« 台風直撃! | トップページ | 選挙が終わって… »

2014年10月28日 (火)

裏には何かが…

望月義夫環境相と有村治子女性活躍担当相。
政治的に「××党支持」というわけではないけれど、こういう大臣の皆さんは、お辞めになった方がいいんじゃないかな。
次から次へ不正があったことを発表することで、「不正は当たり前のことでたいした問題じゃない」という印象を植え付けようとしているのが見え見え。
テレビのコメンテーターは、「国会はくだらない問題を議論していないで、重要法案を審理しろ」と不正などたいした問題ではないと不正を働いている大臣の肩を持つことで、政権を支えようとする始末。
「法を守らない政治家が法を作って、法を守らない政治家がその法を使って国を動かす」、そんなことが許されていいはずがありません。
道徳教育に力を入れようとしている内閣ですから、将来を担う子どもたちに手本を示すためにも、法を守れない大臣は辞めるべきでしょう。

10円単位の記載ミスならともかく、数百万円、数千万円ともなれば、故意に操作をしているのは当然なんだから、議員辞職やむを得ないと思いますが…

「守らないのが普通」あるいは「守れない法律が問題」などという世論形成を狙うのだけはやめてもらいたいと思います。

|

« 台風直撃! | トップページ | 選挙が終わって… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏には何かが…:

« 台風直撃! | トップページ | 選挙が終わって… »