« 赤ちゃんポスト、一人の親が戻る | トップページ | 新たな家族が誕生! »

2007年9月18日 (火)

教育改革の落とし穴

安倍首相の突然の辞任劇には、日本中が驚かされましたね。

参院選後の続投宣言は何だったのか。

想像を絶する重圧がかかっていたんだろうと気の毒に思いますが、しかしすべては自分が引き起こしたこと。誰のせいでもありません。

ずいぶんとタカ派色の強い内閣でしたけれど、理念ばかりが先行して、足もとの政策が出来ていなかった感じがします。

それがよく言われる「国民感情とずれている」と言うことなんでしょう。

教育基本法が改正されました。長い間の懸案でしたから、安倍さんにとってはとても重要なことだったんでしょうが、条文の中に愛国心を謳ったところで、愛国心がわくわけではない。

どういう国作りをするかは、最終的には国民全体の問題ですが、まずは政治の問題。

「国を愛しなさい」という前に、愛される国を作るのが政治家の責任です。

教育の現場で、「ちゃんと授業を聞きなさい」という前に、教師がちゃんと授業をすることが必要なのと同じですね。

権力というのは、自分が責任を果たすことでしか維持できない。

それができなかったのが、安倍さんだったわけですね。

教育改革に意気込んではみたけれど、「子どもをしっかりと育てる」という前に、「しっかりと育てられる必要があった」のは、安倍さんご自身だったんですね。

|

« 赤ちゃんポスト、一人の親が戻る | トップページ | 新たな家族が誕生! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育改革の落とし穴:

« 赤ちゃんポスト、一人の親が戻る | トップページ | 新たな家族が誕生! »