« むさしの村、行ってきました! | トップページ | 電車で席を譲っちゃいました! »

2012年5月 2日 (水)

関越道バス事故 国の基準670キロにびっくり!

体調の関係で飛行機に乗れないため、
ほぼどこでも車で移動の私ですが、
絶対利用しないのが長距離バス。
そう考えると
バスに乗って事故に遭う可能性はゼロなんだから、
国の規制がどうであろうと、
直接関係はないことなんだけれど、
ダンサーの努が、ドイツから帰国している時に利用するのはもっぱら高速バス。
やはり値段が安いというのが最大の魅力なわけだけれど、
今回の事故を見ると、やっぱり使えないなあ…と。
今年もまもなく帰国する努によく話してやらないと…
昨年、鹿児島、宇部と車で出かけた私としては、
国の基準の670キロは「ありえな~い!」と。
自分の車を転がしたって、
連続して運転できるのは、せいぜい500~600キロ。
それだって、途中サービスエリアでのんびり食事をしたり、
お土産を見たり、買ったり、雄大な景色を眺めたり…と
高速道ライフを満喫しての話。
670キロという数字が、
「連続して」ということを前提にしていない数字としても、
現実には、利益を出そうとするバス会社の意向で、
「連続して」になることは当然です。
乗客を乗せて、「高速道ライフを満喫」なんていうことはあり得ないし、
それどころか、十分な休息を取ることだってままならない。
高速道路を走るバスについては、
「300キロ超えは2人体制」くらいの規制が必要なんじゃないのかな?
もちろん300キロや400キロを一人で走れないわけじゃないけれど、
規制というのは、事故が起こらないためのもの。
原発事故も同じだけれど、
充分余裕があってこそ、規制の意味があると思うんだけどね。
事故が起こってから規制強化。
そんなのあり得ない!
事故で亡くなった人たちの命をなんだと思ってるの!
なんでも規制がいいとは思わないけれど、
規制緩和するもの、規制を残すもの、
もっとメリハリをつけた運営が必要なんじゃないですかねえ。
私がずっと主張してきていることなんですけどね。
国会議員でもないし、
一人でこんなブログで、主張してたって
なんの力にもならないんだけれど…

|

« むさしの村、行ってきました! | トップページ | 電車で席を譲っちゃいました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142332/54611981

この記事へのトラックバック一覧です: 関越道バス事故 国の基準670キロにびっくり!:

« むさしの村、行ってきました! | トップページ | 電車で席を譲っちゃいました! »