« 第15回 「がまん! がまん!」 | トップページ | 現職大統領が広島へ! »

2016年2月14日 (日)

第16回 「ソニーと任天堂とセガを潰せばいい?」

 県内の小・中学生の体力がここのところ急激に落ちてるんですって。

 ほらっ、学年が一つ上がると毎年体育の時間にやらされましたよね。50m走、持久走、ボール投げ、反復横跳び、踏み台昇降・・・。

 たとえば、小学校4年生の50m走はここ数年で0.3秒、中学生の持久走は10秒、小学校高学年のボール投げは男子で2m、女子で1.5m、それぞれ記録が悪くなっているんですって。こうやって数字をあげられると、「これはかなりひどい体力低下だな」って思いますよね。
 案外こういう記録って覚えてて、 「私は50m走××秒だった」とか「僕は持久走×分×秒だった」なんていう人もいるんじゃないのかな? 私ももうすぐ45歳になるのに、「私は小学校××年の時には50m××秒だった」なんて子どもに自慢しちゃったりしてね。「じゃあ今、何秒で走れるんだよ?!」って言われると、話題を変えるしかないけどね。

 さて、こういうことが発表になると慌てるのが学校。発表してるのは県の教育委員会だったり、文部科学省だったりするわけだから当たり前だけど、いろいろな社会情勢を考えることもしないで、いきなり子どもの指導にくる・・・。 突然「朝のマラソンタイム!」とか「休み時間は必ず外に出よう!」とか・・・。

 こういう指導ってどこか間違ってるよね。何のためにやらされてるんだか子どもにはよくわかんない。要するに問題を指摘されたから、「ウチの学校は××をやって体力増進に努めてます」って、そこの学校の校長が言いたいだけなんだから。そんなことで本当に子どもの体力が伸びたことなんてない。

 子どもが外で遊ばなくなったことを原因にあげる人が多いようだけど、だからといって学校の休み時間に外へ出したから体力が向上するなんて誰が信じてるのかねえ??? それも強制的にやったりなんかしちゃって、また子どもに負担を強いてる。外に出るか出ないかは社会的環境の変化による結果であって、遊ぶところもないんだから無理やり出したって意味ないよね。

 私が子どものころは、空き地もいっぱいあったし、校庭は常に開放されてた。「かけっこ」とかいっちゃって、何の意味もなくただ走ってるのが遊びだったりしてね。今はどうかっていうと、空き地はもちろんなくなっちゃったけど、学校開放とかいいながら休日の校庭も、大人のソフトボールとか少年野球とかサッカーとかで使ってる。もちろんそれがすべて悪いわけじゃないけど、そこには子ども全体の体力向上とは矛盾してるものがあることを大人はわかっていなくてはいけないと思う。

 校長先生と話をすると、「開放しても塾や習い事で子どもがこない」って言うんだよね。そのうち塾に通わせてることの批判までしちゃって・・・。それで無理やりマラソンをやらされたり、外へ出されたりする子どもはたまったもんじゃない。習い事や塾の時間が減るんならまだしも、片や学校が受験競争を煽ってる側面もあるわけだから。

 よくPTAの中でTVゲームばかりやって問題だって話が出るけれど、TVゲームが問題なら、とりあえずソニーと任天堂とセガを潰せばいい。でもそうはいかないもんね。TVゲームの売り上げが伸びることで今の日本の生活が維持できているっていう側面もあるわけだし・・・。

 まあ、そういった矛盾ばかりを抱えているわけだから、「体力」の問題も子どもに負担をかける前に、まず大人がやらなくちゃならないことは、子どもが外に出たくなるような環境(物理的にも精神的にも)を整備してあげることなんじゃないのかな。

**6月25日(火)掲載**

|

« 第15回 「がまん! がまん!」 | トップページ | 現職大統領が広島へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142332/63209892

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回 「ソニーと任天堂とセガを潰せばいい?」:

« 第15回 「がまん! がまん!」 | トップページ | 現職大統領が広島へ! »