« かつくらも、佐世保バーガーもなくなった?! | トップページ | 子どもたちの気持ちを学校はどこまで受け止められるか »

2009年4月 4日 (土)

《声の会》第5回自主公演を見てきました!

今日は、彩の国さいたま芸術劇場小ホールで行われた《声の会》第5回自主公演「ヴィヨンの妻でございます」を見てきました。 
妻の同僚だった小塚三郎先生(私は現代国語を教わったのですが)が出演しているということを、やはり同僚だった書道の平野滋通先生から伺ったので、久しぶりに小塚先生にお会いしたいなあといってみることにしました。

「声の会」は、”生活クラブ生協の呼びかけで、声を出して読むことを楽しもう、と約20名の老若男女が集まって発足”した会だとか。

プロという集団ではないけれど、一生懸命さはよく伝わってきました。

まあ、なにより、昔の小塚先生を知っている者としては、先生の声の良さにビックリ。

なんだかこれまで知らなかった小塚先生を知った気がしました。

舞台とかを見て、それまでのイメージが変わる人っていますよね。

小塚先生は、やはり小塚先生でしたけれど、どこか違う小塚先生であったことも確かです。

そう言えば保育園に通っていた長男の努は、運動会の演技にあった花笠音頭をまったく踊らず、曲が流れている間中ただ突っ立っていたことで有名になったほどでしたが、中学での内気でいじめられていた時期を通り過ぎて、今ではドイツのミュンスターでトップスタートして踊っているわけですから、人は変われば変わる者ですね。

うちのカウンセリング研究所でよく話題になる「潜在意識」っていうやつの仕業ですかねえ…。

「声の会」の公演でちょっと残念だたのは、朗読のテンポがちょっと速かったこと。

太宰治の作品ですが、テンポが速いので、語られた台詞から頭の中にイメージするよりも早く進んでしまい、ちょっとついていくのがしんどかったんです。

ついていけなくなると、中身を放棄して、声をただの音として聞くことになってしまうので、やや退屈になり眠くなってしまいますよね。

周りを見たら、けっこう寝ている人も多く見受けられました。

後半からは、調子が出てきたのか引き締まった舞台になり、とてもおもしろく鑑賞させてもらったんですが…。

どうも、子どもが舞台をやっているので、評価が辛めになってしまいます。

すみません。

何はともあれ、お元気そうな小塚先生にもお会いしましたし、久しぶりの舞台鑑賞で楽しいひとときを過ごさせてもらいました。

|

« かつくらも、佐世保バーガーもなくなった?! | トップページ | 子どもたちの気持ちを学校はどこまで受け止められるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142332/44565670

この記事へのトラックバック一覧です: 《声の会》第5回自主公演を見てきました!:

« かつくらも、佐世保バーガーもなくなった?! | トップページ | 子どもたちの気持ちを学校はどこまで受け止められるか »