« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月17日 (金)

福島県民15万人に30年の長期にわたる健康調査?

今朝の朝日新聞に、

「福島県民を30年にわたり健康調査」の記事が。

長期間に及ぶ大規模調査は世界でも初めてとか。

調査をしてくれるというのは安心と考えがちだけれど、

結局、これほど多くの県民(読売新聞は15万人と)の調査をしなければならないほど事態は深刻ということですよね。

30年間調査をした結果、「あなたは異常ありません」「あなたはが放射能が原因で癌になりました」なんて言われたところで何になるんでしょう。

喜ぶのは、世界にも例のない長期、大規模な調査ができて、それを世界に発表できる放射線、あるいは原発の専門家だけ。

ちょっとうがった見方ですけど、原発事故直後、テレビで得意げに解説をしていた原子力の専門家の人たちの態度を思い出すと、どうしてもそんな考えが浮かんで来ちゃいます。

要するに、「30年間健康調査をするからそこにいろ」みたいな発想でしょ?!

なんだか福島県民、「総モルモット化」みたいな…

調査をして、それなりの結果が出たって、その人たちにとっては遅いわけで…

福島県に多くの知り合いがいる私としては、

その調査対象の15万人が移住しても安心して暮らせるよう、

仕事や収入を保障して、早く避難場所を探す方がいいんじゃないかと思います。

もちろん、調査は意味がなくなってしまうけれど、

確実に多くの人の健康が守れるわけだから、

政府としては国民の命を守るためにそっちに舵を切るべきでは?

もちろん福島の方々のお気持ちを考えると難しい問題ではあるけれど、

何よりもまず命を守るのが国の役割だと思います。

福島の放射能の状況が、住んでも健康調査をしなくてすむような状態になったら福島に戻る、

調査が意味をなさなくなってしまう、そんなやり方ではだめなんでしょうかねえ。

そんなふうに考えるのは私だけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大関努、メルケル独首相の前で踊る!

今年の我が家の話題といえば、

なんといっても「蓮くん、島へ行く!」です。

とにかく小学4年の蓮が、

鹿児島から船で10時間もかかる平島に一人で留学しているという家族にとってとてつもないことをやっているので家族中が気にかけています。

ドイツでダンサーをしている努も、ドイツでの舞台の合間に何とか帰国して、

一度は蓮のいる平島に行ってみたいと言っていました。

ついさっき、妻の携帯に努からメールが入り、来週の木曜日に帰ってくるとのこと。

蓮のところに行ってみたいとのことでした。

でも、そのメールで驚いたのは、努がドイツのメルケル首相の前で踊ったとか。

何か政治がらみの表彰式でのことだったようですが、

蓮のことはさることながら、私も妻もそちらにビックリ。

このまま努も、活躍できる場が増えるといいのですが。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

狭山茶の放射線量を気にしている方が多いようなので…

狭山茶の放射線量のことでアクセスしてくださる方が多いので、

埼玉県のホームページのアドレスを載せときます。

(5月25日のコメント欄にはすでに載せてあるんですが)

これが埼玉県が公式に発表している「放射性物質の埼玉県産農畜産物への影響調査」の結果です。

http://www.pref.saitama.lg.jp/page/nousanbutsu-kakochousakekka.html

6月13日になって、上田知事が一番茶の製茶の検査をする方針を発表しました。

今月末には二番茶の荒茶も検査するとのことです。

http://www.asahi.com/food/news/TKY201106140256.html

とにかく情報公開。

それ以外に消費者を逃がさない方法はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

蓮くんがテレビに登場か!

「蓮がテレビに出るかも…って」

今朝、家を出ようとすると、娘の麻耶が騒いでいました。

なにやら、東MAXの弟の方(なんだ、この言い方? 私は兄弟で東MAXていうお笑いのコンビがあってその弟の方っていう意味かと思った。ビリーバンバンとか狩人みたいな…)が孫の蓮の留学している平島に取材に来たとか。

東MAXの弟っていうのは東智宏さんていう方ですか?

私はほとんどテレビを見ないのでよく知らないんですが、お二人は東八郎さんのご子息だそうですね。

東八郎さんは子どものころ、テレビでよく見ていました。

トリオ・ザ・スカイライン(だったかな?)のメンバーで、あのコントはすごくおもしろかったぁ。

昨夜見てきた伊東四朗さんともよく一緒に出てましたよね。

そうそう、その東MAX(東貴博さん)も出ていたわけですが。

(私は東MAXのお兄さんの方が出ていたんだと思ってました。

東兄弟のお兄さんの方の東MAXさんが出ていたんですね)

それはさておき、

蓮のメールなので、なぜ東智宏さんが来たのかはよくわからないのだけれど、

「いっぱいカメラで撮られたよ」

と言っているんだそうで、もしかするとちょっとくらいは登場するかも…。

どうやら「所さんの学校では教えてくれないそんなトコロ!」 らしいんですが。

蓮の元気いっぱいの姿がテレビで見られるかも!

