« 第40回 「なにやってんだか、未だに離婚に冷たい行政」 | トップページ | 第42回 「わが家の近くの公園」 »

2019年2月 7日 (木)

第41回 「なにやってんだか、未だに離婚に冷たい行政 その2

前回、「児童福祉手当」の話をしましたが、それに絡んでもう一件。
やっと一歳になったばかりの子どもを抱えた妊婦さんの話。

夫はあちこちから借金をしてあげく、本来は自分が使っていた職人さんに支払うべき給料数十万円を持って、どこかに逃げてしまいました。妊娠7ヶ月を過ぎているので、仕事に就くことも難しく、「児童福祉手当」がもらえないか市役所に相談に行きましたが、婚姻届けが出ていましたので、母子家庭としては認められません。

おそらく市役所の対応も紋切り調であったのではないかということは想像できるのですが、離婚が成立していないので「児童福祉手当」の支給は難しいということ、まず離婚についての相談を家庭裁判所にするようにということで、裁判所の所在地と電話番号の書かれている紙をもらって帰ってきました。

なにぶん赤ん坊を連れた妊婦が非常に後ろ向きなことで、市役所に行くのは大変なことです。さらに裁判所となるとかなりの労力がいるし、私でもそう(もう遙か遙か昔のことだけれど私は法律事務所に勤めていたことがあるので裁判所には行き慣れている)ですが、自分のこととなるとちょっと行きにくいところですよね。

そんなわけで、家裁に行ったことが無駄足にならぬよう「夫が失踪している状況でどのようにしたら離婚ができるのか」の手順を問い合わせるために、家裁に電話をしました。
その時の家裁の返事は、
「電話ではそういう相談には応じられません。電話では答えられないんですよ。とにかく来てもらわないと」
の一点張り。(実際はもっと強い口調だったらしいのですが、家裁の名誉のため?にちょっと内輪に書いておきます)

困っている人間が意を決して家裁にまで電話をしているのに、もうちょっと違う言い方ってできないのかよって思うんですが、これだけでは収まらなくて、
「そりゃあ、まず失踪届を出してもらって7年経たないとダメですね」
と言われたそうです。「とにかく来てもらわないと」と言われたものの、「7年経たないとダメ」って言われてしまえば、大きいお腹を抱えてまで行く意味もないので、とりあえずその時点で家裁に相談するのはやめたというのです。

私はその話を聞いて、「あれっ?」って思ったんですよね。この辺からは民法のことなので、私もいい加減なことを言っちゃいけないのですが、失踪届を出して7年経つと『死亡』と見なされるんじゃなかったっけな?って思ったんです。離婚の調停を申し立てるんなら死亡を認定してもらう必要はないんだから、ちょっと違うんじゃないかなあ???

それで私が家裁に問い合わせをしてあげることになりました。みんな経験があると思うけど、こういうことってちょっとでも知識があった方がいいし、男が問い合わせると相手の態度がまるで違うんですよね。それで私が電話をかけてみると、
「そういうことは電話ではお答えできません。とにかく来ていただかないと・・・」
「××の事情で離婚したいんだけど、どういう手続きをどういう順序ですればいいかって聞いてるだけですよ」
「だから、そういうことには答えられないって言ってるでしょ!」
「どういう方法があるかっていうことだけでもですか?」
「とにかく来てもらわないと・・・」
「そんなことくらい答えられないの?」
「とにかく来てもらわないと・・・」
「あれっ? でも7年経たないとダメだって答えたんでしょ? そういうことは言えるわけ? 7年ていうのもなんかおかしいですよね。失踪宣告してもらうっていう話じゃなくて、離婚の調停の話なんだから。全然違うでしょ?」

そんなやり取りがしばらくつづいて、
「なんで家裁みたいなところが、困って相談をしようっていう人間にろくすっぽ話も聞かないで、いい加減な答えをするんですか! 答えられないって言っておきながら、相手が絶望するようなことをちゃんと言ってるじゃないですか! 別にどっちの味方をしろって言ってるんじゃない! あんたたちも公務員だろっ、弱いものを脅かすようなことをするんじゃないって言ってるんだあ!」
そこまで言ったら、やっと「7年」って言ったことは事実ではないことを認めて、大変申し訳ないって謝りました。だけど、私が電話をしなかったら、「7年」って言ったことがまかり通っちゃったわけで、単純にそれを信じて行動した人はとんでもないことになるところでした。
私も行政書士の資格は持っているんだけど、あんまり法律には詳しくないので、どこか間違っているかなあ、と不安になりながらのやり取りでした。

みんなそうだよね、相手の方が法律のプロだと思って電話してるわけだから。中身のことは弁護士さんに相談するとして、今回問題だったのは中身より『官』の対応の問題だからね、まっ勘弁してもらって・・・。

とにかく行政は、家裁みたいなところも含めて(というよりは家裁みたいに権力を持っているようなところほどかな?)女性に冷たいですよね。

あんまり腹が立ったので長くなっちゃいました。ちょっと話がよく見えないかな?
ぜひ、何かの折に家裁に電話をしてみてください。きっと対応の悪さに腹が立ちますよ。

**12月17日(火)掲載**

|

« 第40回 「なにやってんだか、未だに離婚に冷たい行政」 | トップページ | 第42回 「わが家の近くの公園」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第41回 「なにやってんだか、未だに離婚に冷たい行政 その2:

« 第40回 「なにやってんだか、未だに離婚に冷たい行政」 | トップページ | 第42回 「わが家の近くの公園」 »