« 選挙が終わって… | トップページ | 動き出した憲法学者 »

2015年6月 6日 (土)

巨人の吉川選手の超ファインプレイについて

最近、ホームページとメールアドレスをそれぞれ8つずつ管理しているので、どうしても個人のブログの更新がおろそかになっちゃいます(^^ゞ
でも今日は、たまたま見ていたウェブサイトで、巨人の吉川選手の話を見たので、久しぶりに更新する気になりました。

野球のテレビ放送もめっきり減ったので、どんな選手が活躍しているのか、ニュースのスポーツコーナーで見るくらいなので、吉川選手の存在はあまり知りませんでした。
6月4日のスポーツコーナーで取り上げられていたのは、オリックスとの交流戦9回表1死満塁で、三塁線を襲ったT―岡田選手の痛烈な打球をダイビングキャッチするとすぐさま三塁を踏み、一塁へ送球。
併殺で試合終了の場面。
9回裏の攻撃は残っていたにしても、この打球が抜けていれば、1対0で巨人リードが少なくとも1対2にはなっていたことでしょう。

ニュースの画面を見ていただけでも、「おーっ!」と思わず声を出してしまいました。
それくらいのプレイでした。

さっき、ネットを見ていたら「G・原監督の備え!阿部→片岡死球で内野手・吉川を緊急捕手準備」の記事に目がとまりました。
吉川選手という名になんとなく記憶があったからです。
改めて検索してみると、先日のファインプレイの記事が出てきました。

なるほど!
こんなところにファインプレイの伏線があったんだ!

カウンセリングのような仕事をしていると、いつも心の問題は気になります。
スポーツの世界では、技術が大事。とはいえ、それに心(メンタル)が伴って初めて結果がついてくるものです。
吉川選手、中日で戦力外通告を受けたとのことですが、このメンタルの強さは、きっと結果につながります。

吉川選手の活躍を期待しましょう!

|

« 選挙が終わって… | トップページ | 動き出した憲法学者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨人の吉川選手の超ファインプレイについて:

« 選挙が終わって… | トップページ | 動き出した憲法学者 »