« 揺らぐ食の安全 | トップページ | いよいよ花粉が飛び始め… »

2008年2月22日 (金)

浦和パルコ レストランの感想 その1

パルコがオープンしてはや4ヶ月。

まだまだ全部は入ってないけど、いくつかのレストランで食事をしてみましたので、その感想を発表!

全体的に見て今一かなあ???というのが正直なところ。

まず第1回の今日は、中国料理「Lop-Nor」(ロプノール)。

正直ここには、がっかり。

ついこの間、ランチタイムに行ってランチの中では一番メインそうな「シルクロードセット」を注文。

「ぐるなび」によると「前菜や点心をはじめ料理、締めくくりのチャイニーズパスタまでボリュームたっぷりのセットです」。

えーっ、うっそー!

確かに私は人より食べる方ではあるけれど、あれが「ボリュームたっぷり」とは驚きです!

しかもエビのチリソースは明らかに冷凍と思われる「シュリンプ」のようなエビ、そして量を増やすためのフライドポテトが入ってる始末。

いくらなんでもフライドポテト入りのエビチリとは…。

鶏肉のカシューナッツ炒めは、ピーナッツ入り。

最後(デザートの前)に出てくる季節野菜のチャイニーズパスタは、のびた野菜無し・汁無しタンメンみたいな…。そして、麺の量はほんの一口。

はーっ? これで1500円はないだろっ!

1000円でも高ーい!

かろうじてデザートの杏仁豆腐だけは美味しかったけど、たぶんもう2度と行かなーい!

結局、あまりにも量が少なくて、食べ足りなかったので、地下の「まい泉」で、ロースカツ弁当をかって帰る羽目に。

あーあっ、美味しくないものを食べて昼食に2100円(プラス消費税)かかっちゃったよ!

がっかり 

|

« 揺らぐ食の安全 | トップページ | いよいよ花粉が飛び始め… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和パルコ レストランの感想 その1:

« 揺らぐ食の安全 | トップページ | いよいよ花粉が飛び始め… »