« 「内閣府認証」って何? | トップページ | 四川省の被災地に派遣された日本の救援隊 »

2008年5月20日 (火)

〈赤ちゃんポスト〉預かりは17人

熊本市の幸山政史市長の「母親の手紙にはつらい思いが読み取れるものもあった。救えた命がある点で、(ポストの)設置許可の判断は間違いなかった」っていうコメントは何ですかねえ。

ポストに捨てられた子どもたちが、「ポストがなければ生きられなかった」というのは、ポストを設置している側の身勝手な幻想です。

ポストに捨てられた子どもたちの上に存在する事実は、「親に捨てられた」ということだけです。

自分たちが「子どもの命を救った」という言い方はやめた方がいいですね。

「捨てることを助長した」という事実を包み隠してしまいます。

こういう問題に感情が入り込むのはよくあることですが、こういう問題だからこそ、感情を排除して、事実を真正面から見つめるべきです。

|

« 「内閣府認証」って何? | トップページ | 四川省の被災地に派遣された日本の救援隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〈赤ちゃんポスト〉預かりは17人:

« 「内閣府認証」って何? | トップページ | 四川省の被災地に派遣された日本の救援隊 »