ただのじじバカ! (*´v゚*)ゞ

※「蓮くん」の平島留学の詳しい事情はさいたま商工会議所地域情報サイト「マイタウンさいたま」エッセイコーナー「子育てはお好き? -専業主夫の子育て談義-」 第445、446、450回で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにちは赤ちゃん

たった今、赤坂ACTシアターから帰ってきました。

今日(もう昨日だけれど)観てきたのは、

三宅裕司生誕60周年記念

伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演「こんにちは赤ちゃん」

スーパー・エキセントリック・シアター(SET)で、何とか俳優をやらせていただいている息子の大関真が一応出演するので、行ってきました。

今回の舞台は、SETが中心というわけではないので、

息子の出番はほんのわずかと聞いていたので、

「まあ、いつものことか」と開演を待っていたら、

たはっ!

一番最初に出てきたのが息子じゃないですか!

今回の舞台の中心は、SETのメンバーではなく、伊東四朗さん、三宅裕司さん、コント赤信号の面々、小倉久寛さん、春風亭昇太さん、東貴博さんなど。

それになんといってもゲストの真矢みきさん。

どちらかというとシリアスな劇が好みの私としては、今日の舞台はちょっと苦手。

そんな私の息子なのに、何でSETなんだ?

その辺りのことはよくわからないけれど、今回の舞台では、真矢みきさんの演技力、歌唱力にはただただ感服。

さすが宝塚!

宝塚の根強い人気のわけがわかったように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

埼玉県も荒茶の検査を実施へ

やっと少し、まともら方向に行った感じ。

まさか出荷自粛になった場合に、お茶の小売店まで補償があるなんていうことはあり得ないので、

狭山茶だけを扱っているお茶屋を実家に持つ息子としては、売れなくなるのは困るけれど、

今のままでも結局売り上げが激減することは避けられないわけだから、

とにかく消費者に安心と安全を届けることがやはりお茶屋の使命だと思うわけ。

前にも言ったけれど、商売をやるものにとっては当たり前のことですよね。

それが結果として、原発問題が解決したときの信用につながっていくし、

「これなら安心、安全」という売る側の主張を受け入れてもらうことにもつながっていくと思うんですよ。

今朝の朝日新聞に、「検査はするが飲用茶での検査が筋」という上田知事のコメントが掲載されていたけれど、どういうことなんだか。

消費者でなく、産業を保護するために、お茶の飲み方、食べ方まで、県が決めてるってこと?

様々な飲み方、食べ方があって当然だし、お茶はお湯を差して飲むしかないなんて考えるのは、相当なエゴだと思う。

自宅で飲むときの飲み方まで、県が管理できるわけがない。

産業を守るためなら、都合のいいように解釈しちゃうあたりは問題になってる東電のやり方となんら変わらない。

消費者には安心、安全を!

生産者には充分な補償を!

それ以外に、方法ないでしょ!

できれば、お茶屋にも補償を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

匂いも暴力!

現在の浦和駅前に陶芸教室を移転する前は、

南浦和駅東口にありました。

駅の階段を下りて東口に出るとすぐ。

ロータリーの中で、よほどの土砂降りでもなければ、

雨が降っても傘無しでOKみたいな…。

そんな便利な立地でも困ることがありました。

それは「音」です。

連日連夜の選挙演説には辟易とした(正当な選挙演説に対してごめんなさい)し、

ストリートミュージシャンやCDの街頭販売といった類にもまいりました。

駅前の宿命みたいなものですが、

どうして取り締まれないんだろうと思うくらい。

窓を閉めてもどうにもなりません。

何か考え事をしようと思うと、

その音が気になってまったく集中できない。

電車の音や車の騒音というものはそれほど気になることはないんですが、

あのマイクを通した電気的な音というのはどうにも我慢が出来ないんですね。

今も駅に近いことは近いですが、駅のロータリーからはそれなりの距離があり、

しかも途中にいくつかのビルがあり、

そんな音からは解放されました。

今、駅前のデニーズでブランチ中。

レジの近くのカウンターに座っているんですが、

たった今、支払いをしていたグループからすごい匂いが…。

もちろん特に不快な匂いというわけではなく、たぶん整髪料の匂い。

ただそれが尋常ではない。

つけすぎだろっ!

