« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月10日 (火)

人の心に寄り添う

湯西川温泉まで行ってきました!

宿泊するのは、これで2度目です。

夏になると、魚(ニジマス)のつかみ取りをやっているので、

子どもを連れて何回か訪れているのですが、

宿泊は、去年の秋に1回、そして今回で2回目です。

去年は、「本家伴久萬久旅館」に泊まりました。

そして今回は、「平の高房」です。

「本家伴久萬久旅館」には、まあまあ満足。

また行ってもいいかなと思ったんですが、今回はがっかり。

けっこう期待していったんだけどなあ…。

何ががっかりかっていうと、

露天風呂のロケーションと食事のときの女将の説明などなど。

湯西川といえば、露天風呂は「川沿い」と思っていたのが、大間違い。

今回は、あまり丁寧に宿選びをしなかったので、自分の責任なんだけど、

露天風呂の塀の向こうは道路。

貸し切り露天も男女別の露天も全く同様。

もちろん、電柱はあるし、電線も見えるし、全く風情がない。

湯西川でも一番奥なのに…。

ちょっと石の上に上がると、車が走っていくのが見えちゃう。

けっこう雪が降るせいだと思うんだけど、露天風呂の上半分にかかっている屋根は、プラスチックの波の板。(あれなんて言うんだろう?亜鉛板じゃないから、トタンとは言わないんだろうけど、プラスチックでできたトタン板みたいなやつ)

はあ、もう興ざめ。

それだけじゃない。

夕食のときの女将の料理の説明ときたら、まるで指示・命令といった感じ。

囲炉裏焼きなんだけど、「団子は醤油をつけて、焼いてください」

と説明したかと思うと全員が醤油をつけて囲炉裏に差すのを待ってるんだよね。

とにかく「××してください」と命令をしては、全員がやるまで待つ。

それの繰り返しって言う感じかな。

妻は、血圧が高めなので、あんまり醤油はつけたくないんだけど、仕方なく醤油をつけて囲炉裏に差してたけど、全くそれぞれの事情を認めない。

しかも、小さい鍋があって、最初に固形燃料に火をつけろっていうから、つけといたら、女将の説明が長くて、説明が終わったころには冷めた。

それだけじゃなくて、私はアルコールを飲まないので、

「すぐにご飯を持ってきてください」

と頼んだら、返ってきた答えは、

「今、厨房がバタバタしてるので、もう少し待ってください」

はぁ? ご飯は普通頼めばすぐ出てくるもんだろっ!っつうの!

女将は、元教員なんだそうだけど、旅館をやっているのに、教員臭さが全く抜けてない。

教員と旅館は、職業でいえば対極にあるようなものだから、なかなか難しいのはわかるけど、やはり客商売は、お客のニーズを考えないと…。

どう考えても、食事の場面の主役がお客ではなく、女将になってる。

お金を払って、女将のパフォーマンスを無理矢理見せられてるって感じかな。

建物も階段が多く、部屋まで行くのに何段階段を昇ったことか。

だいたい4階に行くくらいの階段があったと思う。

それを食事のたび、お風呂のたびに、昇るんだから、けっこう大変。

壁が薄いらしく、隣の部屋のドアの開け閉めはもちろん、テレビの音まで聞こえてくる。

「静けさを買いに行った」つもりなのに、夜は、暖房の音がうるさくて、目をつぶるとまるで頭の上を戦闘機が飛んでいるよう。

けっこう格の高い旅館に泊まったつもりだったんだけどなあ…。

ロケーションはなかなか自由にはならないことだけれど、

ロケーションがあまりよくないのなら、それなりにやりようはあるはず。

大切なのは、お客一人ひとりが何を求めてきているのかっていうこと。

「湯西川」という土地柄を考えれば、ほとんどの人が都会の喧噪を離れて、

「静」を求めにきているはず。

人の心にしっかりと寄り添わないと、結果として旅館業は失敗ということになっちゃうよね。

「持ちつ持たれつ」ということなしに、商売は成り立たないと思うんだけどなあ。

自分の自己表現の場なだけではねえ…。

とっても身体の温まるいいお湯だっただけに、もったいない。

もちろんすべてのお風呂が源泉掛け流しでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

「日本の親と中国・韓国の親 その3」

(これはマイタウンさいたま連載エッセイコーナー「子育てはお好き? 専業主夫の子育て談義」に連載しているものと同一のものです)

