« 第54回 「親の役割、教師の役割」 | トップページ | 第56回「校庭の開放」 »

2019年2月 9日 (土)

第55回 「学校の桜」

桜満開!!

3月始めに「みんなの掲示板」に桜の名所の問い合わせがあったので、氷川女体神社(さいたま市緑区)と見沼代用水沿いの桜のことを書き込みしといたけど、今日(6日)は私もそこを通っちゃった!(車だったからちょっと残念だったけど…)
いやいや、すごいすごい!!
氷川女体社の周りは人もすごいけど、桜満開!!
今度の日曜日だとちょっと遅そうだけど、まだ6、7分なんていう木もあって、今週半ばくらいまでは充分楽しめそうですよ。

私(わたし)的(たまにはこういう使い方もいいかな?)には、北宿通りからさいたま市立病院の裏を見沼代用水沿いに南へ行くコースがお奨めかな? 時間があるんだったらそのまま「氷川女体社を通って越谷街道まで歩く」なんていうのはいいと思うよ。これは歩くのが得意な人向き。もちろん「途中止まりながら車で」なんていうのも悪くないかな? でも歩ってる人にはちょっと迷惑かけちゃうけどね。

私は実家が「原山」(さいたま市緑区原山)なので、子どものころ、桜と言えば「原中」(原山中学)か「桜並木」の桜だったんだよね。もう30年以上も前の話で、原中の校舎はまだ木造。グランドが上下に分かれていて、そのグランドの周りはぜーんぶ桜。以前敷地の北側にあった校舎は建て替えられて、今では南側に。桜も越谷街道に面したわずかが残るだけになっちゃった。

「桜並木」なんてもっと悲惨。駒場スタジアム(浦和レッズの聖地。私たちは「駒場サッカー場」って言ってるけど)の北側を通って競馬場の方へ流れていた谷田川沿いの通りが「桜並木」(っていう固有名詞になってた)だったんだけど、今では谷田川に蓋をして、桜の木を切ってしまったので桜は全然残ってない…。
やっぱりちょっと寂しいよね。今ごろ残っていれば、どっちも古木でいい桜だったと思うんだけど…。

今、住んでいるのは川口市だけど、さいたま市のすぐ隣で、川口市立芝中学校からそう遠くないところ。この芝中学校は地域では有名な桜の名所で、たしか夜はライトアップしてるんじゃなかったかな? 以前は桜の時期でも学校を開放するっていうことはなかったんだけど、一連の学校開放の流れの中で、数年前から桜の時期はグランドを開放してるんだよね。

妻の埼玉大学の同級生が芝中学校の校長先生をしていた時に、「桜の時期はグランドを開放することにしたんだよ。満開の時はすごいだろ、やっぱり地域の人にも見てもらわなきゃな」って言ってたような気がする。まあ、あんまり定かじゃないけど、そんなことで校庭が開放されたんじゃなかったかな???

今朝、定期点検に車を持っていこうとして、妻と一緒に芝中学校の方向へ向かって家を出たんだけど、妻が「芝中に寄って行こうよ。学校の外を通るだけじゃなくて、校庭まで上がる(坂を上って高いところに校舎とグランドがある)とすごくきれいだよ」って言ったんだよね。
「そうだね」って私は答えたのに、無意識にその手前の道を左折しちゃったわけ。けっこう私は花を見たり、紅葉を眺めたりするのが好きなのに、なんで左折しちゃったんだろう?
そこで考えてみた。
そうしたら、わかった。
「桜並木」は桜を見るために行ったことがあるけど、原中の桜は、生徒として学校の中から見てた桜だったんだよね。特別に桜を見物に行って見たわけじゃない。
たぶん芝中の桜は、見に行くものじゃないって感じたんだよね。それはどうしてかっていうと、なんとなく学校の桜って学校っていう権威の象徴のような感じを受けちゃうから。芝中はね、妻が言うには校門のところに記帳するためのノートがあるらしい。もちろん、それが見物に訪れた人を管理するものじゃないことはわかっているけど(でも、なんのためにあるのかな? 数でもカウントしてるの?)、桜を見るのに記帳は必要ない気がする???
どうしても、「見せてやる」っていう姿勢を感じちゃうんだよね。
考え過ぎかなあ???  やっぱり学校にはどこかそんな姿勢があるんじゃないの???
見沼の桜、すごくきれいですよ。

**2003年4月7日(月)掲載**

※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、タウン情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。

|

« 第54回 「親の役割、教師の役割」 | トップページ | 第56回「校庭の開放」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第55回 「学校の桜」:

« 第54回 「親の役割、教師の役割」 | トップページ | 第56回「校庭の開放」 »