« 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第140回】「ゆとり教育の転換」 | トップページ | 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第142回】「学習障害と注意欠陥・多動性障害」 »

2019年11月10日 (日)

【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第141回】「世界中のお父さんが苦労してるだろうね」

クリスマス
「キャストはどうする?」
「えっ!? 今年もやるの?」
「そりゃそうだよ」
「だったら翔(かける)がやるしかないよ」
「そうだよね」
「ところで、まだあの服あるの?」
「ちゃんとしまってあるよ」

24年前、中華料理屋さんが廃業したとき、お店で使っていたいろいろなものを引き取ったことがありました。その中に入っていたのがサンタの衣装。子どもの成長とともに、そのサンタの衣装が大活躍。最初は真(まこと)と麻耶(まや)が幼稚園のころ。そして翔が幼稚園のころ。
真っ暗にした部屋の中で子どもたちが布団にもぐっていると、どこからともなく鈴の音が聞こえてきます。枕元に近づいたサンタクロースは、そっとプレゼントを置くと再び鈴の音を鳴らしながら去っていきます。サンタクロースが私だっていうことがわかりそうになるとキャストが替わります。努(つとむ)がやったこともありました。プレゼントをもらう側だった真がやったこともありました。
このサンタクロースは小さなものから大きなものまでいろいろな物を運びました。自転車を運んできたときはサンタクロースの方が大騒ぎ。
「ちゃんと通れるように、ここはあけとかなくちゃだめだよ」
と、ほんの一瞬のことのために、家中の物を大移動したことも。
私の演技が上手かったのか、うちの子どもたちはすっかりサンタクロースの存在を信じてしまったらしく、小学校に上がったあとに「サンタクロースってほんとにいるんだよね」と言われたときはさすがに「ちょっとやり過ぎたかな」って反省したりして…。
そしてとうとう今年は代替わり。翔サンタの登場です。翔サンタが孫の蓮(れん)と沙羅(さら)のところにプレゼントを持ってくることに。
24日は麻耶が朝から蓮、沙羅を連れてプレゼントを買いに行きました。
「ここのお店の店員さんからサンタさんに伝えてもらおうね」
とかなんとか言って、品物をお店に取り置きしてもらったとか。それをあとからおじいさんとおばあさんが取りに行って、そして翔がサンタクロースになるんだから大変です。まったくよくやるよって感じ。
蓮くんと沙羅ちゃんが布団に入ってじっとしていると、
「メリークリスマス!」
とサンタさんがやってきました。
「あっ、かっくんがサンタさんやってる!」
といきなり蓮に叫ばれる始末。まったく何やってんだよ! メチャメチャ演技が下手!
翔は慌てて自分の部屋の布団に潜り込みました。
「そうかなあ? かっくんは部屋で寝てるよ」
翔の部屋まで行って寝たふりをした翔を見た蓮は、ちょっと奇妙な顔をしました。しばらくして、翔がリビングまでやってくると、蓮が翔に向かって、
「サンタさんが来たんだよ」
ちょっと胸をなで下ろして、蓮はあと何年そう思っているのかなあ? いくつになってもそういう気持ちを忘れないでいるといいんだけどね。
サンタクロースを必死で演じた翔は、
「世界中のお父さんが苦労してるだろうね」
と一言。
世界中のお父さんがそう思っていてくれるような、そんな世の中ならいいんだけどね。

お正月
「今年は忙しくておせち料理作れなかったね」
と言うと、孫の蓮が会話に割り込んで、
「蓮くん、たこ作る」
「?」
酢だこを頭に浮かべちゃった私は一瞬何のことか理解できませんでした。
“凧”を“蛸”と思っちゃうようじゃ、ちょっと寂しいね。
凧を作るのはけっこう大変なので、熊谷にある妻の実家に新年の挨拶に行ったとき、蓮に凧を買って帰ってやろうと思いました。実家のすぐ前にある小さなスーパーで、
「凧ありますか?」と聞くと
「置いてないんですよ。今は凧揚げする子いないんじゃないですかねえ」
「そうですよね、場所ないですもんね」
「この辺は荒川の土手に行けば揚げられるんですよ。でも最近の子どもたちはTVゲームじゃないですか」
ああ、そういうことか。うちの近所の様子しか頭に浮かばなかった私は、どうやらとんちんかんなことを言っちゃったみたい。
とりあえずコンビニで洋凧を買って帰ってやったけど、うちの周りに土手はなく、やっぱり凧は揚げられませんでした。
凧を作ろうっていう孫の気持ちに充分に応えてあげられなかったかな? 今度はコンビニの凧じゃなくて、なんとか時間を作って手作りの凧を揚げに土手まで連れって行ってやろうかな…

※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、タウン情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。

|

« 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第140回】「ゆとり教育の転換」 | トップページ | 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第142回】「学習障害と注意欠陥・多動性障害」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第140回】「ゆとり教育の転換」 | トップページ | 【「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」第142回】「学習障害と注意欠陥・多動性障害」 »