« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月27日 (金)

台風2号、蓮くんを直撃か?!

こりゃあ大変だ!

猛烈に強い台風2号が、蓮くん(孫)の留学している鹿児島県十島村の平島を直撃しそうです。

私も浦和近辺から出たことがないので、

これまで経験した台風はそれほど大きなものではありません。

大きい大きいとは言っても、

関東地方にやってくるころにはそれなりに勢力が衰えているものが多く、

せいぜい庭の大きな植木鉢が倒れるくらいのもの。

まだ一度も庭の木が折れた、倒れたなどという経験はありません。

この辺りには家も多いし、高いビルも多い。

たいした風じゃないのにビル風が吹くなんていうことはあるけれど、

台風になれば、そんな高層のビルが風よけになって、風が和らぐことだってある。

今、蓮くんが行っている島は、周囲が7キロちょっとの小さな島。

島ですから、当然周りは海。

風よけになりそうなものはまったく無し。

潮位はもちろん上がるだろうし、いったいどんなことになるんでしょう。

私にも想像がつきません。

29日の夜には奄美大島からトカラ列島に沿うように北東に進み、平島付近jを通過する予測で、

果たして蓮くんは…

10歳にして、私も経験したこともないようなことを経験してきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国体出場にはまだまだ壁が…

昨夜、翔が2位のトロフィー(優勝トロフィーじゃないのはちょっとさえないけど)を持って帰ってきました。

2位の賞状ともう一枚賞状のようなものを持っていました。

「国体候補選手委嘱状」だったかな?

そんなような…。

一応、候補選手ということで、自ら辞退をしなければ、今後数試合(?)の成績如何で、決定するとのことでした。

今回、優勝は日大の後輩、3位は埼玉栄高校の後輩で、

翔が言うには、この二人はすでにかなりの実績があるのでほぼ決定で、

実績のない翔は、これから数人とあと2人の枠をきそうことになるんだそうです。

なかなか国体の道も厳しいですね(笑)

とはいえ、初めて全国レベルの大会で競えるかどうかというところまできて、

翔もさすがに嬉しそうでした。

もう24歳。

完全に10年出遅れていますね (。>0<。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この高木文部科学大臣の態度は何?

http://www.youtube.com/watch?v=jjHPszxxAQ4

ただただビックリするやら、

あきれるやら…

こんな姿勢で日本の子どもは守れない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

今日のグリーンピースの会見報道されるでしょうか?

午前11時半からのグリーンピースの会見、

テレビのニュースで扱うでしょうか?

どうして政府はきっちりデータを取って公表しないんでしょうか?

ちょっと通訳が入っていたので、

かなり間延びした感じになっちゃってましたけれど、

とてもよくわかりました。

私はグリーンピースの考え方を全面的に支持するわけではないけれど、

あそこまでやってくれれば、

少なくとも今の日本政府よりはかなりましでしょ?!

まあ、こういうことは勝ち負けではないけれど、

グリーンピースの勝ちですね。

頻繁に調査をしてくれれば、とりあえず原発より北の方で捕れた海産物は食べてみようかなという気持ちにもなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翔、第2位!

1打差の2位だったそうです。

今、メールが来ました。

やっぱり、成績がいいと連絡が早いみたい。

人間の習性ですかねえ…(笑)

国体は、「よくわかんないけど、たぶん出られる」だって。

おっめでとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大関翔 国体出場なるか?!

昨夜、翔ははけっこう早い時間に帰ってきました。

最近多少は真面目にゴルフに打ち込んでいるらしく、

顔はかなり日焼けしています。

夕飯を食べている(といっても午後10時過ぎだったでしょうか)と、

リビングに顔を出し、

また「お金!」ということを想像して身構えると、

「またトップタイだった!」

「?」

何のことやら、まったくわかっていない私と妻。

「何の大会だよ?」

「国体の選考会」

へーっ、今日は国体の選考会だったんだあ?!

まったく興味がない私と妻。

「それで国体に出ることになったのか?」

「2日だよ。今日は1日目」

へーっ、国体の選考会って2日間やるんだあ?!

まったく無頓着な私と妻。

たぶんそのうち「お金!」ってなるぞ!

