« 四川省の被災地に派遣された日本の救援隊 | トップページ | 少しは教育界にメスが入るか… »

2008年6月10日 (火)

秋葉原の事件

秋葉原の事件の容疑者、加藤智大容疑者の父親がインタビューに答えている映像が、たった今NHKのニュースで流れました。

亡くなった方にも親御さんがいるように、容疑者にも親御さんがいます。

これだけの事件なので、さぞ取り乱しているのかと思ったら、一応謝ってはいるけれど、あまりにも冷静(本当は冷静ではないのかもしれないけれど少なくともそう見えた)にインタビューに答えていることにビックリしました。

公人ではない誰かを直接的に批判するのは、あまり好みませんけれど、これだけの事件にもかかわらず、普通にしゃべれる、この親の態度がすべてなのだろうと感じてしまいました。

どう見ても、何も責任を感じていないように見えます。

取り乱したふりも問題ですけれど、こんなに普通にしゃべれるものなのでしょうか。

「申し訳ありません」という謝罪の言葉は、ただただむなしく響くだけでした。

|

« 四川省の被災地に派遣された日本の救援隊 | トップページ | 少しは教育界にメスが入るか… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原の事件:

« 四川省の被災地に派遣された日本の救援隊 | トップページ | 少しは教育界にメスが入るか… »