« 波乱の幕開け | トップページ | インフルエンザ猛威を振るう! »

2008年1月 8日 (火)

福岡3児死亡事故に判決

例の大上さんの事故の判決が福岡地裁で言い渡されました。

う~ん、予想はしていたとは言え、大上さんにとっては辛い判決になりました。

被害者感情からすれば、死刑も当然くらいに思えるだろうから、業務上過失致死傷罪の適用に終わったことは、やるせない思いだと思います。

けれども、裁判というのは証拠主義に基づき進められるので、罪に照らして証拠が十分かどうかが問題になるだけなので、被害者の感情というのは限りなくゼロに近く無視されます。

ニュースなどの論調は、やはり被害者感情に配慮してか、裁判所の判断を是としない方向で、報道されていますが、今回の判決は、「司法」の観点からすると、至極妥当な判決に感じます。

危険運転致死傷罪が、「故意」を構成要件としている以上、その適用は厳格になされるべきであり、もし被害者感情に基づき、非常に緩く適用されるとすれば、警察のいい加減な捜査を招きかねません。

今回の事故も当初、警察の判断が「酒気帯び」だったことを考えれば、危険運転致死傷罪の適用には無理があります。

結局「脇見」ということのようですが、まあ仕方のない判決ですね。

ただ、もし自分が大上さんの立場でも、そういっていられるのか、その辺のことは、私にも整理がつきませんね。

|

« 波乱の幕開け | トップページ | インフルエンザ猛威を振るう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡3児死亡事故に判決:

« 波乱の幕開け | トップページ | インフルエンザ猛威を振るう! »