« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

小佐古内閣官房参与辞任

誰が考えたってまずいでしょう、と思っていたことが、

やっとまともに、いわゆる専門家という人が主張した、という感じですね。

作業に当たっている作業員の被曝線量の基準や校庭利用の放射線量の基準を緩めてしまったりとわけのわからない対応に終始している政府に対し、

やっと「それはおかしい」と言ってくれたわけですよね。

放射線について素人の私だって、なんか変だなあとずっと思っていました。

ご都合主義で、どこまで緩和されるかもわからず、緩和されてしまっているわけですから。

様々なものに基準というものがあります。

基準というのは、何か根拠があって決められている。

もちろん無駄な基準というものも少なくないわけですが、

安全に対する基準というものの撤廃や緩和には慎重さが求められるのは当然です。

決して保守的になる必要はないと思いますが、

私が考えるに、基準を変えるときというのは、出来るだけその基準に対して、冷静に時間をかけて議論できる環境であることが望ましい。

緊急時というのは、冷静な判断が出来なかったり、不可能だったりするからです。

しかも、そんな時でも、冷静な判断が出来ないとか不可能だとはいいにくい。

だから、ますます誰か(今回の場合は政府や東電や原子力の専門家など)の都合のいいようなことを並べては、

その都合に合わせて基準を打ち出していくことになる。

これでは、それまで研究して作り上げてきた基準というものは意味がなくなってしまう。

もちろん、一般人の生活は、事が起こって対応するというのが常なんでしょうけれど、

危機管理の観点から考えて、政治や行政はそれではまずい。

だからこそ、どんなときにも適用されるべき一定の基準というものがあるわけで、

またそういうときに大切だから基準を作っている。

にもかかわらず、それがことごとく覆される。

だとすれば、基準ていったい何?っていうことになる。

大変危険なことですよね。

安全に配慮して決められた基準が無視されるわけですから。

小佐古氏の辞意表明の全文を読んでみると、

放射線についての内容は私にはわからないけれど、

内閣官房参与としての基準の考え方は、

いかにもシンプルでわかりやすいし、当然。

ということは、政府のこれまでの対応は、シンプルでなく当然でない。

まあ、そんなことでしょうか。

これで国民は信じますか?ということですよね。

信じたものがバカを見るなんてことにならないような、情報の提供と政策をしてもらいたいものです。

それが国民に通じないと、いつまでたっても、何も前に進まないということになりますよね。

未だに政府の軸足が、すべての国民の安全というところでなく、国民の犠牲があっても原発の維持、推進というところにあるということなんですね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

「火のお祭りみたいなことをやってるらしいよ」

今日、笠間の陶炎祭(ひまつり)に行ってきました。

陶炎祭は、笠間の陶芸作家や業者が行う陶器市のこと。

陶芸をやっている人間には、「笠間」と言えば、「益子」と同じくらい「陶芸」という意識があると思うのですが、

(というかもともと笠間の方が歴史が古いわけですが)

一般の人たちには浸透していませんよね。

つつじ公園を歩いていたら、私の後ろを歩いていたご夫婦が、

「火のお祭りをやってるみたいよ。“ひまつり”って看板出てた。今日からだって」

「ひわたり? ひまつり? 火の上でも渡るの?」

「そんなようなことかも…」

「“ひまつり”っていうのは聞いたことないなあ…。たしか“星まつり”っていうのはあった気がするけど…」

と話していました。

ゴールデンウィークの笠間は、皆さん「陶炎祭(ひまつり)」のために訪れるのか思っていたのですが、

どうやら違うみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

保育ルームのご案内!

