« 第110回「安全特区」 | トップページ | 第112回 「緊急のお願い」 »

2019年10月15日 (火)

第111回 「身体の健康・心の健康」

「努! 靴!」
「・・・」
「何やってんだよ! 靴のまま上がってくる奴があるかよっ!」
「あっ! そうだっけっ! 日本は家に上がるとき靴脱ぐんだっけね。タハハッ、ついね…。最近靴脱ぐ習慣がないからね」
「あほっ! カッコつけてんじゃないよっ!」
フランスにダンスの勉強に渡って5年、初めて努(つとむ)が帰国したときのことです。もちろん、玄関で靴を脱ぐことなど本気で忘れているわけもなく、ちょっとしたジョーク。マンションの自分の部屋に水槽を持ち込んでその中に長芋の切れ端を植えて部屋中蔓だらけにしたり、毎日フケをノートの上に落としては、1ヶ月分を集めてフケの量を量ったり…。子どものころからそんなことばかりしていました。努っていう子は、いくつになってもそういう子(もちろんこの時にはもう大人と言っていい年齢でしたけど)です。

 5年ぶりに一家が揃っての食事。努がいることで、みんなそれなりに興奮しているので、いつもよりやや大きめな声で話します。帰国した努が主役になることもなく、弘子をはじめ、真、麻耶、翔、それぞれが主役になるべく、一斉に話し始めました。
「ねえ、ねえ、ねえ、今日ねえ…」
「だからさあ、××××がさあ、××だったんだよ」
「これ、美味しいねえ!」
食卓の上を、さまざまな話が飛び交います。誰と誰が話しているのか、全然わかりません。けれども、それなりにみんな話が通じているらしく、なんとなくではありますが、話が展開しているようです。すると突然努が、
「うるさいんだよ! ちょっと黙ってよ! 僕が話しできないじゃないか!」
「・・・」
一瞬、みんな黙りましたが、それもほんの1秒か2秒。その一瞬の沈黙が終わると、また元のようにワイワイガヤガヤ…。
「だから、黙っててっ言ってんの! 話できないじゃないか!」
「??? なんで? 話せばいいじゃん!」
っていうような具合で、みんなの話が一段落して、努の話を聞き始めるまでには30分かかりました。
「まったくなんなんだよ、ここんちは!」
ところが帰国2日目。今度は努の声が食卓の上にいちばん大きく響き渡ります。どうやら5年間のブランクは1日で取り戻したらしく、すっかりわが家のペース。人と人とのほんのわずかな話の隙を突いて、割り込むコツを呑み込んだようでした。

 子どもたちがそれぞれ独立する前のわが家は365日だいたいこんなふう。
妻がフルタイムで働いているわが家にとって、夫婦のコミュニケーション、親子のコミュニケーションはこうして図られていました。夕飯の時間は毎日おおよそ2~3時間。TVもつけずに行われる家族の団らんは、家族が家族として機能していくためには、どうしても必要な時間でしたので、まだ小学校の低学年だった翔でさえ、夜11時過ぎに起きていることもしばしばでした。

 つい先日、あるお母さんに担任から“子どもを9時に寝かせるよう”注意されたという話を聞きました。やはりフルタイムで仕事をしているそのお母さんにしてみれば、9時から10時というのは、子どもとのコミュニケーションには欠かせない時間。コミュニケーションを犠牲にしてまで9時に寝かせることが本当に子どもの健康に配慮することなのか???
 低学年のうちは、やたらと早く寝かせることにこだわっている小学校も、高学年になって塾通いが当たり前の学年になると、10時、11時に塾から帰ってくる子どもたちを個人の問題として容認する。塾通いというのは“学校は勉強を教えてくれない”という保護者や子どもたちからの学校批判の意味も込められているのに…。

 子どもの健康ってなんなのか、よく考えてみるべきなんじゃないのかな? 一律に9時に寝て6時に起きるなんていうのは、もう今の時代にそぐわなくなってきちゃってる。おそらく、そう指導した担任の先生の家も、もし子どもがいる方だとすれば、9時になんて子どもを寝かせてるわけないよね。やっぱりフルタイムで働いているんだもんね。


**5月31日(月)掲載**

※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、タウン情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。

|

« 第110回「安全特区」 | トップページ | 第112回 「緊急のお願い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第110回「安全特区」 | トップページ | 第112回 「緊急のお願い」 »