「それでどうなると国体出られるんだよ?」

「4人だったかな?」

翔の答えも何となくあやふや。

「2人レギュラー、2人補欠?」

「1人補欠かな? 4人でやって3人のスコアかな?」

まったくわかっていない翔。

でも、どうやら4位までに入れば出られるらしい。

「それでさぁ…」

ほら来た!

「今日4万もらえるかなあ?」

これは数日前に言われていたような気がするんですが、

私が銀行からおろしてくるのを忘れたので、

妻の財布から。

「それでさぁ、来週も4日間泊まりで出かけるから、また同じくらいか、もう少しかかるんだけど…」

「…」

「それとその次の週と、その次の週もそれくらい…」

「はっ?」

どうやら、少しは強くなったらしく、大会に行く距離が長くなったようで、

とにかくお金がかかるかかる…。

もう蓄えも底をついたし…。

早く遼君のようになってくれない(永遠にならない可能性が限りなく100%に近いけれど)と我が家の家計がもたない…

今朝、起きるともう翔の姿はありませんでした。

今日が国体選考会の2日目。

そのうち、結果報告のメールが来るんじゃないかな…。

早く来れば、出場決定。

なかなか来なければ、また大崩で出場無し。

昨日「またトップタイ」といっていたところを考えると、

どうやら本人も「また勝てなかった」と報告をする予定のようでしたが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

狭山茶の放射線量

私の実家はお茶屋(煎茶の小売り)ですが、狭山茶のみ販売しています。

他県が生茶葉、荒茶の放射線量を公表しているのに、

埼玉県は抽出したお茶のみ公表しています。

「お茶は葉を食べるものではない」との判段だそうです。

公表しなければしないほど、高いのではないかという不安心理が働き、

買い控えにつながります。

少なくとも、他県並みの公表は必要じゃないでしょうか。

足柄がダメで、狭山は大丈夫なんて誰も考えません。

今、実家に行ったら、例年だと新茶が出て以降処分に困って値下げをする古いお茶(新茶の前のお茶)が、すでに売り切れ。

新茶でないお茶を買えた人は、

「ああよかった」

とホッとして帰って行くとのことでした。

もちろん、いつもならすぐ売れてしまう新茶が、

かなりの量残っていました。

埼玉県もすぐ、生茶葉、荒茶の線量の公表を!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

ダチョウの肉、食べました!

初めてだ「ダチョウ」の肉を食べましたぁ!

これは美味しいかも…lovely

ダチョウっていうのはやっぱり「鳥」じゃないですね。

まったく牛肉とか馬肉とかいった感じ。

煮たり焼いたりするというよりは、「たたき」や「刺身」が美味しいと思います。

牛肉の生が危険といわれている昨今、ダチョウっていうのははるかに安全で、

牛肉の生に代わるものとしては最高かもしれません。

刺身でも食べてみました。

たたきでも食べてみました。

私的には刺身ですね。

生の方が柔らかいです。

どちらも見た目、味とも「馬肉」のような感じですけど、

「馬肉」よりは臭みがなくて(私は人が言うほど「馬肉」も臭いとは思いませんが)、柔らかいっていう感じですかねえ…。

ヒレ肉は、包丁で切るのに苦労するくらい柔らかいので、

びっくりしました。

まだそれほど流通していませんけれど、簡単に手に入るようになれば、需要は多いんじゃないでしょうか。

レバーも牛のレバ刺しよりやや歯ごたえがある感じで、美味しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

いったい大阪府は何を考えているんでしょう?

