« 「幻の城 ~戦国の美しき狂気~」観てきました! | トップページ | 高木復興相のこの話って、ほんと? »

2015年10月16日 (金)

主夫としてうれしいこと

子どもが育ってからは、一応会社を経営しているので、毎日頭の中は会社のことでいっぱい。
主夫が、主夫らしさを感じるのは、ご近所の皆さん(私の場合はマンション住まいなので、同じマンションの居住者というのがほとんどですが)と朝出がけに顔を合わせたときの会話くらいかな???

もちろん、家事全般をやってないわけではないけれど、それは毎日のことなので、改めて主夫を感じるわけでもないので、ご近所の皆さんとの関わりというのは、けっこう主夫らしさを感じる時間です。

先日、うちの玄関を出て、駐車場に向かおうとしたところで、まず息子の同級生のお母さんのYさんに会いました。
同じマンションに住んでるとはいっても、ちょうど顔を合わせるというのはそう多くはないので、お互い「息子さん、元気?」から会話が始まり、それぞれ子どもたちの近況を話すことに。
兄弟のこともみんな知っていますので、一通り話すととんでもない時間がかかってしまうんですが、この日はYさんが車のキーを手に持って、小走りだったので、
「おかげさまで、先週翔が初めてレギュラーツアーに出場したんですよ」
「えーっ、すごいじゃなーい!」
と会話はここまで、急いで車に乗り込んで、出かけていきました。
急いで車で出かけるときは、だいたい息子さんを駅まで送っていくか、迎えに行くかなので、この日もたぶんそんなことだったのかなと思います。
そして、もう1人会ったのは、Uさん。
Uさんは、これから自転車で出かけるところらしく、自転車を雑巾で拭いていました。このUさんは、自転車で出かける息子さんのために、毎朝6時過ぎくらいに息子さんの自転車を拭いていました。
息子さんも成人しましたから、今はその必要はなくなったんですが、自分の乗る自転車も拭いてから乗っているみたいなんです。
Uさんは、お話好きなので、私と2人で話を始めるとなかなか終わりません。
この日も、翔の「レギュラーツアーデビューの話」や私の会社の話などで10分くらい話していたでしょうか。
YさんもUさんも、もちろん女性ですよ。
そこへ、Oさん(この人は男性です)がやってきました。以前、管理組合の理事会でご一緒したことがある方で、よく知っているんですが、いろいろ大変なことがあって、ご苦労なさっています。
ご近所さんですから、私もUさんもよく分かっているんです。
Oさんとは最近顔を合わせてもお話しすることはなかったんですが、この日はOさんの方から寄ってきて、
「今度、会社辞めることにしたんです」
と切り出しました。
「えっ、辞めてあとは?」と聞くと、Oさんは名刺を出して、
「司法試験に受かって、11月から司法修習に行くんです」
「えーっ!」
某有名大卒のOさんが優秀なのは誰もが知っていることですが、それにしてもすごい。
何せ、私よりは若いですが、それなりのお年なので。
私もUさんも、まるで自分のことのように大喜び。
Oさんのご苦労を知っているだけに、司法試験合格はとてもうれしいことでした。

こんなことに主夫を感じるんですから、主夫って何なんでしょう???
もちろん、仕事の同僚が司法試験に受かってもびっくりするし、うれしいでしょうが、主夫って、その人の家族の事情(もちろんOさんのお子さんたちのこともよく知っています)や様々な裏の顔(悪い意味ではないですよ)を見てきているので、こういうときの喜びって、まるで家族の喜びのようなんです。


私だけかな?
たぶん、そんなことないですよね。
うちの子どもたちだけじゃなくて、子どもの同級生たちが社会で活躍し、幸せになっていくことは、私の喜びにもつながっているんです。
そうそう、そういえば、うちの上にも翔の同級生のご家族が住んでいるんですけど、去年翔がゴルフのプロテストに受かったことを話さなかったら、どこかから聞いたらしく、「なんで言ってくれないの?!」と怒られてしまいました(笑)
家族でもないし、今はたまに駐車場で顔を合わせるくらいだから、どうでもいいことなんだろうに、そうはいかないみたいです。

|

« 「幻の城 ~戦国の美しき狂気~」観てきました! | トップページ | 高木復興相のこの話って、ほんと? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主夫としてうれしいこと:

« 「幻の城 ~戦国の美しき狂気~」観てきました! | トップページ | 高木復興相のこの話って、ほんと? »