« 我が家の大騒動 その2 | トップページ | 我が家の大騒動 その4 »

2011年8月28日 (日)

我が家の大騒動 その3

さいたま商工会議所 地域情報サイト

「マイタウンさいたま」エッセイコーナー 

「子育てはお好き? -専業主夫の子育て談義-」より転載

2011/02/28(月)
第445回「蓮くん、島へ行く! その1」 

そこは天国の島でした。
誰にとっても天国の島かはわかりません。
でも蓮にとっては天国の島でした。
それは人が人を信じている島だったからです。

蓮は、里親さんとの顔合わせと学校見学のため、母親の麻耶と妹の沙羅の3人で、
2月23日(水)午後11時50分鹿児島港発のフェリーで平島(たいらじま)に向かうことになりました。
飛行機の時間がうまく合わず、羽田を午前8時45分発の飛行機で発ち、
お世話になった十島村教育委員会の久保さんにご挨拶に寄り、
その後フェリーの出発までの間、鹿児島観光をして過ごすことになりました。
久保さんも別な島に出張だとか(もしかすると蓮の平島行きに合わせて出張を作ってくれたのかもしれませんが)で、フェリーに一緒に乗ってくれるとのこと。
まだ顔を合わせたことがないとはいえ、これまで何度となく電話でお話をし、お世話をしていただいていたので、
麻耶もちょっとは気が楽になったようでした。

私と妻は羽田まで見送りに行きましたが、
蓮は普段よりはるかに明るい表情で、買ってやったデジカメであちこち写真に撮り、飛行機に乗り込んでいきました。
「不安と期待を胸に」とか格好を付けて言いたいところですが、蓮もそして付き添いの沙羅も、
麻耶や祖父母の不安もなんのその、
どうやら「期待だけを胸に」ということのようでした。
鹿児島市内にある十島村教育委員会では、久保さんの他、教育長さんにもお会いして、教育長さんに、
「ほっぺが赤い子だ。かわいい、かわいい、かわいい」
とほめられると、蓮は図に乗り教育長室のソファーでだんだんふんぞり返っていったんだそうです。何のお説教もされず、ただただほめられるということってあまりないので、
蓮にとってはとても気持ちのいいことだったんだろうと思います。

フェリーに乗ること約9時間。翌朝9時前に目的の平島に着きました。
港にはライブカメラが設置されていて、10秒おきに自動更新されるので、
インターネットで見ていれば接岸して、3人が降りてくるところを見られたみたいなんですが、
そんなことまったく頭になく、残念ながら見損なっちゃいました。

港では平島小中学校の校長先生をはじめ何人かが出迎えてくれたので、何も困ることはなかったようです。
というか、教育委員会をはじめ、学校、島民の皆さんに大歓迎されているわけなので、
困る困らないのレベルではなく、要するにVIP待遇ってことですよね。

島ではまずその晩泊まることになっている民宿で朝食。
長ネギを入れた卵焼きを作ってくれたそうですが、どうも蓮と沙羅の口には合わず、ほとんど残してしまったとか。
長時間の船旅で疲れていたこともあったんでしょうが、民宿の方の心使いも台無し。
あぁあぁあぁあぁ…
そこでビックリしたことが起こりました。
まったく名前も知らない5歳の女の子が突然民宿にやってきて、
「ヤギ見に行こっ!」
と沙羅を誘ったのです。
突然のことに、沙羅も戸惑うと思いきや、喜んで飛び出していきました。
以前、妻が翔に「かっくんは初めて会う子でも5分で友達になれるんだね」と言ったら、
「違うよ、5秒で友達になれるんだよ」という答えが返ってきたことがありました(第379回参照)が、沙羅もまったく同じようですね。
突然のことに後れを取った蓮は
「オレだって行こうとしたのに待っててくれないんだもん!」
と不満そうでした。

|

« 我が家の大騒動 その2 | トップページ | 我が家の大騒動 その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の大騒動 その3:

« 我が家の大騒動 その2 | トップページ | 我が家の大騒動 その4 »