« 桐生第一高校の不祥事 | トップページ | 日本の野球のレベルはあんなもんだよね »

2008年8月17日 (日)

北京オリンピック

女子のマラソンが終わりました。

野口みずきは肉離れを起こしちゃうし、土佐礼子は外反母趾。

どうも日本選手の調整はうまくいってなかったみたいですね。

間違いなくメダルを取りそうな報道にはあきれるばかり。

テレビを見ていると、「××金メダルへ!」なんていうテロップが出てるから、金メダルが取れそうなの?と思って見てみると、「へっ! まだ予選じゃん!」。

もうちょっと正しい報道を心がけて欲しいよね。

まあ、勝ってほしいと思うけど、今日の女子マラソンだって、有森裕子の解説を聞いていたら、何のことはない土佐礼子は外反母趾が痛くて、痛み止めを飲んでの出場とか。

そんな状態で42.195㎞を走りきれるわけないじゃん!

あの根性の土佐礼子が泣きながらリタイアする姿は、あまりにも痛々しくてかわいそうでした。

テレビの音声からは「ごめんなさい!」って言っていたように聞こえたけど、野口みずきの欠場で、相当の重圧がかかっていたんでしょうね。

スタートする前からわかっているんだから、テレビの報道でも、

「痛み止めを飲んでの出場ですが、ついていけるでしょうか」

くらいのコメントにしてあげればいいのに。

土佐礼子の頑張りは、みんな充分知ってるんだから。

野球と室伏はほんとに金メダル取れるんかい?

|

« 桐生第一高校の不祥事 | トップページ | 日本の野球のレベルはあんなもんだよね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック:

« 桐生第一高校の不祥事 | トップページ | 日本の野球のレベルはあんなもんだよね »