ああ、鼻水が垂れて来ちゃいました。

そう言えば、一週間ほど前にも、隣の隣に座った男性からすごい匂いが…。

やはり整髪料の匂い。

匂いを出す方は気にならないんでしょうけれど、

やはり食事をするところではかぎたくないもの。

音も暴力って感じたけれど、

必要以上の匂いもやっぱり暴力ですね。

私と同じような感覚の人ってけっこういるんじゃないでしょうかねえ。

匂いの文化が浸透していない日本では、匂いは控えめにしてもらいたいものです。

特に食事をする場所ではね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

さあ、どうする狭山茶!?

荒茶の放射線量を検査しないと言っていた静岡県の川勝知事が一転、荒茶段階の放射線量も検査すると表明しました。

当然です。

以前にも述べたように、

お茶は飲用茶としてしか摂取しないなどという農水省の偽善が通るわけがない。

さあ、どうする埼玉県!

お茶を販売する立場からすると、

安全でないものは売れない。

安全でないかもしれないものも売れない。

それは商売をするものにとって当たり前のことです。

先日のユッケによる食中毒だって、

「安全でないかもしれないけれど、たぶん安全だから売ってしまえ」という発想が招いた事故です。

これは商売にはあってはならないこと。

安全性をどこまでも追求して、完全に安全だということになってから販売する。

当然じゃないですか!

お客様に安心して飲んでもらえないお茶なんて売れません。

生産者の利益を守らなければならないこともよくわかる。

とはいえ、消費者を危険にさらすような利益や権利の保護は到底受け入れられない。

生産者も県民なら、消費者も県民。

埼玉県にはそのことを忘れずに対応してほしいものです。

静岡県が荒茶の検査を表明した現在、

埼玉県はどう動く!?

消費者には正確な情報開示を!

生産者には充分な補償を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

茨城県全県、神奈川、千葉、栃木の3県の一部地域に出荷制限

政府は、茨城県全県と神奈川、千葉、栃木の3県の一部地域に対し出荷制限を指示しました。

結局政府は、茶葉の加工段階のいずれの段階でも規制値を超えた場合は出荷制限をするということに舵を切りました。

そんな中で、静岡県の川勝平太知事は「荒茶段階の放射能検査はしない」と述べて、政府の方針に従わない考えを示したそうです。

検査をしないということで、消費者の不安は解消できないのだから、

検査をしないのではなくて、「検査をして規制値を超えたら出荷をしない」、他に方法はないと思うのですが…。

1つでも安全でないと消費者に思われるようなものが出回れば、すべてのものが売れなくなる。

それを単純に風評被害と言って片付けるのも筋違いですよね。

安全でないものを確実に安全でないと言って、初めて安全なものの安全性が認められるんだと思うのですが…。

静岡茶も飲めなくなりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内閣不信任案は何だったの?

ああ、情けない!

ここまでいって否決になっちゃうんだぁ???

予想通りの展開に、ただただあきれるばかり…

展望もなし不信任案を出す自民党も自民党なら、

結局菅さんもそのまま、党内の勢力図も変わらない民主党も民主党。

「自民党政治には戻らない」と言いながら、

いまの民主党はまったく自民党2世。

小沢さんのせいという人もいるみたいだけれど、

なにやら密室で展開していく派閥争いをもう何度見てきたことか。

そしてまた、被災者の側に立っているふりをして、

「こんな時に政局か!」としか言わないマスコミもどうしようもない。

いま重要なのは、リーダーシップなのに、リーダーシップのとれない内閣を擁護してる。

今日の株価を見てみると、

復興関連株が前場やや高めに推移していると思ったら、

不信任案を否決しそうと伝わると、途端に値を消して、結局ほとんどがマイナス圏に。

今日はニュースを見ている暇がなかったので、

もしかすると不信任案だけの問題ではないのかもしれないけれど、

少なくとも私は、菅内閣が続くと判断したときに、持ち株を全部売りました(たいした株数じゃないけど)

これは大成功!

売ったあと4%以上下がりましたから。

そんな動きからすると、「不信任案可決、内閣総辞職」なんていうシナリオを市場は期待していたんでしょうか。

こんな状況の中で、少なくとも菅さん辞任の先送りはあり得ない、私はそう思うんですけど。

なんだか煮え切らない人ですねえ。

ここまで来て、私もマスコミと同じように、

「いったい永田町は何をやっているのか! はっきりしろ! 男だろっ!」

みたいな…。

「男だろっ」は、もろジェンダーなので嫌いなんですけど、

一番ピッタリくる言葉かも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »