« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月21日 (火)

赤ちゃんポスト、一人の親が戻る

8月は2人の男の子が赤ちゃんポストに入れられたとか。

でも一人の親は、子どもを引き取りにきたそうです。

本当によかった!

でも、すでに6人の子どもが赤ちゃんポストに入れられたとのこと。男の子5人と女の子1人。

こんな短期間に、愕然とする数字です。

もしポストがなかったとしたら、熊本付近の6人の赤ちゃんが遺棄されて、殺された?

そんなわけないじゃないですか!

「死んでしまう子どもを救っている」なんて言うのは、詭弁です。

これまでに、赤ちゃんの遺棄致死事件がそんなにあったわけではありません。

前からあらゆるところで語っているように、ポストがあるからといってポストに入れ、遺棄しないわけではなく、、遺棄してしまうような親はどこにだって遺棄するし、殺して押し入れにだって入れるんです。

子どもを遺棄できるような親が、子どもを死なせないために、ポストまでわざわざ出かけるなんて、まず考えられません。

ポストの設置は、結局、子どもが捨てられ易くなっただけです。

ポストに入れに行く親は、もしポストがなければ、なんとか自分で育てる努力をする親です。

それがどんなに大変なことかというのは理解できますが、だからといって私は「ここへ捨ててもいいですよ」とは言いません。

社会が何をすべきかと言えば、その大変な思いをしている親を、親として子どもが育てられるように支援すべきです。

それが社会の責任です。

「最近の若い親は…」という言い方をよく聞きます。もしそれが正当であるとすれば、親としての責任を果たすよう諭すのが、年配者の責務です。

「捨ててもいいですよ」は、どんな理由があるにせよ、間違っています。

そんなバカなことを平気で言える大人が、「最近の若い親は…」を助長しているんですよね。

6人も子どもが捨てられたというのを聞いて、とても腹が立ちました。

捨てた親はもちろんですが、ポストの存在にです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

やっと…

一番下の翔(かける)が、一昨日の埼玉県アマチュアゴルフ選手権の予選をトップタイで通過しました!

小学校4年でゴルフを始めて、本人は一応プロを目指しているようですが、精神的に弱いところがあって、なかなか結果を出せずにいましたが、予選とはいえ、とりあえずトップ。

「勝ちきる」ということに慣れていない翔にとっては、いい経験になったと思います。

私は、まったくゴルフをやらないので、「親にやらされている子」に比べると極端にラウンド経験が少ないので、無理もないとは思います。

が、それにしても、精神的に弱すぎる!

私が育ったころの浦和というのは、サッカーの全盛時代。現在は先輩、同級生、後輩がサッカー協会で活躍中。

協会の話題、全日本の試合などを見ていると、必ずと言っていいほどテレビ画面の中に知ってる顔を見ます。

そういう時代に育っていると、「勝つ」ということの意味というか、「勝ち方」というか、そういうものをどこか身体の中で感じることができます。

どうも翔には、そういうものがない。

「おいおい、そんなことやってたら、勝てるわけないだろっ!」いつもそんな感じです。

スポーツっていうのは、基本的にはゴルフでも、サッカーでも同じだと思うわけ。

「勝ちきる」ことができないと、なかなか芽が出ない。

どんなに才能があって(翔に才能があるかは何とも言えないけれど)も、才能だけではね。

なかなか勝ちきれなかった翔が、これで一皮むけてくれるといいんだけどね。

去年の県アマ(?)かなんかで、今、話題の石川遼くんとも一緒に回ったことがあるらしいけど、彼のようにプロと一緒の試合で、勝ちきるくらいの精神的強さがほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »