« さあ、どうする狭山茶!? | トップページ | 埼玉県も荒茶の検査を実施へ »

2011年6月 7日 (火)

匂いも暴力!

現在の浦和駅前に陶芸教室を移転する前は、

南浦和駅東口にありました。

駅の階段を下りて東口に出るとすぐ。

ロータリーの中で、よほどの土砂降りでもなければ、

雨が降っても傘無しでOKみたいな…。

そんな便利な立地でも困ることがありました。

それは「音」です。

連日連夜の選挙演説には辟易とした(正当な選挙演説に対してごめんなさい)し、

ストリートミュージシャンやCDの街頭販売といった類にもまいりました。

駅前の宿命みたいなものですが、

どうして取り締まれないんだろうと思うくらい。

窓を閉めてもどうにもなりません。

何か考え事をしようと思うと、

その音が気になってまったく集中できない。

電車の音や車の騒音というものはそれほど気になることはないんですが、

あのマイクを通した電気的な音というのはどうにも我慢が出来ないんですね。

今も駅に近いことは近いですが、駅のロータリーからはそれなりの距離があり、

しかも途中にいくつかのビルがあり、

そんな音からは解放されました。

今、駅前のデニーズでブランチ中。

レジの近くのカウンターに座っているんですが、

たった今、支払いをしていたグループからすごい匂いが…。

もちろん特に不快な匂いというわけではなく、たぶん整髪料の匂い。

ただそれが尋常ではない。

つけすぎだろっ!

ああ、鼻水が垂れて来ちゃいました。

そう言えば、一週間ほど前にも、隣の隣に座った男性からすごい匂いが…。

やはり整髪料の匂い。

匂いを出す方は気にならないんでしょうけれど、

やはり食事をするところではかぎたくないもの。

音も暴力って感じたけれど、

必要以上の匂いもやっぱり暴力ですね。

私と同じような感覚の人ってけっこういるんじゃないでしょうかねえ。

匂いの文化が浸透していない日本では、匂いは控えめにしてもらいたいものです。

特に食事をする場所ではね。

|

« さあ、どうする狭山茶!? | トップページ | 埼玉県も荒茶の検査を実施へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 匂いも暴力!:

« さあ、どうする狭山茶!? | トップページ | 埼玉県も荒茶の検査を実施へ »