« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月24日 (木)

「カウンセリングルームOZ銀座」のオープニングパーティ

おかげさまで、昨日、多くの皆様においでいただき、「カウンセリングルームOZ銀座」のオープニングパーティを盛大に催すことができました。

数日間、ほとんど徹夜状態でパーティの進行を考えたり、余興で使う小道具を作ったり…

イベント好きの我が家としては、いつものことだけれど、

様々な人にお声をおかけして、

お忙しい中をお越しいただくので、

精一杯のおもてなしをと、努力をしているつもりです。

なかなか思ったようにはいかなくて、

終わった後は、これもまずかった、あれもまずかったと後悔ばかりが頭に浮かんで、

今度こそと思うのですが、

そのパーティは1回限り。

次というわけにはいかないんだから、

やはり1回、1回、お越しいただいた皆様に感謝の気持ちを込めて、

皆様に「来てよかった」と思っていただける会にしようと考えているわけです。

昨日の会も、きっちりやろうと思っていたのに、

相変わらず、最後はどたばた喜劇のようになってしまって…。

なんでウチがやると、どたばた喜劇になっちゃうのかな?

銀座東武ホテルの皆さんにも最後の最後まで大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

今朝起きて娘と話したら、

「昨夜、翔が駐車券なくしちゃったの知ってる?駐車場出るときに駐車券が見つからなくて、結局無料にしてもらっちゃったんだよ」

だって。

「宴会場使った人は全員無料なんだろっ?!」

と娘に言ったものの、自分自身の中では「ほんとかよ?!」

という気持ちも…。

今日も別件で、東武ホテルに電話しなきゃならないので、

そのときによくお礼を言っておかなくちゃ!

昨日は、本当に東武ホテルの皆さんにはお世話になりました。

次の会場も東武ホテルに決まりだね!

いやいや、東武ホテルの話じゃないよ!

お越しいただいた皆様には、本当に感謝しています。

おかげさまで、「カウンセリングルームOZ銀座」オープニングパーティを無事終えることができました。

ありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

被災地、石巻②

石巻の南浜、門脇地区です。

前回にアップしたすべてが流されてしまった地区です。

ここには献花ができる場所があります。

私たちが訪れたときにも、タクシーで訪れている人が

運転手さんからいろいろ説明をされていました。

Cimg2316_r_2

Cimg2319_r

亡くなった方のものでしょうか?

火葬にできた方のものなら一緒に火葬にできたでしょうから、

もしかすると、不明の方のものなのかもしれません。

こういう生活感のあるものを見ると

そこで生活していた方々の様子が脳裏に浮かんでとてもつらいです。

Cimg2314_r

家の基礎だけが残った場所にお花が植えてあり、

煉瓦に文字が書かれていました。

どなたかが亡くなったのかと、

近くによって手を合わせようとしたんですが、

書かれた文字をよく見ると、

「××家 全員無事」

と書いてありました。

ここを訪れた人に、家族の無事を知らせるために植えた花だったんです。

周囲の状況からすれば、全員亡くなってもおかしくない状況なので、

そこを訪ねた人に少しでも早く無事を知らせようとしたんですね。

文字を読んで、ホッとしたのと同時に、

涙があふれてきました。

Cimg2324_r

ほとんど何も残っていない場所に、

いくつか残されていつ建物の一つです。

窓に「はやしそろばん塾」(?)の張り紙がありました。

私がお世話になっているロータリークラブに、

最近テレビで話題になっている「そろばん教室USA」の高柳和之塾長がいらっしゃるのですが、

高柳さんが、

「多くのそろばん塾が被災した」とおっしゃっていたのを思い出しました。

亡くなったお子さんがいないといいのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

被災地、石巻①

Dsc_0652_r_2

石巻港を背に内陸側を撮った写真

遠くに家並みが見えてますけれど、

もちろん被災していて、ひどい状況です。

Dsc_0655_r_2

ほとんどの家がが流される中で、

何軒か残っているうちの一軒です。

大きな家なので、基礎がしっかりしていたんでしょうか。

とはいえ、建物が全部流されなかったというだけです。

Dsc_0653_r

ここは何か作業場だったんでしょうか。

一階が倉庫のような作りになっていたので、

抵抗が少なく流されなかったようです。

Dsc_0657_r

これは港側の工場地帯の建物。

倉庫のような造りですが、骨組みだけが残っている状態です。

この奥に工場がいくつもあるんですが、

大きな工場は造りがしっかり出来ているのか、

外から見る限りでは壊滅的なイメージはありませんでした。

でも、ここに人がいたと考えると、

震えがくるくらい恐ろしく思えました。

逃げる高台なんてまったくありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

東北の被災地を見てきました。

カウンセリングルームOZ銀座のオープニングパーティを急遽開くことになったので、

その準備に追われて、なかなかアップできなかったのですが、

11月6日、7日と東北の被災地を見てきました。

当初の予定では、

石巻から海沿いに北上して釜石までという予定でしたが、

実際現地に入ると、

あまりの惨状に呆然となることが多いのと、

とにかく被災地が広いのとで、

全く予定通りにはいかず、

6日は石巻だけ、7日も釜石だけということになってしまいました。

それでも写真をかなり撮ってきたので、

何回かに分けて、アップしたいと思います。

まず今日は、私の心に大きなダメージを与えた写真から。

Dsc_0746_r

これは釜石の学校です。

未だに4階に車が突っ込んだままの状態です。

実際に被災地に行ってみると、

無力感でいっぱいになります。

もっともっと日本の国全体で支えないと、

東北の復興はほど遠いと思います。

改めて、私たちにできることは何なのか考えなくては…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

トカラ列島の話

今日は、在籍している浦和ダイヤモンドロータリークラブで、

トカラ列島の平島の紹介をさせてもらいました。

孫の蓮が山海留学している平島は、

人口わずか65人の島。

めぼしい産業もなく、過疎は進むばかり。

短い時間でしたが、

ロータリークラブでお時間をいただけたのは大変ありがたいことでした。

平島の皆さん、平島のある十島村の役場の皆さんには本当にお世話になっているので、

過酷な自然環境の中ではありますけれど、

ぜひ、物心ともに豊かな生活を送ってほしいと思っています。

十島村に頼まれたわけではないけれど、

十島村観光特使とか、買って出たい気持ちです。

皆さんもぜひトカラ列島に興味を持っていただいて、

十島村友好島民の会に加入してください!

飾っておくだけでも心が癒される、

とってもきれいな大判のカレンダーがもらえますよ。

詳しくは、http://www.tokara.jp/tourism/friendship.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »