいおい、そんなことやってたら、勝てるわけないだろっ!」いつもそんな感じです。

スポーツっていうのは、基本的にはゴルフでも、サッカーでも同じだと思うわけ。

「勝ちきる」ことができないと、なかなか芽が出ない。

どんなに才能があって(翔に才能があるかは何とも言えないけれど)も、才能だけではね。

なかなか勝ちきれなかった翔が、これで一皮むけてくれるといいんだけどね。

去年の県アマ(?)かなんかで、今、話題の石川遼くんとも一緒に回ったことがあるらしいけど、彼のようにプロと一緒の試合で、勝ちきるくらいの精神的強さがほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)