今日は保育ルームのご紹介です。

2月に南浦和にオープンしたばかりの「朋GARDEN」

ここは園長が社会保険労務士というちょっと変わった保育ルームです。

7:30~18:30の保育があったり、6時間の保育があったり、一時預かりがあったり、

土日も可です。

セミナーなんかもやってます。

先日お邪魔してきました。

女性の就労を支援しようという労務関係にはプロの石山園長の意気込みが伝わってきたので、ご紹介することにしました。

保育園や幼稚園というととかく教育ということに重点を置きがち。

教育をどう捉えるかにもよりますが、本来保育園の役割は教育ということにあるわけではないように思います。

近年の流れからして教育にウェイトが置かれることも理解できますが…。

私の知り合いに公立の保育園にお子さんを預けている人がいるんですけど、

保育園への入園が決まった途端、保育園の指示に四苦八苦したと言っていました。

まず、子どもに持たせるもの(手提げ袋とか布団カバーとか)を全部手作りで作らされ、

保育園入園後は慣らし保育で2週間は早帰りするかも…という前提で、預けてほしいと言われた、というのです。

子どもの立場になって考えたとき、母親の愛情を充分に感じられて、子どもに負担をかけない最善の方法ということでの方針だと思いますが、

これって、ちょっとおかしいですね。

公立の保育園に入園するためには、先に仕事をしていなくてはならない。

にもかかわらず、慣らし保育のために10日も2週間も会社を休めるわけがない。

よほど大手で人材に余裕のある会社でない限り、そういう人はあまり雇いたくない。

労使関係から言えば、当然そういうことを認められる関係がいいわけですけれど、

休めたとしても、実際に休む女性にとっては、とても負担になります。

しかも働きながら子育てをしている中で、子どもに持たせる様々なものを手作りするというのは時間的にも肉体的にもかなり厳しい。

保育園側からすれば、「親の愛情が感じられるように」という配慮なんでしょうけれど、

普段子どもと接する時間が少ないんだから、

逆にそんなことに時間をかける分、子どもに直接かけてやりたいと思っている人も多いはずです。

園の意識として、保育園に子どもを預けて働いている親は、子どもへの愛情が少ない親という意識があるのかもしれませんね。

だから愛情のかか方を教えてやろう、と。

もちろんそういう人がいないわけではないでしょうけれど、

保育園に預けなければならない状況を不憫に思って、

園に預けている時間以外は精一杯子どもに愛情を注ごうと思っている親御さんも少なくないと思います。

公立の保育園の中には、未だに「預かってやってる」という意識のところがあるんでしょうか。

もちろん、預けて働いた分、お金をもらっているわけですけれど、

その分、働いていない人よりも社会に貢献しているという部分もあると思うんですが…。

園にかなり不満を持っている人もいるんでしょうが、

それをクレームとして園にはっきり言える人は、

なかなか入れない現状からすると、まずいないでしょうね。

園の対応によって、肩身の狭い思いをする親御さんがいないといいですね。

お子さんに負担がかかっていることは誰よりもわかっていますもんね。

朋ガーデンは、その辺のお母さんの気持ちを充分にわかってくれると思います。

お母さんの味方っていうことは、結局お子さんの味方っていうことなんですよね。

場所は、南浦和駅西口から徒歩で3分ほどのところです。

東側は公園で、環境もとってもいいです。

女性の目線で、保育をしてくれますので、

ぜひ、ホームページを覗いてみてください。

保育ルーム 朋GARDEN

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

やっぱり首相はパフォーマンスだけ?

菅さんの昨日の避難所訪問はひどかったですね。

見るに堪えませんでした。

ここまでくると、政府の無策をなじられるのは仕方のないことだとは思います。

でも昨日の菅さんのパフォーマンスに対して

「もう帰っちゃうんですか?」

と怒鳴られたのは、政府の無策とは別な問題で、

あの場で菅さんが避難している方々にどう対応するかの問題だったんだろうと思います。

最近、菅さんの「人格」ということに対する批判が野党だけでなく民主党内からもちらほら聞かれるようになりました。

私は、かねてから私の周りの人たちに、原発問題も含めこれだけの大災害の時に首相が菅さんだったのが最大の問題だと言ってきたんですけれど、

なんだか当たっちゃってたみたいで悲しくなります。

私も以前は様々な市民運動に関わってきましたけれど、

市民運動みたいなものっていうのは、誰もがカリスマって認めるような人がいない限り、

議論ばかりしていてなかなか前に進まないんですよね。

それがただの市民運動ならば、意見の違う人たちと議論をして、なかなか前に進まなかったとしても、それはそれなりに意義のないことではないと思うんです。

でも、それが政府となると、いろいろな組織を作って議論ばかりしていても、

前に進まないと何の意味もなさないし、

もたもたしてれば、ますます被害が広がることにもなりかねません。

やっぱり野党で文句を言っているだけの人だったんでしょうかねえ…。

私も文句を言っているのが好きなのでちょっと親近感はあるんですけどねえ…。

原発の被災状況を見に行ったときから、全然やることが変わってないですねえ。

ほんとに震災直後に原発を見に行ったのが正しかったと思ってるんでしょうか?

