« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

教師の体罰

熊本の体罰賠償訴訟の最高裁判決がありました。

結果は原告(児童)側の逆転敗訴。

この事件では「休み時間に女子児童をけった男児らを注意。男児が教員の尻もけったため、胸元をつかんで壁に押しつけ、もう、すんなよと怒った」ことが体罰に当たるかどうかが争われていました。

一、二審は体罰を認定しましたが、最高裁は「教育的範囲を逸脱しておらず、体罰に当たらない」として、一、二審を破棄。

原告の逆転敗訴となったわけです。

報道されている範囲でしか状況を把握していませんが、その範囲で言えば妥当なのかなあとも思います。

この事例では、その後児童がPTSDを発症したということで、損害賠償を請求していたわけですが、それほどの体罰であったのか、疑問が残るところでもありました。

その事件以前に、その児童に対してどんな教育がなされていたかということを無視すればということですが。

今回の判決が出たことで、「この程度までは体罰ではないんだ」という教師の判断により、体罰が増えることになりはしないかと大変心配です。

学校教育法11条は「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは文科相の定めるところにより、児童らに懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない」と規定しています。

基本的には体罰は、認められないわけで、どこまでが体罰でなく、どこからが体罰かという問題です。

孫の小学校では、教師の怒鳴り声が絶えません。

私が子どもを通わせていたころには、そんなことってあったかなあと今の状況を大変憂えています。

先生方からすると、「落ち着きのない児童、座っていられない児童が増えた」「怒鳴らないと言うことを聞かない」ということのようですが、それを繰り返せば子どもが萎縮し、創造性の欠如を招き、スケールの小さい子どもになるか、我慢しきれない子どもは、弱いものをいじめたり、教師に暴力をふるったりします。

「怒鳴る」というのは、身体に直接の害を与えるわけではありませんが、メンタルなことでいえば、肉体的な怪我よりももっと大きなダメージを与えることもあります。

大切なのは、何が体罰かということよりも、子どもにどんなダメージを与えたのかという議論だろうと思います。

事件が起こったときにその事件について、体罰か体罰でないかを論じるのではなく、日常的にどんな教育、どんな子育てが行われているのかを、学校も保護者も、双方が検証し、誰のための教育かを見直す必要があるのではないかと感じました。

これを契機に公然と体罰が増えませんように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

今日は雨なので…

今日は冷たい雨が降り続いているせいか、浦和駅周辺も人通りが少なくて…

今、パルコの地下の鮮魚売り場に行って、半額のパックをいろいろと買っていたら、いつものお兄さんが、

「はーい、これからどれでも4パック500円でいいですよ~!」

やったとばかり、買おうか買うまいか迷っていたパックをカゴに入れてしまいました。

900円ほどの値段のついたマグロ、ビンチョウマグロ、クジラの刺身、800円ほどのホウボウのパック。

ぜーんぶ合わせて500円!

これは安い!

ついついつられて、1900円のキンキ、1800円のゆで伊勢エビの半身で1000円というのも買っちゃいました。

全部で6パック。

しめて1500円也!

今晩はちょっと贅沢な夕飯になりそうです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草彅剛君の問題はずいぶん大きくなりましたね

酔っぱらって、裸になっただけなのに、ニュースの視聴率まで押し上げちゃったとか。

さすがスマップですね。

昨日の会見で、弁護士が言っていた「自宅だと思っていたかも…」なんていうあたりが真実でしょうかねえ。

お酒を飲む人は要注意。

やはり度を超してはいけません。

ちょー酒飲みの家庭に育った私としては、彼の行動にもビックリはしませんが、有名人は有名人らしく行動しないとね。

全裸で騒いでいる写真でも撮った人がいたら、とんでもないプレミアがつくところだったでしょう。

薬物反応もなかったみたいだし、誰か人を傷つけたわけでもないし、けっこう早く復帰を果たしそうですね。

やはりアイドルは、あまりイメージの壊れることはしないでもらいたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

焼いちゃったんだぁ…

私の叔母が4月7日、77歳で永眠しました。

今日は告別式。

2年生になった孫の蓮と9日に小学校に入学した沙羅は、わずか3年半の間に4回の臨終間際の立ち会いと6回の葬儀に参列してきました。

私でさえ、数えられるくらいの経験しかないのに、まだ小学校に上がったばかりの二人がこれほど頻繁に経験するのも珍しいことだと思います。

3年半前の義父(蓮と沙羅に取っては曾祖父)の死で初めて人が死ぬということを目の当たりにした蓮と沙羅。

火葬場で、義父に最後のお別れをしたとき、「これから焼くんだよ」と説明した妻に、蓮は「食べるの?」ととても恐ろしそうに尋ねていました。

それがほんのわずかな期間に6回。

斎場のトイレの場所も覚えてしまい、一人でトイレに行けるように…。

昨日の通夜のあと、沙羅は学校からもらった自由帳に、

「おばさん(正確には私の叔母ですが)のおそうしきにいきました。とってもかなしかったです。ほんとにかなしかったです。ほんとです」

と書きました。

今日、収骨所で遺骨を見た沙羅は、私にそっと寄ってきて、

「焼いちゃったんだぁ…」

ととっても悲しそうに言いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

子どもたちの気持ちを学校はどこまで受け止められるか

孫たちの通う小学校は、一昨日が始業式、昨日が入学式。

私の子どもたちが通っていたとき、PTA会長を何年かやらせてもらった関係で、来賓として招待状をもらいます。

去年は、孫の祖父という形で、保護者席で出席させてもらいましたが、今年は来賓として参加させてもらいました。

時の流れとともに、入学式の形態も大きく変わるもので、私が会長をしていたころは、来賓として参加するのは、PTAの三役だけ。新入生、在校生とも会場を出た後に、保護者だけを残して、PTAの組織についての説明をさせてもらっていたのですが、去年も今年も、来賓がいっぱい。

