« 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第148回】 「学校の安全」 | トップページ | 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第150回】「最近の政治家の発言」 »

2019年11月14日 (木)

【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第149回】「学校の対応」

歴史のある大学附属高校とのやりとり。
「うちのクライアントの××さんが内部進学の基準のことで精神的に非常に不安定になっいます。カウンセリングをするに当たって、本人からの情報だけでなく、学校からの情報もお教えいただけないかとお電話をさせていただいたのですが。もちろん、学校のお立場として、お話しいただけないこともあろうかと思いますので、お話しいただける範囲でけっこうなのですが…」

このお嬢さんのことでは、すでに一度修学旅行の件で、お母さんと一緒に学校を訪問したことがありました。リストカット(手首や腕を刃物で傷つける行為)とオーバードーズ(精神安定剤や睡眠導入剤などの薬物を規定量以上に飲んでしまうこと)があるということで、学校は修学旅行へ参加させることを躊躇していましたが、校長先生にお会いして、カウンセリングによる成果と危険がない旨を丁寧にお話しし、なんとか修学旅行に参加することができました。もちろん、なんの事件もなく九州のおみやげを持って無事帰ってきました。
以前から、保健室の利用が頻繁で、学校としても対処の仕方に困っていたところだったらしく、校長先生は“何か問題があったらいつでも学校にご連絡ください”と言ってくださいました。そこで、内部進学の件の電話になったわけです。

最初に電話に出た先生にざっと要件をお話しすると、進路担当の先生に替わってくださいました。
「××のことは私も聞いています。内部進学の基準のことでしたら、学部によって違いますが、人気のある××学部なら評定平均××点(学校から出される各教科の5段階評価を合計し、科目数で割ったもの)以上、人気のない××学部は、年によって変わるのではっきりしたことは言えませんが、おおよそ××点くらいで内部進学できると思います。これは、他の者ではわからないので、進路担当の私しかお話しできないことですから。私、まだ昼食取ってないので、これで失礼します」
“進路担当の私しかお話しできないこと”は、クライアントの××さんから聞いた話以上のものは何もありませんでした。
もう少しこちらの事情をお話ししようと、
「××さんの…」
と言いかけると、
「私、お昼をまだ食べてないので」
と一方的に切られてしまいました。

電話をかけてからほんの2、3分のやり取りで、一方的に話をされただけ。こちらとしては、まだ何も話をしていないのでもう一度かけ直すと、さっきかけたときと同じ先生がまた電話に出て、
「××先生はお忙しいんですよ。まだ、お昼も食べてないんですよ」
と切られてしまいました。この時は12時40分で、当然こちらもお昼を食べていなかったわけですが…。
仕方なくお忙しいとは思いながら、校長先生にお電話をすると、
「××先生はお忙しかったんじゃないですか」
と自分の学校の教員をかばうばかり。
「校長先生も××さんの状況はご存じじゃないですか。何でもお電話くださいということでしたから、お電話をさせていただいているのに、お昼を食べてないということで、こちらが何もお話ししないうちに切られてしまうのでは困ります」
とこちらが話すと、校長先生から返ってきた言葉は、
「私がどうすればいいんですか?」
でした。
おいおい、それはそっちが考えることだろっ!

学校が終わってやってきた××さんに学校とのやり取りを話すと、
「うん。いつもそんな感じ。相談に行ったってしょうがないよ。だから、誰も行かないの。私たちがお昼を食べてなかったりすることはおかまいなしだけど、先生たちはお昼食べてないとだめなんだよ」

あああ、教員との信頼関係はどうなってるんだろう?
相談にも乗ってくれない先生の言うことを聞けと言っても、無理な話ですよね。 


**2月28日(月)掲載**


※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、タウン情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。
 

--------------------------------------------------------------------------------
   今の学校は 2005/03/03 14:21:23  
 
                      みっちゃん

 
  みんなそうなんじゃないですか?
先生は当てにならないです。

ほんとに話を聴いてくれないし
見下したような態度だし(生徒を)

うちの子だって、あわや、死に掛かったというのに。

今日は3年生はディズニーランドだそうです。
校外学習?

もっと他にすることあるんじゃないかな。

 

※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、タウン情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。     
 
 

--------------------------------------------------------------------------------
   学校と社会 2005/03/04 9:42:57  
 
                      ちぃまま

 
  先日、小学校の入学説明会に参加したところ、学校と社会の常識は違うということを痛感しました。
配布された書類を確認せずに、話を始めたので驚きました。また説明のない書類が入っていました。
その後、分からないことがあり電話で問い合わせをしたら、担当の教諭がいなかったので、電話口に出られた先生が「(担当の先生に)内容を伝えておきます。2、3日後に電話してください」とおっしゃったので、3日後再び電話をかけると、担当の先生に伝言が何もされていず、驚きました。

「伝言」すらできず「社会と常識が違う」ところだとおもい、通わすのが不安になりました。
子供が学校に通いたくないといいだしても、仕方が無いと思ったほどです。
 
  
元の文章を引用する
 

--------------------------------------------------------------------------------
   社会とのズレ 2005/03/04 13:28:13  
 
                     
                              http://www.ed-cou.com大関直隆

 
  まったくお二人がおっしゃっている通りだと思います。
学校というところは、社会の中で自分たちが置かれている状況にあぐらをかいて、
威張っている上にちゃらんぽらん。
それで通ってしまうのだから、いろいろな問題が起こってくるのは当然です。
文句を言っていく親がいれば、「非常識な親が増えてきた」と切り返す。
百歩譲って”非常識な親が増えてきた”としても、
そういう親たちを教育してきたのも学校だろって言いたくなる。
もちろんすべての責任が学校にあるなんて思っていないし、
本当によくやっている先生方もたくさんいるんだけれど、
学校の悪さっていうものは、何人かの”いい先生”ではカバーできない。
しかもその俗に言う”いい先生”っていうのが、
生徒や親にカッコをつける目立ちたがり屋のスタンドプレーが好きなだけの、
”ある生徒”にとっては害になる先生のこともある。
学校はもっと自分たちのやっていることに責任を持つべきだし、
それだけ重い仕事であることを真剣に考えてほしい。
こういう言い方をすると、生徒に対する管理を強めるだけになってしまうので、
言い方が難しいですけれど、
要するに教員は楽をするなっていうことです。
”楽じゃない”って切り替えされちゃうので、
こういう言い方も難しいかな?
自分たちの置かれておる立場を理解せずに、
簡単にそう切り返せる教員の感覚が、世間ズレしているんだと思うんですけどね。
もっと社会の現実をきちっと見てほしい。
142回と143回で登場した学校は、
あの話の後、窓ガラスが割られるという被害を受けました。
学校のやり方に反発している子どもたちを、
”病気”として片付けてしまえば、学校の安全は保たれなくなります。
今、本当に学校がしなければいけないことが何なのか、
猛省の上に、よく考える必要があるのではないかと思います。
さっき、ネットに埼玉県の教育委員会が校長研修の際の講師に、
”体罰やわいせつ行為の被害にあった子どもの親を招くことになった”という記事が、
配信されてきました。
やらないよりはいいけれど、被害者がはっきりしているような事件というのは、
かなりひどい先生が起こした特殊な事件であって、
問題なのは、日常的に行われている普通の先生の普通の生徒指導が問題なんだということを、
一刻も早く、教育行政を司っている人たちに知ってもらいたいですね。

|

« 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第148回】 「学校の安全」 | トップページ | 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第150回】「最近の政治家の発言」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第148回】 「学校の安全」 | トップページ | 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第150回】「最近の政治家の発言」 »