« 【子育てはお好き? -専業主夫の子育て談義-】第312回「喫煙」 | トップページ | 【子育てはお好き? -専業主夫の子育て談義-】第314回「危機管理 その2」 »

2024年4月 5日 (金)

【子育てはお好き? -専業主夫の子育て談義-】第313回「危機管理」

秋葉原連続殺傷事件、岩手・宮城内陸地震とまったくその性質は違うけれど、連続して多くの人が犠牲になる事件、事故が起こりました。
秋葉原の事件が第一報として伝えられたとき、思春期以降のお子さんを持つ親の誰もが、「うちの子は巻き込まれていないだろうか」と心配になったのではないかと思います。うちの翔(かける)の通う大学も秋葉原からすぐ近くなので、「翔は大丈夫だろうか」そんな心配がまず頭をよぎりました。亡くなった叔父が、生前秋葉原デパート(駅から直接入れるので大変便利なデパートでしたが、時代の流れというのでしょうか、秋葉原の急激な変化の中で、惜しまれつつ閉店しました)に勤めていたので、私自身何度も秋葉原を訪れ、叔父のところでスーツを作ってもらったり、一緒に食事をしたりと、身近なところだけにその驚きは大きいものでした。陶芸の生徒のKさんも「お茶のお稽古にしょっちゅう行ってるところなのよね。事件の前の日もあそこの交差点を通ったので、テレビに現場の映像が流れたとき“あっ、あの交差点知ってる”ってびっくりしたのよね。私が巻き込まれた可能性だってあったんだもんね」とおっしゃっていました。
さらに時間が経つにつれ、被害者の身元がわかってくると、その被害者のお一人である「宮本直樹」さんが、蕨市北町の人であることがわかりました。蕨市北町というのは、我が家のある川口市芝富士とは、道路一本隔てたお隣。とても小さな地域なので、毎日のように買い物に行くところです。しかも報道によると葬儀もさいたま市内で行われたとか。そんな身近な地域の若者が亡くなったということが、この事件をますます身近なものに感じさせることになりました。
「あれっ、地震じゃない?」
岩手・宮城内陸地震は、そんな朝の会話から始まりました。布団の上に転がりながら、パソコンをいじっていた私が、ベランダで洗濯物を干している妻に声をかけました。
「そう?」
「めまいがしたのかと思ったけど、ほらっ!蛍光灯が揺れてるから地震じゃない?」
隣の部屋からやってきた孫の蓮(れん)が、
「ばあちゃん、地震だよ。だって、向こうの部屋も電器が揺れてるよ」
そのときは、そんな会話で終わっていました。いつもなら、地震が来るとすぐ「テレビつけて」と各地の震度を確かめるのですが、今回の地震はちょうど朝の忙しいときだったこともあり、それほど大きな地震という意識もなく、「このごろ地震が多くない?」などと話をしただけで、そのまま仕事に出てしまいました。インターネットでニュース速報を見たとき、その地震の規模に驚きました。そして、母が13日(地震の前日)から1泊で、盛岡のつなぎ温泉に泊まっていたことを思い出しました。震源は岩手県南部のようで、どうやら盛岡は被害がない様子。旅館の連絡先もはっきりと聞いていなかったし、携帯も持たない母に連絡のしようもなく、「何も連絡がないということは、何でもなかったんだろう」と勝手に解釈をして、ニュースに耳を傾けていると、お昼前に深谷に住んでいる妹から「お母さん、なんか言ってきた? どこに泊まってるか、知ってる?」と電話がかかってきました。「盛岡のつなぎ温泉って言ってたから、大丈夫だろっ。なんかあれば連絡入るよ」と電話を切ると、しばらくして今度は実家に母と住んでいる弟から、「今、おふくろから連絡あって、大丈夫だって。でも電車が動いてないから、駅で足止めくってるんだって」と電話がありました。今回の地震は、毎年妻の両親と紅葉狩りに出かけて、何度も通ったよく知る場所。やはりそういった場所の映像が流れると人ごととは思えず、「もし紅葉シーズンだったら巻き込まれていたかも」と考えてしまいます。しかもたまたま母が混乱に巻き込まれ、駅で待っていると聞かされるとなおさらです。一日中、カウンセリングと教育相談で地震の情報を夜まで知らなかった妻に仕事が終わった後、地震の被害を伝えると、夜遅くなってしまっていましたが、岩手に住む従兄弟と知り合いに電話をして、無事を確かめていました。
子どもが事件や事故に巻き込まれる可能性というのはそう多くはないけれど、ゼロということはありません。身近で事件や事故が起こったときには、そういったことを意識するけれど、どうしても「人ごと」で終わりがち。そうかと思えば最近では、心配するあまり子どもをがんじがらめにしてしまう親も見かけます。度を超さない危機管理を普段からしっかりしておくことは重要ですね。とは言え、いきなり事件に巻き込まれるという事態から、どう身を守ればいいのか、私自身できる自信もなく、子どもたちに教えることの難しさを感じる毎日です。
昨日(地震の翌日)の朝、実家に電話をしても留守。お昼過ぎに母から電話があり、結局新幹線が動かなかったので、前の晩に泊まった旅館に連絡をしてもう一晩泊まったそうです。「一晩余計にゆっくりできてよかったよ。地震の時は8階の部屋にいたからちょっと怖かったけどね」と母はケロッとしたもんでした。
 
 
※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、地域情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。

| |

« 【子育てはお好き? -専業主夫の子育て談義-】第312回「喫煙」 | トップページ | 【子育てはお好き? -専業主夫の子育て談義-】第314回「危機管理 その2」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。