« 生後2週間の赤ちゃんが殺される! | トップページ | 赤ちゃんポストの影響大? »

2008年1月26日 (土)

スピリチュアルカウンセリング

江原啓之氏がここのところ話題になっているようです。

ご本人のブログの中で、

(フジテレビから)「私自身が不覚また迂闊に騙されたことは事実」

とおっしゃっています。

「えっ? ”霊能者”も騙されるの?」

と不思議な気持ち。

27時間テレビの「望んでいないカウンセリング」を受けさせたという問題や死んでいないお父さんを死んだことにしちゃった問題など、どんどん問題は出てくるばかり。

私だって「先祖の霊を敬う」という気持ちがないわけではないけれど、「先祖の霊」なんていうのは、私自身の中にあるものであって、他人に見えるわけがない。

早く「全部嘘でした」って謝っちゃえばいいのに…。

「カウンセリング」なんていう言葉を使ってはいるけれど、それはあくまで人の話を聞くという程度の広い意味でのカウンセリングであって、メンタルヘルスケアのために行っている狭義のカウンセリングとは違いますよね。

もっとも人によっては「スピリチュアルカウンセリング」が、ある一定のメンタルヘルスケアにつながっていうるということも否定するものではありませんが。

まあ、霊視なんていうのは、鉛筆を立てて倒れた方向で”あっち!””こっち!”なんてやってる占いの範囲。

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」

信じることで、自分の励みにするという程度のものなんだから、それを逸脱して、あたかも真実のように扱うのはどうかなあ…。

もし霊視が絶対のものなら、今年のプロ野球チームはどこが優勝するかなんてそんなヤボのこと私は聞こうとは思わないけれど、少なくとも「フジテレビに騙された」ていう江原氏というのは、いったい何なんですかねえ?

目の前にいて、話をしている相手の気持ちすら読めなかったんでかねえ???

不思議な霊能力者ですね。

|

« 生後2週間の赤ちゃんが殺される! | トップページ | 赤ちゃんポストの影響大? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルカウンセリング:

» 出産 [出産]
出産 [続きを読む]

受信: 2008年1月26日 (土) 08時19分

» うつ病克服体験記 [うつ病の克服,スピリチュアルカウンセリング]
うつ病は本当につらい病気です。 うつ病にかかってみないとその苦しみは理解できないと思います。 たとえ、親や配偶者でも患者のことを本当に理解することは困難と思われます。 私自身、30年近く、うつ病に苦しんできました。 休職も経験し、鉄格子の病棟に入院していたこともあります。 最初に身体に異変を感じたのは、 昭和56年(1981年)頃でした。 とにかく、身体がダルくて、頭がボーっとして、 人込に出ると頭が痛 ... [続きを読む]

受信: 2008年1月26日 (土) 16時06分

« 生後2週間の赤ちゃんが殺される! | トップページ | 赤ちゃんポストの影響大? »