貝割れを食べたことがあると思ったら、

今度はキュウリ。

そんなことは誰でもできますよねえ。

パフォーマンスだけではねえ…。

それでは総理大臣は務まりません。

もう少し官僚を上手に使ってもらわないと…。

私たちは何のために税金を払って、優秀な官僚を雇っているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

同級生

ほぼ毎日来ている駅前のデニーズ。

ここはビジネスホテル(ホテルメッツ)とくっついていて、元はホテル内のレストランでした。

駅前に待ち合わせやちょっとお茶するところのほとんどない浦和駅としては、ここは大変便利で、いつもけっこう混んでいますが、

ホテル内のレストランだったころは、朝食の時以外ほとんどお客がいなくて、

いつもガラガラだったんです。

私はほぼ毎日ここで朝食を取るか、昼食を取るか、お茶するか…。

スタッフの皆さんとも顔馴染みです。

私がここを利用するのは、会社の近くに、ある程度の広さがあって禁煙・喫煙がしっかり分かれているところが他にないからです。

ここのデニーズは、他の郊外型のデニーズの店舗に比べると広さはありませんが、

禁煙席が一番奥にあり、

入り口を入ってすぐのカウンターに座るとタバコの煙はまったく気になりません。

そんなわけで、タバコの嫌いな私は、パソコンを持ってはここで食事をしたりお茶をしたり…。

パソコン1台あれば仕事ができる私にとっては絶好の居場所ということなんですね。

今日は、近くの鰻屋さんでお昼を食べて、お茶しにきました。

いつもはカウンターなんですけど、混んでいてカウンターに座れなかったので、カウンターからちょっと入った席に座ったら、

隣の席にいたのが中学校時代の同級生、Mさん。

今は中学の同級生と結婚してSさん。

ちょっとややこしいかな?

要するに、夫婦共々同級生なわけ。

一緒にいる女性と夢中になって話しているので、声をかけずにいましたが、帰りしなに声をかけました。

私は席に座って、すぐに気付いたのですが、

Mさん(Sさん)は気付かなかったみたいです。

かなりよく知っている間柄なのになんで?

ひょっとして体型が変わってしまった私が原因?

だとしたら、かなりショック!

一緒にいた女性はお姉さんだそうなので、夢中になって話をしていたんですね。

「話に夢中で気付かなかった」ということにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

東京・ニューヨーク間の190マイクロシーベルトはどこに…

まったく先の見えない原発事故。

テレビで解説をしている「専門家」という先生方が、

東電から多額のお金を受け取っているのは、多くの人が指摘しているところ。

当然といえば、当然で、本当にそうなんだろうと思います。

私も、その事実を自分で確かめられる立場にいれば、

もっとはっきり言うんですけど、

自分自身で確認できないので、まあ伝聞ということで…。

事故発生当初、よく出てきた数字が、

「東京・ニューヨーク1往復の被曝量の190マイクロシーベルト」。

10往復くらいは問題ないとか言ってたけれど、

これも私は「そうなんだあ」という世界。

はっきり言えるのは、

「この頃この数字は全く出てこなくなっちゃったけどなぜ?」ってこと。

これを言われてたころ、私は周囲にいつも言っていたのは、

「一日、外にいたくらいなら確かにそんなもんなんだろうけど、そこに住んでる人は常に浴びてることになるよね。ってことは、外にいたとしたら、10日で東京・ニューヨークを10往復しちゃうわけでしょ。だったら“問題ない”は変だよね」

でした。

もう1ヶ月。

とっくにニューヨーク10往復はしてるんじゃないのかな?

放射線量が高くなってはいないとは言ってるけど、

10往復っていうのが本当なら、

かなりやばい(?)んじゃないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さっそく…

1つ(たくさんあるんだけれど、とりあえず…)とっても気に入らないことがあって…

それは、今回の原発事故を「想定外」と言うこと。

これっておかしくないですか?

「想定内」という言葉は、かの堀江氏が使って有名になりましたが、

そもそも「想定内」に収まっていれば事故は起きません。

事故が起きたっていうことは、すでに「想定外」に決まってるわけで…。

例えば、車で事故を起こすときだって、事故を起こそうと思って起こす人は当たり屋くらいしかいないわけで、想定していないことが起こる(ハンドルを切れると思ったらきれないとか、飛び出しはないと思ったのに飛び出されたとか、居眠りはしないと思ったのに居眠りをするとか…)

言い訳としては最低ですね。

どうしてその程度の想定しかできなかったのかを恥じるべきです。

事故っていうのは、そもそも想定外だから事故なんだと思いませんか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お久しぶりです!m(_ _)m

どうもなかなか自分のブログまで手が回りません(笑)

子育てのこと、地震のこと、原発のこと、心のケアのこと…

発信したいことは山ほどあるんですけどね。

頻繁に広告の原稿を考えたり、

マイタウンさいたまの「子育てはお好き? -専業主夫の子育て談義-」は、

相変わらず毎週の連載を続けているし、

フリーペーパー「たまログ」の「心のQ&A」(これは妻がメインで執筆しているんですが、Qを考えたり編集したり)の連載をやったりしているので、

けっこう頭が混乱して、

ブログにまで気が回っていないということなんですよね。

毎日、ブログを更新している人、ジャーナリストの人、

尊敬しちゃいます。

まあ、とにかく発信したいことが山ほどあるにはあるので、

ぼちぼちになっちゃうかもしれませんけれど、

少しブログをアップしようかな…

ということで、頑張ります!

(前にも聞いたような台詞だが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »