« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

歌舞伎座改築

歌舞伎座の老朽化が進み、改築するそうです。

何度か歌舞伎座にも足を運びましたが、歌舞伎の中身もさることながら、あの建物には何か感じるものがありました。

今度は、高層ビルになっちゃうとか…。

全体が高層ビルになるのはいいけれど、今までの建物をほぼ忠実に復元しようとした所有者の松竹に対して、石原知事が「銭湯みたいで好きじゃない」って言ったことで、デザインが変わって、モダンなガラスを多用した作りになったとか。

イラストも新聞に載っていたけれど、これでホントにいいのっていう感じ。

たしかに寺社といった類の文化財ではないので、立て替えのたびに新しいものになるっていうことを頭ごなしに否定するつもりはないけれど、「銭湯みたいで好きじゃない」っていうのは、いったいどういうこと?

今までの歌舞伎座はまるで銭湯のようっていうことを言いたいの? それとも銭湯は下品だとでも言いたいの?

行き当たりばったりの思いつきの好きな知事のこんな一言で、日本文化の象徴である歌舞伎座のデザインが、いとも簡単に変えられちゃっうっていうことに、とても疑問を感じます。

松竹も、自社の考えっていうものはないんでしょうか?

しっかりとしたポリシーを持つことこそ、芸術を仕事としている会社の命だと思うんですがね。

ドイツでダンサーをしている息子が、インスブルックにいたころ住んでいたアパートは、築300年とか400年とか。ただのアパートがです。ヨーロッパには、そういう文化がありますね。

気候風土が違うとはいえ、寺社においては数百年も建っている建物はたくさんあるんだから、文化としての歌舞伎をそのソフトの面からも、そのハードの面からも、もっと強く守ろうという意識があっていいんじゃないかと思います。

エレベーターがなくて、座席も狭い今の歌舞伎座が、時代にそぐわないのはわかるけれど、すべてを近代的にする必要があるんでしょうか。

ぜひ、松竹には再考を促したいものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

高速道路の料金が下がる!

高速道路の通行料が1000円になるってホント?

早くしてほしいですよね。

ドライブ好き(というより私の場合は運転好きかな?)の私には願ってもないことです。

毎日、青森から鹿児島までを車で走りたいくらい。

しばらく遠出はお預けですね。

遠くへ行くなら、料金が下がってから。

なかなか時間が取れないので、必死で時間を作ったとしても2泊3日がやっとかな。

ということは、飛び石連休を探せばいいわけだよね。

もちろん3連休でもいいけれど、3連休は混むからね。

月曜日が休みじゃなくて、火曜日が休みのところ。

えっとぉ、今年の飛び石連休は、

え~っ、水曜日が休みっていうのは結構あるのに、月曜日が休みじゃなくて火曜日が休みっていうのは、11月1日、3日しかな~い!

これはショック!

今カレンダーを見ていたら、9月が真っ赤なのにビックリ!

9月って、20日(日曜)、21日(敬老の日)、22日(国民の祝日)、23日(秋分の日)が休みなの?

土曜日からだと、5連休!

こりゃ、ゴールデンウィークなみだぁ!

もっとも私の仕事にはあまり関係ないけどね。

プラスかなあ、マイナスかなあ?

生産調整をしている自動車産業については、プラスなのかねぇ、それともマイナスなのかねぇ?

これで車が売れることになるのやら。

でもとにかく、ETCは売れるだろうね。

ちょっと遠出をすれば、1回でETC代くらい出ちゃうもんね。

11月まで待つのは嫌だから、ゆっくり旅行の計画でも考えようとしようかな。

いくら高速道路の料金が下がるとはいっても、ガソリン代もかかるしね。

ガソリン代も安くはなったけど、やっぱり近場っていうことになっちゃうのかもね。

遠出は、景気が良くなってからっていうとこかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

マルキューさんの釣りエサって人間も食べられるってこと知ってた?

あけましておめでとうございますsign03taurustaurustaurustaurustaurus

今日は、午前中に釣りエサで有名なマルキュー(株)様でDVD「素敵なお産をありがとう」の上映と講演をやらせてもらいました。

もともとは、メンタルヘルスケアについての妻の講演会ということでしたが、社長さんに「素敵なお産をありがとう」をご覧いただいたところ、「これで」ということになり、上映と妻と私の講演をやらせていただくことになりました。

やはり、出産の映像というのは相当インパクトがあるようで、皆さんいろいろと思うところがあったようです。

講演の準備もあり、何度か社長さんとお話しをさせていただきましたが、そのお話しの中で感心したのは、釣りエサではあるけれど、人間も食べられるということ。

実際に社長さんが釣りエサに使うポテトを口に入れたところを見て、ちょっとビックリしましたし、人間に良くないものは使わないという会社の姿勢にとても感心もしました。

エサを食べるのは魚。

けれども、釣れた魚を食べるのは人間です。

最終的に人間の口の中に入るものですから、化学物質は人間の身体にどんな影響があるかわかりません。

ですから、そのこだわりは当たり前といえば当たり前ですが、たかが釣りエサという気持ちが人間の中にあるのも確か。

釣りエサのメーカーがそんなふうに考えて、製造しているなんて思ったことがありますか?

信用を裏切るような企業が多い中、防腐剤さえも控えているというマルキューさんの姿勢には、とても感動しました。

ドッグフードが食べられるというのは皆さんご存じかと思いますが、釣りエサも食べられる(一部食べない方がいいようなものもあるようではありますが)なんて知ってましたか?

今度、孫と釣りに行ったときにちょっと食べてみようかな?

もちろん製造元がマルキューさんであることをしかりと確かめてからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »