« さっそく… | トップページ | 同級生 »

2011年4月15日 (金)

東京・ニューヨーク間の190マイクロシーベルトはどこに…

まったく先の見えない原発事故。

テレビで解説をしている「専門家」という先生方が、

東電から多額のお金を受け取っているのは、多くの人が指摘しているところ。

当然といえば、当然で、本当にそうなんだろうと思います。

私も、その事実を自分で確かめられる立場にいれば、

もっとはっきり言うんですけど、

自分自身で確認できないので、まあ伝聞ということで…。

事故発生当初、よく出てきた数字が、

「東京・ニューヨーク1往復の被曝量の190マイクロシーベルト」。

10往復くらいは問題ないとか言ってたけれど、

これも私は「そうなんだあ」という世界。

はっきり言えるのは、

「この頃この数字は全く出てこなくなっちゃったけどなぜ?」ってこと。

これを言われてたころ、私は周囲にいつも言っていたのは、

「一日、外にいたくらいなら確かにそんなもんなんだろうけど、そこに住んでる人は常に浴びてることになるよね。ってことは、外にいたとしたら、10日で東京・ニューヨークを10往復しちゃうわけでしょ。だったら“問題ない”は変だよね」

でした。

もう1ヶ月。

とっくにニューヨーク10往復はしてるんじゃないのかな?

放射線量が高くなってはいないとは言ってるけど、

10往復っていうのが本当なら、

かなりやばい(?)んじゃないのかな?

|

« さっそく… | トップページ | 同級生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京・ニューヨーク間の190マイクロシーベルトはどこに…:

« さっそく… | トップページ | 同級生 »