さて、3回目でやっと各論まで行き着きました。
「その1」でも述べたとおり、産経新聞の意図は、「日本の子どもたちは親のしつけがなっていなくて、子どもたちの中にいじめを容認する風土がある」っていうことですよね。もちろんそれは、日本青少年研究所の調査の意図ともつながるわけです。
「日本の小学生は中国や韓国に比べて家庭で注意を受ける割合が際立って低い」「家庭での教育力の低さが浮き彫りになっている」「最近の日本の親は、親と子は別個の存在と考える米国型の価値観に変化してきているため、子供に注意をしないのではないか」「「先生・親の言うことをよく聞きなさい」とよく言われる子供は2割前後で、両国の半分。先生と親の権威低下がうかがえた」などなど、日本は子どもを甘やかしている、と…。
私は、必ずしもそうは言えないと思うんです。注目する質問の項目がどこかということ、加えてその結果をどう見るかということで、それに対する評価が違ってきます。典型は「先生・親の言うことをよく聞きなさい」なんていう項目ですよね。「注意を受ける割合」ということを考えると、文化の違いによる「善」と「悪」の価値観はどうか、そしてその価値観に照らして「子どもたちは注意を受けるようなことをしているのか」が問題になります。まあ、ちょっと皮肉った言い方をすれば、「日本の子どもは、先生からも、親からも注意をされないくらい、いい子なのかもしれない」ということだって言えるわけでしょ。もっとも、「全体的な回答を見て判断しているんだ」といわれるかもしれませんが…。
ここで、調査項目をすべて挙げるわけにはいかないけれど、私はこの調査の結果わかったことは「中国」vs「日本・韓国」という構図だと思います。かたや今まさに経済発展をしようとしている超大国、かたや発展がある程度なされて持続的発展をどうするかという段階の、国土の小さな国という構図ですから、そういう区分けになることは当然です。
とはいえ、それも文化の違いや現在置かれている政治的状況等に埋没して、確実に言えることではないように感じますが。
教育や子育ての根底に儒教的精神が共通して流れている、日・中・韓だけを比べようというところから、すでに世界標準ということにはまったく当てはまらない、つまらない調査なわけです。もし世界的な基準で考えるとすれば、少なくとも、ヨーロッパ、北米、南米、アジア、アフリカというような比較がまずあるべきで、どうしても日・中・韓で比較をしたいのなら、それをふまえてその後に、儒教的精神に基づいた日・中・韓があるべきなんでしょうね。誰だって、今の中国の教育が厳しい国家管理の中に置かれていると感じているのではないでしょうか。今まさに、大きな経済発展を成し遂げようとしている国ということを考えれば、ある意味当然なことです。そこに、日本の教育を戻そうとしている意図が強く感じられますよね。教育の参入への規制は緩和しつつ、教育の中身への関与は強くしていこうという政府の意図までが見え見えです。教育基本法の改正や、つい先日、報道された「道徳」の教科への格上げ問題など、こういう調査に対する発表が、布石になっているわけですね。
さて具体的に調査の結果で私がおもしろいと思ったのは、「朝、洗顔をする」という問いに、「いつもする」という回答が、日本・66.9%に対し、中国・92.8%、韓国・93.7%。ところが、「その1」でもあげましたが、「朝ごはんを食べる」との問いに「いつもする」は、日本・86.3%、中国・84.7%、韓国・62.5%。単純に生活習慣と捉えていることが意外にそうでもない。
日本では、「朝食抜き」の問題が、学力低下の原因の一つとして取り上げられることがよくあります。ところが、この数字を見ると、日本が一番朝食を摂っているわけで、韓国では3分の1以上の子どもが「朝食抜き」ということになる。これを見る限りでは、「日本の子どもの学力が落ちている」ということと、「朝食抜き」は学力低下の原因というのは、矛盾してますよね。しかも「朝食抜き」の原因は、「朝食さえ作らない最近の母親」という問題になっている。
帰宅時間もおもしろい。韓国は15時前が51.4%、15時~16時が33.3%、日本は15時~16時が51.8%、16時~17時が37.0%、中国は16時~17時が44.0%、17時~18時が20.5%。この結果からすると、学校での授業時間が短いという最近の学校教育に対する批判が、必ずしも当たっていないことになる。もっとも、帰宅の時間は質問項目にあるのに、登校の時間はないのですが。
学校への遅刻についても、かなり開きがあります。日本と中国は、「全くない」が過半数なのに、韓国では、「たまにある」「ほとんどない」「全くない」で3分されています。
家庭での生活で興味深いのは、男女の役割。
家事は、日本・韓国で、ほとんど母親の負担であるのにもかかわらず、中国では「ほとんど母親」という回答は、家事のすべてにおいて約半数。どうしてこういうところを産経新聞は取り上げないんですかねえ。これは、家庭での生活を端的に表していると思うんですが。
項目数が多すぎて、すべてを取り上げるわけにはいきませんが、どこを見るかでずいぶん印象が違うもんですよね。
私は、この調査ではっきり言えることはあまりないと思いますが、強いて私流に解釈すれば、国家的な管理の中に置かれている中国に対し、もっとも自由なのが韓国。日本はというと、学校の管理が家庭にまで入り込んでいる部分があること(最近ではさらにそれを推し進めようとしているわけですが)、中国・韓国に比べて、資本主義が成熟していて、消費志向が強いということは言えるのではないかと思います。この結果から、直ちに母親や教師を批判することは到底無理。むしろ、批判されるべきは、教育や子育てにまで入り込んでいる国家の管理や子どもの心を無視した利益優先の財界主導の教育改革だと思うのですが、もしお時間があったら、すべての調査項目に目を通し、皆さんなりの判断をしてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »