« 「火のお祭りみたいなことをやってるらしいよ」 | トップページ | ゴールデンウィークも震災の影響で… »

2011年4月30日 (土)

小佐古内閣官房参与辞任

誰が考えたってまずいでしょう、と思っていたことが、

やっとまともに、いわゆる専門家という人が主張した、という感じですね。

作業に当たっている作業員の被曝線量の基準や校庭利用の放射線量の基準を緩めてしまったりとわけのわからない対応に終始している政府に対し、

やっと「それはおかしい」と言ってくれたわけですよね。

放射線について素人の私だって、なんか変だなあとずっと思っていました。

ご都合主義で、どこまで緩和されるかもわからず、緩和されてしまっているわけですから。

様々なものに基準というものがあります。

基準というのは、何か根拠があって決められている。

もちろん無駄な基準というものも少なくないわけですが、

安全に対する基準というものの撤廃や緩和には慎重さが求められるのは当然です。

決して保守的になる必要はないと思いますが、

私が考えるに、基準を変えるときというのは、出来るだけその基準に対して、冷静に時間をかけて議論できる環境であることが望ましい。

緊急時というのは、冷静な判断が出来なかったり、不可能だったりするからです。

しかも、そんな時でも、冷静な判断が出来ないとか不可能だとはいいにくい。

だから、ますます誰か(今回の場合は政府や東電や原子力の専門家など)の都合のいいようなことを並べては、

その都合に合わせて基準を打ち出していくことになる。

これでは、それまで研究して作り上げてきた基準というものは意味がなくなってしまう。

もちろん、一般人の生活は、事が起こって対応するというのが常なんでしょうけれど、

危機管理の観点から考えて、政治や行政はそれではまずい。

だからこそ、どんなときにも適用されるべき一定の基準というものがあるわけで、

またそういうときに大切だから基準を作っている。

にもかかわらず、それがことごとく覆される。

だとすれば、基準ていったい何?っていうことになる。

大変危険なことですよね。

安全に配慮して決められた基準が無視されるわけですから。

小佐古氏の辞意表明の全文を読んでみると、

放射線についての内容は私にはわからないけれど、

内閣官房参与としての基準の考え方は、

いかにもシンプルでわかりやすいし、当然。

ということは、政府のこれまでの対応は、シンプルでなく当然でない。

まあ、そんなことでしょうか。

これで国民は信じますか?ということですよね。

信じたものがバカを見るなんてことにならないような、情報の提供と政策をしてもらいたいものです。

それが国民に通じないと、いつまでたっても、何も前に進まないということになりますよね。

未だに政府の軸足が、すべての国民の安全というところでなく、国民の犠牲があっても原発の維持、推進というところにあるということなんですね、きっと。

|

« 「火のお祭りみたいなことをやってるらしいよ」 | トップページ | ゴールデンウィークも震災の影響で… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小佐古内閣官房参与辞任:

« 「火のお祭りみたいなことをやってるらしいよ」 | トップページ | ゴールデンウィークも震災の影響で… »