« 市立川口高校校長の失態 | トップページ | 浦和パルコ レストランの感想 その2 »

2008年3月13日 (木)

鼻マスク ノーズマスクピット

ノーズマスクピットを使ってみました。

こりゃ詐欺か!

「誰にも気付かれずに花粉・風邪予防!
マスクが苦手な方必見!」

なんていうキャッチもあるようだけれど、誰にでも気付かれちゃう!

それだけじゃなくて、ちょっと心配はしていたんだけれど、鼻がむずむずしてしてるのが苦痛です。

むずむず感が気になって、私の場合、肩が張ってしまいました。

それだけではありません。

かゆいような、くすぐったいような、すでに4個を使いましたが、1時間しているのは大変です。

あまりにむずむずするので、まあ30分くらいがいいところかなあ…。

まだまだあります。

ホームページ上で、花粉対策用品としての「ピットストッパー」(鼻水を抑えるための製品)との区別がつきにくいので、私は最初間違ってピットストッパーを注文してしまいました。しかも、「ピットストッパー」はほぼ「M」サイズでよかったので、新たに「ノーズマスクピット」を注文するときに「M」サイズを注文したんですけど、こちらは「M」サイズでは、全然小さくて、結局「L」と「LL」(メーカーのホームページからは注文できません。電話をかけて初めてもう販売していないそうですが、在庫があるとかで手に入りました。)を頼んじゃいました。

3回の注文で、1万円を超えちゃったよう!

もっとわかりやすくしとけよぉ!っていう感じです。

LLでも(Mでは、鼻の穴の3分の1くらいが空いている感じです。そんなに鼻が大きい方ということもないと思いますけどね)、鼻の中に隙間が空きます。むずむず感の他に、どうも私にとっては、その隙間がくせ者らしく、鼻で呼吸をしたときに、その隙間から入ってくる空気(花粉入りの)が、通常より通過する部分が狭い分、勢いよく鼻を通過してしまって、喉に強く当たります。そのせいか、喉がやたらと渇いて、痛みも感じてしまいます。

それと、明らかにノーズマスクピットを入れているせいで、鼻水が出ます。要するに、刺激をしてしまうわけですよね。

これを作った人は、まったく花粉症になったことがない人ではないかと思います。

確かに、鼻の穴が小さくなるわけだから、データ通り花粉は防げているのかもしれませんが、花粉症の人は、鼻の中が炎症を起こしていたりするので、刺激になるのはまずいですね。

入れているためにくしゃみが出たということは、あまりありませんでした(計3時間くらい入れて、むずむずしたために出たくしゃみの回数は2回です)。

これをNHKが取り上げたというのは、まずいんじゃないですかね???

花粉症の人は、ワラにもすがる思いで、なんでも買うと思うんですよね(私も然り)。

これは、それほどのものじゃないと思います。

私の場合、1万円も使ってしまったのに、結局、普通のマスクと花粉症用メガネに戻りました。

やはり、大きなマスクで口と鼻、メガネで目を覆うのが一番に思います。あとは、目と鼻の洗浄ですね。

ノーズマスクピットで、具合がよかった方がいたら、ぜひどんな使い方をしたのか、教えてください。

メーカーの人、販売している人はだめですよ!

|

« 市立川口高校校長の失態 | トップページ | 浦和パルコ レストランの感想 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼻マスク ノーズマスクピット:

« 市立川口高校校長の失態 | トップページ | 浦和パルコ レストランの感想 その2 »