式後にPTAの説明があったかどうかはわかりません(娘は何も言っていなかったので、たぶん何もなかったと思います)が、いいか悪いかは別として、式の雰囲気が一変してしまいました。

以前は、在校生が新しい仲間を迎える楽しい行事というイメージの式でしたが、今は全くの儀式という感じです。

昨日も緊張のあまりか途中で気分を悪くしてしまう1年生もいて、ちょっとかわいそうでした。

さて、うちの孫ですが、一昨日の始業式の日は、なんと朝4時に起きていました。

学校に行きたくてしょうがないらしく、お友達のA子ちゃんが来るのを待ちかねて、「いってきまーす」と大きな声を出したかと思うと、後ろも振り向かず走っていってしまいました。

昨日入学式だった沙羅も、学童保育に行く関係で、一昨日も学校へ行ったのですが、兄の蓮と一緒に行こうと急いで着替えていたようなのですが、結局間に合わず母親と行くことに。

すごい勢いで、

「沙羅ちゃんも行く、沙羅ちゃんも行く」

とぐずっていましたが、自分の着替えが遅かったことに納得したらしく、そのうちあきらめ、ニコニコしなが、母親と学校へ出かけていきました。

小学校の1,2年生なんて、こんなに純粋に学校に行きたいんですよね。

いつから、いったい学校が楽しいところではなくなってしまうのでしょうか。

一昨日、昨日と蓮に学校は楽しかったかと尋ねたところ、ちょっと暗い顔になって、

「おもしろくない」

と言っていました。

担任は怖いという話です。

どうも学校というところは、教師の言うことを聞くということを中心に考えているようで、「まず一発かましとけ」とばかり、脅したり、怒ったり…。

本来は、「学校は楽しいところだよ」というメッセージを送るべきなんだと思いますけどね。

入学式のあいさつの中では、校長先生も担任の先生も言葉で「楽しいところだよ」と言ってはいるのですが、どう見ても顔がそう言っていないんですよね。

いつまで、子どもたちが学校に行きたがってくれるのやら…。

比較的うちの子どもたちは学校が好きだったんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

《声の会》第5回自主公演を見てきました!

今日は、彩の国さいたま芸術劇場小ホールで行われた《声の会》第5回自主公演「ヴィヨンの妻でございます」を見てきました。 
妻の同僚だった小塚三郎先生(私は現代国語を教わったのですが)が出演しているということを、やはり同僚だった書道の平野滋通先生から伺ったので、久しぶりに小塚先生にお会いしたいなあといってみることにしました。

「声の会」は、”生活クラブ生協の呼びかけで、声を出して読むことを楽しもう、と約20名の老若男女が集まって発足”した会だとか。

プロという集団ではないけれど、一生懸命さはよく伝わってきました。

まあ、なにより、昔の小塚先生を知っている者としては、先生の声の良さにビックリ。

なんだかこれまで知らなかった小塚先生を知った気がしました。

舞台とかを見て、それまでのイメージが変わる人っていますよね。

小塚先生は、やはり小塚先生でしたけれど、どこか違う小塚先生であったことも確かです。

そう言えば保育園に通っていた長男の努は、運動会の演技にあった花笠音頭をまったく踊らず、曲が流れている間中ただ突っ立っていたことで有名になったほどでしたが、中学での内気でいじめられていた時期を通り過ぎて、今ではドイツのミュンスターでトップスタートして踊っているわけですから、人は変われば変わる者ですね。

うちのカウンセリング研究所でよく話題になる「潜在意識」っていうやつの仕業ですかねえ…。

「声の会」の公演でちょっと残念だたのは、朗読のテンポがちょっと速かったこと。

太宰治の作品ですが、テンポが速いので、語られた台詞から頭の中にイメージするよりも早く進んでしまい、ちょっとついていくのがしんどかったんです。

ついていけなくなると、中身を放棄して、声をただの音として聞くことになってしまうので、やや退屈になり眠くなってしまいますよね。

周りを見たら、けっこう寝ている人も多く見受けられました。

後半からは、調子が出てきたのか引き締まった舞台になり、とてもおもしろく鑑賞させてもらったんですが…。

どうも、子どもが舞台をやっているので、評価が辛めになってしまいます。

すみません。

何はともあれ、お元気そうな小塚先生にもお会いしましたし、久しぶりの舞台鑑賞で楽しいひとときを過ごさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

かつくらも、佐世保バーガーもなくなった?!

浦和駅前のパルコ。

どうもいまいち人の入りが悪くて、どんどん店舗が替わっています。

ついこの間も、「かつくら」でカツを食べようとしたら、「あれっ? かつくらがない!」

仕方なく、佐世保バーガーを食べうようと地下に行ったら、「あれっ? 佐世保バーガーがない!」

どちらもなくなってしまったんですね。

佐世保バーガーのところは、まだ何が入るかも決まっていないのか、覆いがしてあるままでした。

次はどこがなくなっちゃうのかなあ…。

様子を見ていると、次はアイスクリームの「コールドストーン」辺りじゃないかなあ???

寒いのは寒いけれど、開店当初の行列からは考えられないくらいのすきよう。

列が出来るなんてとんでもない。

スタッフの数もだいぶ減って、最初のころのように歌も出ない。

あの値段、あの甘さ、やはり日本の文化には馴染まないんじゃないかなあ。

果たして夏まで頑張れる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »