« マクロン大統領の背広5万円 | トップページ

2017年5月21日 (日)

脱原発派勝利なるか?!

21日、スイスで脱原発の賛否を問う国民投票が行われます。

スイスでは、東日本大震災での福島第一原発事故を受け、脱原発への動きが鮮明になっていました。

原発の新設を禁止し、再生可能エネルギーを推進する改正エネルギー法への賛否を問うもので、事前の世論調査では賛成が優位と伝えられています。
2011年に原発新設の凍結と5基の既存原発の順次停止という段階的な脱原発方針を決定して、この方針に基づく改正エネルギー法が昨年9月に議会で承認されましたが、その後反対派が署名を集め、国民投票にかけられることになりました。
もし賛成派が事前の世論調査の通り勝利すれば、改正エネルギー法が2018年から施行されることになります。

スイスといえば、皆さんも直接民主主義の国と習ったことがあると思いますが、脱原発もさることながら、国の大きな方向性を決めるプロセスがしっかりしていることに感心します。スイスだけでなく、イギリスのEU離脱もしかり。さすがヨーロッパの国々だなあ、と。

それに比べて日本は…

政治の仕組みの違いはあるにせよ、原発政策、共謀罪の衆院委員会通過を見ていると悲しくなります。国民の意見が反映されにくい小選挙区制を取っているので、やむを得ない部分はあるのでしょう。とはいえ、問題は政治家が有権者の代表という意識を少しでも持っていれば、まったく違う方向の議論になっているはずです。政府に都合の悪い情報は出さず、都合のいい情報ばかりを国民に出すことにより、世論を操作する。世論がどうあれ、国民に内容を悟られる前に法案を成立させてしまう。そして国民は政治に不信感を持ちながらもそれを受け入れる。こんなことが続けば、独裁を許し、必ず国は危険な方向に進んでしまうでしょう。

経済的には先進国になったとはいえ、政治的にはとても民主国家とはいえない状況ですね。

|

« マクロン大統領の背広5万円 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142332/65307998

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発派勝利なるか?!:

« マクロン大統領の背広5万円 | トップページ