« トイレ | トップページ | 子育てするならさいたま市? »

2006年11月13日 (月)

大腸ポリープ切除

気にしない、気にしない!

去年に引き続き、大腸ポリープを切除しました。

大したことのような、大したことではないような…。

去年は初めてだったし、内視鏡カメラから映し出されるモニターを眺めていたら、どうも形がきれいじゃない。

いつだったか、誰だったかから、悪性の物は形がよくないという話を聞いていたので、その映像を見たとたん、

「えっ、あれって形、悪くない?」

と思ったのでした。

「先生、そこのポリープは形がよくないですよね? 形がよくないのって悪性の可能性があるんでしょ?」

と内視鏡を操っている先生に尋ねると、

「よく知ってるじゃん。そうそう、その通り」

という答えが返ってきました。

「ちょっと大きいねえ。きれいに取っておきますからね。もうちょっと大きかったら、内視鏡じゃ取れなくて、おなか切らなきゃならないとこだったよ」

と言われてしまいました。

取った結果は、悪性ではなかったので、まあよかったんですが、

「大きかったから、残りのやつを全部取ってないので、来年また来てくださいね。ちょうど1年くらい後でいいから」

というわけで、今年もポリープの切除になっちゃいました。

一度経験したことというのは、それほど恐怖心もなくて、今年はずいぶん楽な気持ちで、ポリープを取れましたが、6人同じ日に大腸の内視鏡検査が入っていたんですけど、やはり初めての人は不安なようで、あっちぃウロウロ、こっちぃウロウロ状態。

12年ほど前、耳下腺腫瘍を手術したことがあって、そのときは、腫瘍を取って病理に回しても、良性か悪性かの判断ができないくらい微妙だったので、1週間くらい、生きるか死ぬかと不安な状態で置かれたことがありました。

一度そういう経験をしていると、人間強くなるものですね。

万一悪性だとしても、「精一杯戦って、それでもダメなら残された生をしっかり生き抜くぞ。それで後悔はないや」そんな気持ちになるもんです。

うむ、私だけかな?

けっこういい(?)性格!

こういう人間は、病気になっても早く治るかも…。

外傷だって、気持ちの問題で、早く治ったり、なかなか治らなかったりするらしいからね。

まあ、精一杯ポジティブに生きましょう!

それにしても、金曜日からなんかドロドロしたようなポリープ食とかを出されて、ほとんど何も食べてないような状態なので、

腹へったぁ!

去年は、5キロも痩せちゃったんだよねぇ。

すごいダイエット!

今日のお昼からは、うどんかバターを塗ったパンくらいなら食べてもいいって言われてるんだよ。

早くお昼にならないかなあ…。

|

« トイレ | トップページ | 子育てするならさいたま市? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大腸ポリープ切除:

» 大腸がん治療(化学療法) [大腸がんを学ぶサイト]
トラックバック失礼します。 大腸がんについてまとめましたので宜しければごらんください。 [続きを読む]

受信: 2007年5月25日 (金) 17時27分

« トイレ | トップページ | 子育てするならさいたま市? »