内田樹氏のブログに大変よくまとめてあったので、リンクを張らせてもらいました。

賢い人の言うことはすごいです。

乗っかっちゃいました。

まったく橋下氏のやることは、めちゃめちゃですね。

光市母子殺害事件についてのコメンテーターとしての言動からして、

とても弁護士とは思えないようなことを言っていましたので心配はしていましたが、

やることがちょっと乱暴。

知事というのはかなりの権力を持ちますので、ある意味慎重であるべきです。

もちろん政治家としての主張や政策は大胆であるべきと思いますが、

人の権利や義務に関わるようなときに、ただ自分のやりたいようにやるというのでは、

ファッショですね。

有権者も、横暴とリーダーシップをはき違えないようにしないと…。

自分と考えが近い場合はいいですけれど、

そうでない場合は、誰にでも権力の牙をむくことになります。

それは、有権者全体の利益ではありません。

私個人(ブログはあえて言わなくても個人ですねcoldsweats01)は、

君が代斉唱の時に教員が起立しないことより、

特区としてカジノを作ることの方がよほど子どもの教育に悪いと思いますけどね。

うちの近くに競馬場がありますけど、子どもはあまり近づけたくないです。

最近はバスで駅まで送迎してるのでいいですが、

以前は競馬場から駅までの通り道のお宅は、

競馬で負けた人が荒れるので、困っていました。

ゴミが投げ込まれたり、物が壊されたり…。

橋下氏の政策っていうのは、

いったい教育が優先なんでしょうか、経済が優先なんでしょうか…

まったくわけわからん!

自分の権力を示したいだけかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

北京五輪金メダルのワンジル選手の死

日本人にもなじみの深い北京五輪マラソンで金メダルを獲得したワンジル選手が亡くなりました。

バルコニーからの転落死で自殺と見られています。

高校時代を仙台育英高校で過ごしたこともあり、

日本人にも大変人気のあるマラソンランナーでした。

北京五輪の時の金メダルも、

ケニアの代表であるにもかかわらず、

日本が育てたランナーということで、

日本人の優勝に匹敵するくらいの報道だったことを覚えています。

そんなこともあり、今日のニュースはどこの局も扱っていましたが、

「愛人と一緒にいるところに奥さんが戻ってきてバルコニーから飛び降りた」というような報道がなされていました。

確かに報道というのは客観的事実を正確に伝えるという使命を負っているとは思いますが、

「愛人といるところに奥さんが帰ってきた」というニュースを聞いて、

あまりいい気がしませんでした。

他殺ということならともかく、もし自殺だとしたら、ケニアでの出来事をそこまで報道する必要があるのか、ちょっと疑問の残るところです。

知る権利と個人のプライバシーのバランスをどう取っていくか、

その辺りのことが日本の報道機関は下手なように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これほんと?

http://savechild.net/?p=570

嘘ってことないよね?

やっぱり、孫は避難させた方がいいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

メルトダウン

福島第一原発1号機では、メルトダウンが起こっていたということです。

誰もがみんなそう思ってましたよね。

もしかして、メルトダウンが起こってないって思ってたのは、原子力の専門家の先生方と東電と原子力保安院だけ?

まさかねえ…

でも、もし起こっていたことを知っていたなら、今までずっと嘘をついてきたことになりますよね。

人を信じることを常としたい私は、専門家の先生方と東電と原子力保安院は知らなかったということにしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

大関翔もやや有名に?

なわけないよね?

でもまあ、浦和カウンセリング研究所のブログに

「大関翔」をキーワードにたどり着く人がごく最近いるので、

もしかして…。

ウチの息子連中は、長男の大関努がモダンダンスでしょ、

次男の大関真がSET(スーパーエキセントリックシアター)でしょ、

そして三男の大関翔がゴルフでしょ。

ってなわけで、何かとお騒がせ兄弟なので、

ときどき、息子たちの名前で検索してくる人がいるんです。

でも「翔」っていうのはかなり珍しいですね。

ここのところ、何の大会かは知らないけれど、

いくつかゴルフの大会で予選通過して、決勝ラウンドに進んでいるらしいので、

まあそんなこともあるんでしょうか???

もう日大の6年生(笑)

「とりあえず卒業はしろよ」と言ってあるので、

まだ通ってはいるみたいですけど、

卒業はいつのことやら…。

去年だったかな?

埼玉県アマチュアゴルフ選手権で、決勝ラウンド1日目を首位で通過したとき、

新聞に写真入りで載って、

それが「日大4年」になってて…。

どうやら新聞というのは4年生までしかないらしいです。

翔に言わせると、

「5年目でも4年なんだよ。通い始めてから何年目ってことじゃなくて、年次は4年までしかないの!」

だそうです。

ほんとかよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

細野補佐官(原発担当)の話はどこか変!?

