« 2005年12月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年1月

2006年1月13日 (金)

”ドスペ!”出演決定!

田舎モンは困ったもんだ。

久しぶりにテレ朝行ったので、

テレ朝の場所を昔あったアークヒルズだと思っちゃって、

アークヒルズの地下駐車場に車を止めちゃった!

そしたら、六本木ヒルズだって言われて、

「ああ~!」

すぐ出したので、駐車料は取られなかったけれど、

すごい時間のロス。

それで六本木ヒルズに行ったら、今度はどこの駐車場に止めればいいのかわからない。

やっと決めて駐車場に入ろうとしたら、

センサーで大きさを測っているとかで、駐車場入り口で止められて、

いつまでたってもバーが上がらないので、大パニック!

何とか駐車場に止めたはいいけど、

あまりに広くてテレ朝がどこだかわからない。

まったく田舎モンを露呈してしまいました。

トホホホッ…

テレ朝の特番ってなんだろう?と思ってたら、

”ドスペ!”だって。

無事予選会通過!

丸山弁護士に、ニート対策について、

一生懸命プレゼンしちゃった!

なんとかこちらの意図が伝わって、

無事予選を通過! 

? そうかなあ?

はじめから通過することになっていたのかな?

よくわからないけれど、

とにかく出演することになりました。

他の人たちのも聞いたけど、

いやいや政治家の前で通用するような、プレゼンをした人はいなかったなあ…。

なかなかプレゼンというのは難しいね。

私もだいぶ準備したつもりだったんだけど、

上がっているわけじゃないのに、

全然段取り通りに行かないの。

「違う違う!」と思っているのに、

考えてたこととどんどん論旨がずれてきちゃって、

言いたかったことの半分くらいしか言えなかったよ。

本番はこれではまずい!

本番は、政治家を前にプレゼンをするとのことなので、

突っ込まれる隙を与えないようにしないといけないね!

テレビ慣れしている政治家が多いみたいだから、

負けないように、いざ勝負!

収録は、17日。

ON AIR は1月28日とか。

もう一度、ニート対策についてしっかりと論理の組み立てをし直さなくっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

ニート対策

ずいぶん久しぶりになっちゃった\(__ )

暮れっていうのは、やっぱり何かと忙しいんだよね。

今年はアメ横も行かなかったなぁ…。

アメ横みたいな人混みに行くと、”あぁ、年を越すんだなあ”って実感するよね。

12月10日は大宮、12日は浦和の酉の市には行ったけどね。

酉の市の人出は、いまいちだったかなあ???

もう”熊手”なんていう時代は終わったのかねぇ…。

酉の市自体にはけっこう人がいても、熊手のところに行くとほとんど人がいないんだよね。

酉の市と言えば、”熊手を買いに行く”っていうのが目的でしょ? 

どうも、本来の目的がどこかに飛んじゃってる感じ。

もっとも、私だって毎年酉の市で買うものといったら、鯉こく用の鯉とじゃがバター(もう何年も同じおじさんから買ってて、なんだか買わないと悪いみたいになっちゃってるので、食べたいっていうわけじゃないのに毎年買ってるんだよね。なんて義理堅い人間なんだろう!)、クレープに地鶏串というところかな…。

私も全然熊手と関係なーいっ!

やっぱり時代の流れというのは、そんなもんなんだね。

クリスマスから大晦日にかけての人出は、どこもここも半端じゃなかった。なんかちょっと去年までとは違うなあっていうっ感じ。

景気はよくなっているのかねえ? 企業収益は相当よくなってるらしいけど、あんまり私には実感がないなあ…。

みんな豊かさを享受してるの?

来年から、税負担が増えるのは必至なので、その前に買い物をしちゃおうっていうこと?

まあ、よくわからないけど、とにかく人出は多かったね。 

またテレビ出演の依頼がありました。

テレ朝の特番で、番組の中でこちらが政策提言をして、それを政治家が買うという企画らしいんだけど、いろいろテーマがあったうち、教育のテーマということでニートをテーマに選んで政策提言をすることにしました。

ニートの原因を簡単に決めつけることはできないけれど、親の問題、社会の問題等に整理して、うまく政策提言ができればと思っています。

この前ADさんと話をしたら、その話の内容にディレクターが興味を持ったらしく、明日ディレクターが訪ねて来るとか。

どんな話になるのやら…。

本番に出るには、予選を通過しなくちゃならないらしく、ちょっとおっくうだけど、明日ディレクターに会う前に、ある程度まとめておかなくちゃね。

今回は、堂本光一くんが司会をしていた”ジェネジャン”に続いて、教育カウンセリング研究所の所長、大関洋子(大げさな言い方だね。要は妻)が出演することになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年11月 »