« 剣豪将軍義輝~星を継ぎし者たちへ~ | トップページ | 第23回 「大志」 »

2017年5月11日 (木)

自分たちのことを客観的に見たことはなかったけれど…

フランス大統領選挙に勝利したマカロン、ブリジット夫妻の報道は、少なからず自分たちの夫婦としての関係を振り返るいい機会になりました。

フランス大統領になる人と自分を比較するなんていうのは、とんでもないことだけれど、

ネット上にUPされている様々な情報、特に高校時代の様子などを見ると、似ているところがずいぶんあるんだなあと思います。

演劇部と音楽部、多少ジャンルの違いはあるものの、どことなく似ているし、ブリジットさんはフランス語の教師、私の妻は音楽も教えていましたけれど、元々は国語(日本語)の教師。

いろいろ考えることがあるんですよね。

妻と人生を一緒に送ろうと心に決めたのは、ずいぶん早い段階だったように思いますが、実際そう簡単にいくわけもなく、社会的にはもちろんですが、自分自身の気持ちが信じられなかったり、相手の気持ちが分からなかったり…

恋愛、結婚における普通の障害とはまったく違う次元の障害が存在するわけです。

はづきちのまったりティータイム というサイトに高校時代の二人の写真がありましたが、現在の状況に妙に納得がいきました。

マカロン氏について「イケメン」とか書いてあるので、ちょっと言いづらいですけど、どことなく雰囲気が似てるわけです。
もちろん、ブリジットさんの方にもそう感じるものがあるんです。

高校の教師と生徒という難しい関係には、国境を越えて共通の部分があるのかもしれないと感じています。

|

« 剣豪将軍義輝~星を継ぎし者たちへ~ | トップページ | 第23回 「大志」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142332/65265662

この記事へのトラックバック一覧です: 自分たちのことを客観的に見たことはなかったけれど…:

« 剣豪将軍義輝~星を継ぎし者たちへ~ | トップページ | 第23回 「大志」 »