報道ステーションに出演した細野豪志補佐官は「現場の作業員をねぎらうことが重要」と。

国民はみんなそういう気持ちでいるし、だいたい政府に言われたくない。

むしろ、私たちが政府や東電に言いたいこと。

結局、まだまだ収束の方向性すら見えない原発による放射線被害の現状については一言も触れず、

福島、茨城、またその周辺の地域の状況がどうなっているという話はまったく無し。

政府として、そこをはっきりしてくれないと、

避難を強いられている人たちの帰宅の見通しもつかないわけで…。

一時帰宅でお茶を濁されている感じ…。

今回の出演も話をはぐらされている感じがして気分がよくありませんでした。

もちろん司会もひどすぎる。

話の途中で

「細野さんも言えないことおありでしょうから」

と発言。

言いにくいことを引き出すの報道番組のMCだろうが!

どう聞いても、MCが政府側に立ってる。

報道番組の司会は、やはり国民目線でないと…。

古舘伊知郎氏は報道番組のMCは無理では???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

写真を追加したよ!

しばらく追加していなかったけれど、

5月4日、5日と万座に行ったときの写真を追加しました。

碓氷峠鉄道文化村、軽井沢の白糸の滝、草津白根山の湯釜。

鉄道文化村は、開園当初はけっこう話題になっていた気がするけど、

実際、行ってみると寂れている感じでした。

5日の午後、それもけっこう遅い時間だったってこともあるのかな?

展示してある車両も、雨ざらしで風化がひどいように感じたよ。

なんか手立てはないの?

あの傷み具合が寂しさを醸し出してるweep

白糸の滝は、軽井沢の観光スポットの定番中の定番。

道路には売店もけっこうあって、私は豆腐と揚げまんじゅうを食べたよ。

ここの豆腐はちょっと堅めのプリンのような感じだけど、本当に美味しい!

岩塩をかけて食べるのがお勧めです!

もう一枚は草津白根山の湯釜。

首都圏からの日帰り旅行専門サイト 遊び場ワールドによると

■世界一の酸性湖

白根山の山頂(2160m)にある湯釜は、直径300m、水深30m。phは1前後と世界で最も酸性度の高い湖。無論泳ぐことは出来ず、もし中に入ると、動くことが出来なくなって、酸化し溶けてしまうとか・・。見た目の美しさと裏腹に恐ろしいですね。ミステリものの舞台にでもなりそうな感じです。
ちなみにphは7が中性で、これより大きいとアルカリ性、小さいと酸性。日本ではph5.6以下の雨を酸性雨と言い、最も酸性度の高いもので2~3、これがレモン汁程度。海外ではこれ以上の酸性雨で石壁が溶けるなどの被害が出ることもあるようです。

■アクセスは簡単。小さな子供連れでも大丈夫。

湯釜へのアクセスはとっても簡単。志賀草津道路で山麓のレストハウスまでは車で登れるので、そこからだと徒歩でほんの10分。坂も比較的なだらかなため、小さいお子さんなら抱っこしてもたいした事はありません。
気温は、7月末の昼間でレストハウス外の寒暖計が20度強。暑すぎず、寒すぎずでちょうどいいですね。この季節なら服装も半袖で大丈夫です。荒涼とした風景を、是非家族で堪能しましょう。

でも、

■アクセスは簡単。小さな子供連れでも大丈夫。

はちょっと嘘。

駐車場のおじさんは、往復で45分って言ってた。

実際はそんなにかからなかったけれど、5歳以下のお子さんと60歳以上の方にはきついんじゃないかな?

片道20分以上は覚悟してゆっくり登ることをお勧めします。

湯釜以外に特別見るものはないけれど、あのエメラルドグリーンの美しさは格別なので、ぜひ登って欲しいです。

引用ばっかり多いけど、Wikipedia によると、

現在、山頂は硫化水素ガス発生のため立ち入りが規制されているが、山頂付近の湯釜と呼ばれる火口湖には以前、立ち入ることができた。しかし現在500m規制で火口を眺める事はできるが、火口までは行くことができない。

水がエメラルドグリーンに見えるのは、水に溶け込んでいる鉄イオンや硫黄などの微粒子の影響で、日光の特定の波長の光が吸収されるためだと考えられている。なお、湯釜の水をビーカーなどに汲んでみても、エメラルドグリーンには見えない。

だって。

海の水が青く見えるのと同じとか言うけど、どう見てもそんなふうには思えない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

子どもを危険から守ろう!

