« 第106回「変な画家 1」 | トップページ | 第108回「ジェンダーフリー その1」 »

2019年7月 9日 (火)

第107回 「変な画家 その2」

「私の妻はナースをしていて、週に2回は私が子どもの世話をしてた」
プライスが言いました。
(本当はプライスが言ったんじゃなくて、通訳の大谷さんが言ったんだけど、一応通訳は影に隠れてもらって。でも、ここの部分はプライスがそう言ったのがわかったんだけどね。「おお、何て言ったかわかったよ」なーんて感動しちゃったりして…。ちょっと次元が低いね)

「ちょっとの時間ならいいけれど、小さい子どもを一日ずっとみるって大変ですよね。毎週みてたんですか?」
「そうそう。妻はずっと働いているからね」
「少し大きくなってからならいいけれど、小さいうちはほんとに大変ですよね。ちょっと目を離すと何をしでかすかわからない」
「そうそうそうそう。ずっと子どものあとについていかないとね」
「私が子どもを育てることでいちばん大変だったのは、とにかく休めないこと。具合が悪いからちょっと横になりたいと思っても、子どもはそんなことおかまいなし。熱があろうが下痢をしてようが、子どもには必ず食べさせなくちゃならないわけだから、具合が悪いなんて言ってられない」
「そうそうそうそう!! 私もずいぶん経験したよ。でも、子育てって楽しい!」
今度は私が、
「そうそうそうそう!! 日本のような社会の中で男性が子育てにかかわれないのはかわいそう」
「イギリスでは男性が子育てにかかわることはそんなに珍しい事じゃない。女性が働いていれば当然男性が子どもをみることになるわけだから…」
「ずいぶん変わったとはいえ、日本の場合は、子育てについてはほとんど専業主婦の仕事ですからね。その背景には、男女の賃金格差の問題とかがあって、男性が関わりたいと思っても、日本ではそう単純にいくものでもないんですよ。女性が男性と同等に働く機会が与えられて、さらに女性が働こうという気持ちになる。そこまでの環境が整って初めて、男性の“子育てにかかわろう”っていう気持ちが問題になる。日本でも、妻が出かけてるちょっとの間を夫が埋めるというところまでは来てるけど、“子育て”っていうレベルからはほど遠い。ちょっと穿った見方をすれば、“子育て”という方にウェートがあるんじゃなくて、“女性が子育てから逃れる”方にウェートがあって、子育ての穴を男性が埋めてるって感じ。それはそれでいいんだけど、今プライスが言ってる“子育てって楽しい”っていうこととはちょっと方向が違うような気がする」
「そうね。直隆の言うことはよくわかる。たぶんその通りだと思う。子どもを押しつけられるっていうことじゃなくて、子どもをみる権利があるっていう意識の問題だよね」
「もうずいぶん前の話になるけど、イギリスの議員が国会の議場に赤ん坊を連れて行ったっていうことが話題になったことがあったけど、あれにはちょっとビックリした」
「私にはちょっと記憶がないけれど、充分あり得るだろうね。それはイギリスでは許容されることだと思う」
「イギリスでは記憶に残らない程度のことっていうことかなあ??? 私はすごくよく覚えてるけど」
「そうかもしれない」
「男がごく普通に子育てができるようになるには、そういう社会の成熟っていうか、意識の成熟っていうか、そういうものが必要なんだろうね」
「まあそういうことなんだろうね」
結局、2時間もしゃべっちゃいました。

「パーティを開いても、妻は流しに食器を積んでおくだけ。私がやればあっという間にすごくきっちり片付くんだ」って、威張ってみせるプライスは、私より2歳年上の48歳。でも、とってもかわいい無邪気な坊やのようでした。
秋にはまた来日の予定です。今度はどんな話をしようかな???
秋までには、英語を勉強しとくからと言ったら、
「おお、私も日本語を勉強しておかなくちゃ」
と言っていました。

**4月26日(月)掲載**

※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、タウン情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。

|

« 第106回「変な画家 1」 | トップページ | 第108回「ジェンダーフリー その1」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第106回「変な画家 1」 | トップページ | 第108回「ジェンダーフリー その1」 »