« 「ゼツボー荘」の愛の力? | トップページ | 長渕剛さんが歌っていた門脇小学校 »

2011年12月 6日 (火)

被災地釜石 その① 信号機の消えている交差点で交通整理をする埼玉県警のお巡りさんを見ました。

息子の中学の時のサッカー部の顧問の先生が釜石に住んでおり、

津波で建物の1階が被害を受けたとのことだったので、

お見舞いに行ってきました。

その途中で撮った写真です。

Cimg3602_r

海の近くにはトイレもないので、

釜石の市街地(もちろん被災していてかろうじて何軒か営業しているところがある)のコンビニに寄ったとき、

そのコンビニの前で、交通整理をしている埼玉県警のお巡りさんに会いました。

1日前に埼玉を出たばっかりなのに、

とても懐かしい気がしました。

それだけではなくて、なんだか同士のような…

不思議ですね。

Cimg3603_r

釜石の繁華街の様子です。

ビルが多いので、すべて流されているというわけではありませんが、

かなり上の階まで水をかぶっていて、

未だに何も手つかずの状態で残されています。

Cimg3605_r

途中で見た仮設住宅です。

ここは、奥に被害を免れた家が見えるように、

かなり条件がいい場所のように思います。

|

« 「ゼツボー荘」の愛の力? | トップページ | 長渕剛さんが歌っていた門脇小学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被災地釜石 その① 信号機の消えている交差点で交通整理をする埼玉県警のお巡りさんを見ました。:

« 「ゼツボー荘」の愛の力? | トップページ | 長渕剛さんが歌っていた門脇小学校 »