« 同級生 | トップページ | 保育ルームのご案内! »

2011年4月22日 (金)

やっぱり首相はパフォーマンスだけ?

菅さんの昨日の避難所訪問はひどかったですね。

見るに堪えませんでした。

ここまでくると、政府の無策をなじられるのは仕方のないことだとは思います。

でも昨日の菅さんのパフォーマンスに対して

「もう帰っちゃうんですか?」

と怒鳴られたのは、政府の無策とは別な問題で、

あの場で菅さんが避難している方々にどう対応するかの問題だったんだろうと思います。

最近、菅さんの「人格」ということに対する批判が野党だけでなく民主党内からもちらほら聞かれるようになりました。

私は、かねてから私の周りの人たちに、原発問題も含めこれだけの大災害の時に首相が菅さんだったのが最大の問題だと言ってきたんですけれど、

なんだか当たっちゃってたみたいで悲しくなります。

私も以前は様々な市民運動に関わってきましたけれど、

市民運動みたいなものっていうのは、誰もがカリスマって認めるような人がいない限り、

議論ばかりしていてなかなか前に進まないんですよね。

それがただの市民運動ならば、意見の違う人たちと議論をして、なかなか前に進まなかったとしても、それはそれなりに意義のないことではないと思うんです。

でも、それが政府となると、いろいろな組織を作って議論ばかりしていても、

前に進まないと何の意味もなさないし、

もたもたしてれば、ますます被害が広がることにもなりかねません。

やっぱり野党で文句を言っているだけの人だったんでしょうかねえ…。

私も文句を言っているのが好きなのでちょっと親近感はあるんですけどねえ…。

原発の被災状況を見に行ったときから、全然やることが変わってないですねえ。

ほんとに震災直後に原発を見に行ったのが正しかったと思ってるんでしょうか?

貝割れを食べたことがあると思ったら、

今度はキュウリ。

そんなことは誰でもできますよねえ。

パフォーマンスだけではねえ…。

それでは総理大臣は務まりません。

もう少し官僚を上手に使ってもらわないと…。

私たちは何のために税金を払って、優秀な官僚を雇っているのでしょうか?

|

« 同級生 | トップページ | 保育ルームのご案内! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり首相はパフォーマンスだけ?:

« 同級生 | トップページ | 保育ルームのご案内! »