« 第107回 「変な画家 その2」 | トップページ | 第109回「ジェンダーフリー その2」 »

2019年8月30日 (金)

第108回「ジェンダーフリー その1」

 「ジェンダーフリー」ってなんだかわかったようなわからないような言葉だけれど、99年に男女共同参画社会基本法が成立して、一気に広がった言葉だ。
それが最近批判の矢面に立たされているらしい。

「危険な思想だ」
 03年9月、石川県議会の一般質問。宮元陸県議(47)が言い放った。
新宅剛・県民文化局長が答弁する。「県が新たに作成する文書で『ジェンダーフリー』の使用は控えます」翌月、「男女共同参画推進条例を、ジェンダーフリーと称する過激な思想運動に利用されてはならない」とする請願も採択された。(5月2日 朝日新聞)

 02年11月。参院内閣委で、当時男女共同参画担当相だった福田官房長官が「男らしさ女らしさは性別がある限りある」と答弁した経緯があって、その辺りから「ジェンダーフリー」が悪者にされてきたようだけれど、「ジェンダーフリー」っていう言葉をねじ曲げて解釈しているようで、どうも納得がいかない。

 「ジェンダー」という言葉の意味を調べてみると、「文化的・社会的につくられる性、性別、性差のこと。男女の主として外性器官の形態上の差などによる、いわゆる生物学的性差をセックスというのと区別して使われる」(イミダス)というわけだから、「男らしさ、女らしさは性別がある限りある」という言い方が「ジェンダーフリー」をある意味で否定することを目的に使ったのだとすれば、「ジェンダー」の意味すらわかっていないことになる。

 つい先日、小学館から「主夫についてのアンケートに答えてほしい」と電話があった。私は見たことがないのだが、主夫ものの漫画があり、テレビ番組も始まったらしい。それに関連して主夫からアンケートを採っているという。
「大関さんは主夫をなさっているそうですが…」
 おいおい、こいつ全然わかってねえよ! 「主夫」っていうのは、ほぼ私から始まったような言葉なのに。
「主夫について、いろいろとこちらから質問をさせていただきたいのですがよろしいでしょうか?」
 そりゃあ、別にかまわないけどさ、「主夫」っていうことがほんとにわかってるのかなあ???
「男の主夫の特徴ってありますかねえ?」
 ほーらきたっ!
「いや、別に主婦(主夫)だから、特別なことはないですよ。要するに普通は女の人がやってる家事を男だけど普通にこなしてるだけだから…。洗濯して、掃除をして、食事の支度をして、基本的にそれの繰り返し。それが主婦(主夫)でしょ。最近、リストラされて職を失ったから仕方なく、家事をやってるっていう男の人が『私は主夫です』なんていうケースが多いみたいだけれど、形の上では主夫でも、私の感覚では本来そういうのは主夫って言わないような気がするけどね。たまたま、現時点でそうなってるっていうわけでしょ。前にも、『男女共創社会を考える』っていうシンポジウムでご一緒した主夫の方が『今はリストラされて職がないので妻に養われているけれど、私の将来の夢は妻と子どもを養うことです』って言ったんですよ。それってなんか違和感あるんです。働きたいっていうのはわかるけど、一般的に言って主婦の方が『夫と子どもを養うことが将来の夢』って言わないでしょ。そう考えると、主夫って言ってもやっぱり主婦ではないんだなって。そういう意味では私は主婦だったから」
「はあ、なるほど…。なんだかちょっと今まで私がお話を伺ってきた方たちとちょっと違うみたいだなあ。こちらで用意したアンケートの質問だと無理かもしれません。あのう、大関さんてお子さん育ててたわけですよねぇ? 男が主夫をやってると、例えば夜すごく飲んじゃって、翌日の朝お子さんを幼稚園とか保育園とかに送っていくのが大変になっちゃうなんてことありませんでしたか?」
「だからね、そういうのって主夫じゃないの。それは外で働いてる男がすることでしょ。主婦っていうのは次の日に子どもを送って行けなくなっちゃうほど、飲んだりはしないよね。基本的に主婦が酔っぱらうっていうのは認められてないでしょ。それに子どもを育ててる時って、もし飲んだときに子どもの具合でも悪くなったら、車で病院にも連れて行けなくなっちゃうし。だから、飲むっていうことはほとんど考えられない」
「あっ、そうかあ。言われてみればそうなんだけど、なんだか新鮮な驚きだなあ…。今まで全然そんなふうに考えなかった…」
とほほっ、主夫のアンケートだって言ってこのレベルだからねえ、ちょっと困ったもんだね。
堅くなったり、やわらかくなったりだけど、「ジェンダーフリー」の話は、次週につづく


**5月10日(月)掲載**

※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、タウン情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。

|

« 第107回 「変な画家 その2」 | トップページ | 第109回「ジェンダーフリー その2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第107回 「変な画家 その2」 | トップページ | 第109回「ジェンダーフリー その2」 »