「焼肉酒家えびす」の食中毒事件。

以前から、国内になも食用の牛肉がないことを知っていた人も少なくなかったと思います。

うちの孫も、母親の友人と焼き肉店に行ったときユッケを食べたことがあるらしく、私たちと焼肉店に行ってもよくユッケを注文しようとします。

その度に私がやめさせていたのですが、それはかなり前に「生食用として認められた肉(内臓なども含め)の量と実際に店舗で生食用として提供されている量が大きく食い違っている」という記事を読んでいたからです。

私もステーキを食べに行けばベリーレア、ローストビーフを作ろうとすればまな板の上でちょっと縁を切ってはそのまま食べてしまうほど、生食好き。

でも、その記事によると大人に症状が出なくても子どもは命を落とすことがあるということだったので、それ以来、孫たちがどんなにユッケを食べたいと言っても食べさせたことはありませんでした。

時に、孫がべそをかくこともありました。

それでも孫の話からは、娘(孫の母親)が友人と焼肉店に行くときは、孫にユッケを食べさせているようでしたが…。

今回の事件があって、娘に改めて「ユッケは危険だから」というと、さすがに娘ももうユッケは食べさせないと思ったらしく、「うん」とうなずいただけでした。

子育てで重要なのは、なんと言っても情報の収集です。

子どもを取り巻く環境には、様々な危険が待ち構えています。

今回のように命を落とすことも少なくありません。

ほんの些細な危険も見逃さず、危険を回避すること、親としてとても大事なことです。

「人を信じること」を子育ての基本に置きたい私としては、もちろん焼肉店も信用したいのですが、経済活動の中では、利益が優先され、人の命が軽視されることも…。

今回の事件を教訓に子どもを守るということがどういうことか、改めて検証しなければと思いました。

もちろん危険回避を最優先させることで、子どもの独創性、創造性等、失われることもありますから、それとのバランスも重要ですが…。

まずは情報を正確に把握し、それをどう消化するかということですかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

鹿児島は桜島の火山灰で真っ白?

十島村に山海留学中の孫の蓮のところに、

娘と孫の沙羅が向かいました。

今朝、6時過ぎの飛行機で羽田を発つというので、送っていきました。

10時くらいに来たメールによると鹿児島市内の空は真っ白とか。

最初、黄砂かと思ったんですけど、違いますよね。

桜島の火山灰?

マスクをして、帽子をかぶっているそうですが、口の中がじゃりじゃりすると言っていました。

鹿児島の人たちは、大変なんですね。

東京の黄砂くらいで大騒ぎしている私は、鹿児島には住めないかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

ゴールデンウィークにスキー客で賑わう?

「賑わう」は大げさかな?

Cimg3097_r

これはスキー場の写真じゃなくて白根山の写真だけど、

まだまだ雪はこんな具合。

ここの斜面でもスノボを楽しむ人たちが。

つい先日、前橋で28℃を記録したのが嘘のよう。

志賀高原のスキー場はもちろんリフトも動いていて、

けっこうな数の人たちがスキーやスノボを楽しんでいました。

Cimg3102_r

これは白根山の湯釜。

強風の吹く中、駐車場から約20分、急な坂道を登って見てきました。

湯釜は火口湖なんですけど、まさにエメラルドグリーンでとっても綺麗。

エメラルドグリーンなのは何か銅の化合物でも含まれている(陶芸の釉薬に使う炭酸銅は綺麗なエメラルドグリーンなんです)のかと思ったら、

「湯釜の湖水に鉄イオンがとけていて,さらに硫黄 やいろいろな鉱物の微粒子が縣濁(ただよっていること)しているためだと思われま す.実際に湯釜の水を汲んで,光にすかしてみてもエメラルドグリーンではありませ ん.太陽光が湖水に入射するときに鉄イオンや微粒子の影響で「エメラルドグリーン の光」が反射して,われわれがその色を感じているのだと思います.これは海水が実 際には青い水ではないのに,天気が良いときは海が青くみえるのと同じ原理です」(特定非営利活動法人 日本火山学会 「火山学者に聞いてみよう!」より)

なんだそうです。

勉強になりました (._.)アリガト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

ガストのステーキ

お昼にガストに入ってステーキを食べました。

でもまずかったぁ ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

何がって、焼きすぎなんです。

冷めたらなおさらまずい。

焼き肉チェーン店「焼肉酒家(ざかや)えびす」の集団食中毒事件が影響してる?

