« 第46回 「そろそろ花粉症の季節ですねえ…」 | トップページ | 第48回 「訴えてやるー!!!」 »

2019年2月 7日 (木)

第47回 「大学に託児所」

何日か前に、車を走らせながらラジオを聞いていたら、託児所を作る大学が増えているという話をしていました。ラジオのスイッチを入れたときには、もうその話をしていたので、若干聞き損なっちゃってるところがあったかもしれないけれど、学生が授業を受けている間、子供を預かる託児所を作る大学が、徐々に増えているという話でした。
昔だったら学生結婚だって白い目で見られちゃってたわけだから、子どもの面倒まで見てくれちゃうなんて。いやーっ、世の中変われば変わるもんですよねえ。
今だってそんな話を聞いたらちょっとビックリしたんだけど、津田塾大なんて20年も前から託児所があったっていうから、これにはホントにビックリ!でも、それって女子大だからだよね?

子育てをしてきた私としてはなんとなく不満!やっぱりこんなところにも性差別ってあるんだね。 実際には女の人が子育てしてるのが多いわけだから仕方ないかなあ???実態が先か、施策が先かっていう問題なんだと思うけど、私としては施策は常に実態の先を行っててほしいんだけどなあ… 
とはいえ、最近の傾向としてシングルマザーなんていうのも増えてるし、性別や年齢に関係なく学びたいなんていう人も増えてるから、これからの時代、そういう人たちにとっては朗報だよね。

少子化問題がしょっちゅう取り上げられている割には、国や地方公共団体の取り組みは後手後手で、保育園や託児所待ちの子どもたちもたくさんいる現状の中で、いち早く(いやいや、早くはないかな?)大学がそういった方向に動きだしたっていうのは意味があるっていうところかな…

でも、ラジオの中の話には落ちがありました!保育料が、だいたいどこも「1時間 1,000円」だって!!!

なにそれっー!
そうすると、9時から5時まで授業に出てたら、8,000円!
20日間授業に出たとすると、16万円!

こりゃー、ダメだ!!
いったい何のための託児所なんだかよくわかんないね。
学生はあんまり授業に出なくていいってこと?それとも、こんなことまで配慮している「いい大学」っていうふりかねえ?まあ、ちょっと変な気はするけど、そういう方向で世の中が動き出したっていうことだけは評価しなくっちゃかな?だけど、20年も続けているらしい津田塾大は、いったいいくらの保育料を取ってるんだろう???これが事実だったら、やっぱり子育てってお金がかかるねえ。これじゃあ、ますます少子化になっちゃうかも…

**2003年2月12日(水)掲載**

※カテゴリー「子育てはお好き? ー専業主夫の子育て談義ー」は、2002年より2012年までの10年間、タウン情報サイト「マイタウンさいたま」(さいたま商工会議所運営)に掲載されたものですが、「もう読めないんですか?」という読者のご要望にお応えして、転載したものです。
      

|

« 第46回 「そろそろ花粉症の季節ですねえ…」 | トップページ | 第48回 「訴えてやるー!!!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第47回 「大学に託児所」:

« 第46回 「そろそろ花粉症の季節ですねえ…」 | トップページ | 第48回 「訴えてやるー!!!」 »