« 【子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー】第317回「続・教員採用試験をめぐる贈収賄」 | トップページ | 【子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー】第319回「公立小中学校に対する親の満足度上がった?」 »

2024年4月13日 (土)

【子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー】第318回「プチプラ」

大学に入学してすぐ悩むのは、第二外国語を何にするか。私も悩んだんですけど、高校の時音楽部に所属していて、フランス語の曲を歌ったことがあるんです。なんていうタイトルだったか、もう忘れちゃいましたけど、そのときそれなりにフランス語を勉強した(と言っても発音だけで、まったく意味不明。もちろん訳詞はありましたから、全体の意味は概ねわかるんですが、単語の意味なんて全然わかんない。どれが動詞でどれが名詞かなんてさっぱり。歌を歌うのにそんなことじゃいけないんでしょうけどね。
週に2コマを2年間やったわけですけど、音楽部で発音をやったレベルからまったく進歩がなくて、どんな文章でも一応読むには読める(意味がわからないんだから本当は読めるとは言わないんだろうけど、まあおおよそ声に出して発音できるということで…)んですけど、相変わらず意味不明。試験の問題は、長文がダーッと書いてあって、「訳せ」っていうだけなんですけど、文章の頭の「Vingt  ann ées」(ヴァンタァンズ)、「20年間」というところしか訳せなくて、授業には比較的出ていたとはいえ、「ああこれで終わったな」と思いきや、なんとそれで単位をくれちゃったんだから、そのときの担当教官には足を向けて寝られません。
他に覚えた単語が「maison」(メゾン 家)、「petit」(プチ 小さい)、「fille」(フィユ 女性)、「garçon」(ギャルソン 少年)、「salon」(サロン 客間、店…)など
要するにすでに日本語としても扱っていいくらいの単語しか覚えていないっていうことですよね。まったくどうにもならない学生だったっていうことですかねえ。まあそうは言っても、いま経営している陶芸教室は「Salon de flamme」(サロン ドゥ フラム)「炎の部屋」(flamme には「炎」の他に「目の輝き」とか「情熱」なんていう意味もあるし、salon にも「部屋」という以外に「美術展・展覧会」なんていう意味もあるので、陶芸教室にぴったりだと思ってつけたんです。ところが、最初のころは美容室と間違えてくる人がたくさんいてちょっと困りました)なんていうフランス語の名前をつけちゃってるわけだから、フランス語を取ったことがまったく無駄だったわけではないんですけどね。
私がフランス語を習ったのは30年前。そのころは、外来語といってもほとんどが英語で、フランス語なんてほんの一部でしかなかったけれど、今ではけっこう街の中にあふれていますよね。もちろん外来語の中心は英語ですけど、ケーキ屋さんとか花屋さんとか美容室とか、あるいはマンションの名前とか…。うちの名前と同じでよく意味はわからないけど、「なんとなくフランス語だ」なんていうの、結構ありますよね。
若い世代は、そんな外来語を英語だろうがフランス語だろうが、適当にくっつけちゃって「プチプラ」なんていう言葉を作っちゃったりする。どんな意味だかわかりますか? 「プチ」はもちろんフランス語の「petit」で、「小さい」という意味ですね。「プラ」は英語の「price」で、「価格」っていう意味です。これを合わせて「プチ・プライス」。小さい価格、価格が小さいっていうことで、「安価な」とか「少額の」っていうことを表すらしく、「おもに若い女性が購入するファッション・アイテムや化粧品、雑貨などを対象に、高価ではないが素敵なものをさす言葉」なんだそうです。女子中学生や女子高生の買い物のキーワードになっているんだとか。
外来語ではないけれど、略語も氾濫していますよね。「KY」っていったい何かと思っていたら「空気読めない」なんて、こんなのわかります? ただ単に、単語の頭の子音を取っただけでしょ。何にも意味ないわけだから、知らないとまったくわからない。
「オシム」には、びっくりしました。てっきり、サッカーの日本代表のオシム前監督のことかと思ったら、「惜しいけど、無理」なんだそうです。子どもたちの間で使われ出した言葉で、「無理っ」ではちょっと言葉がきついので、「惜しいけど」をつけることで、「無理」をちょっと和らげようというねらいのようです。最近では、子どもが親に向かっても使うとか。「無理っ!」では怒られちゃうけれど、「オシム」って言うことで、「やりたいっていう気持ちもあるんだけど」というニュアンスを加えて、しかも「オシム」ということで「無理」という言葉が消えるので、相手は否定された感じがしない。
子どもの知恵っていうのはすごいですね。
次から次へと新しい言葉を生み出す、子どもたちの想像力には脱帽です。とはいえ、子どもの想像力も「KY」や「オシム」では、今ひとつというところでしょうか。子どもたちもしっかり英語やフランス語でも勉強すれば、もっとモダンな造語が生まれるかもしれませんね。
 
※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、地域情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。

 

| |

« 【子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー】第317回「続・教員採用試験をめぐる贈収賄」 | トップページ | 【子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー】第319回「公立小中学校に対する親の満足度上がった?」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。