事故が起こらないようにとはいえ、いくらなんでもあそこまで焼いたらまずすぎる!

美味しいステーキが食べた~い!

ガストにはガストの良さはあるけど、

美味しいステーキはガストじゃ無理だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全をやたらと強調する菅内閣、さあどうする?!

学校の放射性基準はあちこちから批判されてますね。

政府がことさら安全を強調すると、後になってまずいことになるのでは?

もし後になって今の基準を変えるようなことがあれば、これまで以上に政府に対する信頼は大きく揺らぎます。

だけど、変えざるをえないような雰囲気になってきました。

埼玉県の熊谷市と東秩父村の牧草も放射線基準値を超えたとか。

大気中の放射性物質はほぼ平常値と報道がされているのになぜ?

人間は牧草のようにずっと外にいるわけではないけれど、

外にいたとしたら、私たちの身体に付着する放射性物質も基準値超えってことでしょ?

毎日、家に戻ったらすぐお風呂の湯船に頭まで潜る私は正解?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

Twitter 始めました!

震災の時にTwitter が有効なんていう話を聞いたのと、

孫正義氏の原発についての話に興味があって、

Twitter を始めてみました

私も何かフォローしてもらえるような話題を提供できるといいのですが…。

ぜひフォローしてください。

よろしくお願いします o(_ _)oペコッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィークも震災の影響で…

日テレの「真相報道バンキシャ!」で、ゴールデンウィーク前半の観光地の人出について報道していました。

減っているところもあれば、増えているところもあるとか。

どこもかしこも皆減っているのかと思いきや、

東京から日帰りできるようなスポット、よみうりランドなどは去年の135%(だったかな?)だそうです。

出かける意欲はあるけれど、やはり安心で、安上がりなところということなんでしょうか。

日帰りということだけで言えば、

日光や千葉県内房の潮干狩りなども例年ならかなりの人出で賑わうのに、

今年はさっぱりのよう。

日光はずいぶんテレビでも取り上げられていますけれど、

それでも人出はさっぱりみたいですね。

栃木県は確かに原発のある福島県とは隣り合わせだけれど、

これまでの報道で、それほど放射線量は多くないような気がするんですがねえ…。

千葉県の潮干狩りの映像も流れていましたが、信じられないくらいガラガラ。

いつもは潮が引く前からすごい人出で、とにかく駐車場に車を止めるのも大変なくらいなのに、

海に人がいない。

余震が続いているのでアクアラインは通りたくないし、

海に流れ出た放射性物質は、魚よりむしろあまり移動しない海岸近くに住む、貝や甲殻類に影響が出るという話が効いているんでしょうか。

潮干狩り好きな私も、今年は潮干狩りがまったく頭になかったので、

そういうことなんだろうと思います。

先日、湯西川温泉(ここも日光市になっちゃったんですね)の伴久ホテルが破産手続きに入ったとのニュースが流れましたが、

栃木県は地震による大きな被害がなかったにもかかわらず、

とにかく人が来ない。

伴久ホテルは去年夏に泊まってきたばかりなので、とても残念です。

とってもいい部屋、いいお風呂なんですけどね。

何とか再建してもらいたいです。

湯西川温泉は我が家が最も行く温泉の1つなので…。

今年は万座にしちゃった(これもやはり放射性物質の飛散が少ないところということで)んですけど、

湯西川温泉の旅館の皆さんにはぜひ頑張って欲しいです。

数年前には台風で土砂崩れもあったので、

そっちの問題もありますね。

夏には湯西川に行ってこようかな…。

皆さんもぜひ行ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »