« 第104回「発想の転換」 | トップページ | 第106回「変な画家 1」 »

2019年6月10日 (月)

第105回「イラクの人質事件」

こういうコーナーに政治的な話が不向きなことはよくわかっていますが、子どもを育てている親として、これだけ大きな問題に触れないわけにはいかないので、イラクの人質事件について、述べることにしました。

昨日(11日)未明、「24時間以内に無条件解放」の情報が流れてから、まもなく24時間が経とうとしています。昨夜、仕事から帰ってずっとTVのニュースに注目をしていましたが、午前2時(12日)を過ぎた時点でも未だに「解放」のニュースはなく、たった今、ネット上のニュースにアル・ジャジーラTVを通して犯人側から突きつけられた新たな3つの条件がUPされました。その内容は、

一、日本の外務副大臣がファルージャを訪問し、米軍が行った虐殺と集団墓地を視察する。

一、日本政府がイラク国民の大義に関する公式の立場を表明し、イラク国民に謝罪する。そして、日本の軍隊(自衛隊)をイラク領土から撤退させる。

一、日本政府に24時間与える。これは延長されない。1人目の人質は、この24時間が過ぎれば殺される。取引の余地はなく、残りの人質もその後12時間で死を宣告される。

というもの。たった今、午前3時のニュースでその内容の信憑性は低いとの政府の見解が示されましたが、何が根拠なのやら…。

今の状況で、日本政府が自衛隊を即時撤退させられない立場もわかります(私が政治家でもおそらく撤退させないだろうという程度に)が、「撤退させないことが当然」という政治家の雰囲気がとても嫌です。

自衛隊を派遣する段階で、「今回のような事態を想定していたのか」と問えば、おそらく政治家でなくとも、「あり得る」と考えていたのだろうと思います。その上で、今回のような事態に自衛隊の即時撤退が考えられないとすれば、初めから民間人に犠牲者が出ても仕方がない(もっと強い言い方をすれば、“大義名分のためには犠牲者が出ても助けない”)と考えていたことになって、政治の世界のやっていることには納得がいかない。ここでまた「私が政治家なら」と考えると、おそらく日本国民を守るためには初めから自衛隊は派遣しない。ではいったい、政府(小泉首相)は何を守ろうとしていたのか? “男”のメンツ?

ここで自衛隊派遣の是非を議論するつもりはないけれど、この連載の中で常々述べてきたように、私は世の中が競争原理を中心とした“男の論理”で回るのではなく、共生の原理を中心とした“女の論理”で回っていくことを是としているので、イラク問題だけでなく、イスラエルとパレスチナの問題や世界各地で起こっている戦闘を憂慮しています。

もし、自分の子どもが人質に取られたとしたら、政府の対応は許せない。「解放」のニュースが流れたときには、「自衛隊を撤退させないという選択が正しかった」という空気になりましたが、もともと派遣しなければこういう事態そのものがないわけだから、「撤退させないという選択が正しかった」というのはちょっと違う気がする。もし、無事解放されたとしたら、それは政府の力ではなくて、これまでイラクのために働いてきたまさに人質になっている3人のこれまでの行動が解放させたと言えるのではないか…。

「イラクに行ったのは自分の意思で行ったのだから本人の責任。自分の子どもが行きたいと言っても行かせない」という意見もあるようです。それも一理あると思うけれど、もし日本にも軍隊ができれば、そうとも言えなくなる。やっぱり、私たち親にできることは、「自分の子どもを守るにはどうしたらいいか」を真剣に考えること。世界中の人たちがそう考えたら、もっと平和になるんじゃないのかなあ???

午前4時のニュースでも進展無し。
この原稿がUPされるころには、解放されていることを祈ります。


**4月12日(月)掲載**

※イラクの人質事件は、2002年のイラク戦争以降にイラク武装勢力によりイラクに入国した日本人が誘拐され、人質として拘束された事件。ここでは2004年4月に3名が誘拐され、自衛隊の撤退などを求められた後、イラク・イスラム聖職者協会の仲介などにより解放された事件。

 

※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、タウン情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。

|

« 第104回「発想の転換」 | トップページ | 第106回「変な画家 1」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第104回「発想の転換」 | トップページ | 第106回「変な画家 1」 »